波乱の東京滞在、甘酒横町に酔いしれる

4月16日の夜は、久しぶりに会う友達や、初めて会う方々、それから数名のいつものメンバーで楽しい時を過ごし、終電を乗り継いでAちゃんの家に帰って来た。 Aちゃんは前日4時間睡眠くらいで(わたしのせい??)、16日は普段通り出勤し、夜は予定が入っていて、帰宅したのは夜の10時とか11時だったよう。

お疲れさまです。

ただラッキーな事に翌17日は彼女も仕事が休み!私がそう頑張らなくても休みが取れたのと同じくらい不思議なんだけど、彼女の方のスケジュールも、彼女が無理して休みを取らなくても諸々の事情により、17日は完全なオフとなった。

JUJU『明日何したい〜』
Aちゃん『朝寝坊!』

と、いう事で、17日、12時過ぎて寝たのにも関わらず、やっぱり時差ボケで快調に早起きした私は、普通のメロンパンと紅茶の朝食をひとり、まったりといただき、16日の続きのゾウの本を読む。

ゾウのガネーシャの話しは、結構私の心にハマった。

ブフフフ、一人笑いながら朝の読書を楽しんでいるとAちゃんが起きてきた。

シャワーを浴び、可愛くなった(?)私たちは、今日は浅草に遊びに行く事にしました。目指すは『芋キン』と『芋ようかん』(はい、わたし、芋、栗、かぼちゃ系全て好きです〜)

お天気も良く、二人は歩いて浅草線の駅...『人形町駅』だっけ?を目指した。途中、甘酒横町を歩く。

『三味線屋さん』
『つづら屋さん』
『かご豆腐のお店』
『暖簾屋さん』
『ほうじ茶』のお店、

Aちゃんが「あそこの鯛焼きも美味しいらしくっていつも行列ができてるのよ」と一軒の小さなお店を指差します。

残念ながら12時半からという事で、お店の入り口は開いてましたけど、まだはじまってませんでした。

おせんべいのお店もありました。

お食事出来るところも色々あるようです。

ホンの小さな通りだったけれども、古き良き日本情緒いっぱい、彼女の家から近い事もあり、私のお気に入りの通りとなりました。

波乱の東京滞在、恐るべし祐天寺

2時半、無事、再び合流した私たちは、再度、作戦会議。
現在地点と、これから私たちが徘徊する場所と、最終的に私たちが帰る方角から割り出して、荷物を六本木のコインロッカーに入れる事にした。そうです、私たちは築地市場で買ったいりこやちりめんじゃこや漬け物などなどをを山のように抱えているのでした。

六本木のコインロッカーもさぞかしびっくりした事だと思う。
あそこのロッカーにああいうものをいれる人、少ないと思う。
ともあれ、荷物から開放された私たちは、祐天寺へと急いだ。

まず、私は祐天寺なる地名さえ知らなかったんだけど、ここには知る人ぞ知る焼き鳥/ホルモン焼きのお店があるのです。その名も『忠弥』、お店の開店が三時半で、夕方6時くらいには売り切れて閉まってしまうらしい!! 開店が『三時半』ではなく『三時半頃』。 閉店は売り切れたとき!

私たちは3時15分、20分頃『忠弥』についた。すでに先客の男性が4名、お店の前で待ってありました。場所は祐天寺の駅から徒歩5分くらいの住宅地みたいなところにあり、青空の下、ご近所の庭に濃いピンクの八重桜が咲き誇っています。そのあとも次から次にお客さんがいらっしゃって、開店時にはすでに十数名の行列になってました。

『おまたせいたしました〜』にこやかな笑顔とともにお店のお兄さんが暖簾をもって登場!いよいよ開店です。

もう、サービス&システムの素晴らしさに感嘆してしまいました。
お席はほとんどがカウンター。開店と同時に全員が一斉に席に座り、まずはお飲物の注文から。お店のお母さんが端から順に手際良くオーダーをとっていきます。

お昼の3時半なんだけど、ビールとかレモンサワーとか、そして、忠弥の秘密ドリンクその名も『カクテル』などを皆さんオーダーしていらっしゃいます。私たちも予習通り『カクテル』を注文。常連さんたちはカクテルに黒ビールを混ぜていただいてあるようなので、それも途中追加。

飲み物のオーダーをいれると同時に、目の前に5センチX10センチくらいの紙をクリップで留めたものと鉛筆が出てくるので、それに注文を書くようになっています。

煮込みとかレバ刺し(私は食べないけれど)はわかるけれど...写真左、ご覧くださいませ。 分かります? タンとかハツは分かったけれど、わっぱとかハラ下、てっぽう? わかんなかったけど、一応頼みました。

煮込みを堪能しながらカクテルの黒ビール割りを飲んでいると、速攻で煮込みとかレバ刺しとかピーマンとかが出て来て、それをつまみつつ、更にカクテルを飲んでると、焼きあがった料理が次から次へと出てきます。

美味しかった!!!
ハラ下、最高!!!

開店して1時間もしないうちにメニューに『売り切れ』の印がどんどんついていきます。巨大な鍋に山ほどあった煮込みも私たちがお店を出る頃は底の方をかすらないといけない、ほぼ売り切れ状態でした。

ほろ酔い気分でお店を出たのは5時頃だった。

次の予定は6時半から、学芸大前でバンクーバー関連の仲間たちとの飲み会です。

私たちは酔いを醒ますべく、ぶらぶら歩いて学芸大前へと向かった。


黒ビールを入れる前の『カクテル』と、キャベツの浅漬けと煮込み。 メニューに載ってないんだけど、常連さんはキャベツの浅漬けのてんこ盛りとネギを大盛りにしたのに、ポン酢と酢をジャバジャバかけたのをオーダーしてました。今度はそれも食べてみたい。


右の皿はつくねと左はわかんない。手前のメモはメモを取ってたんだけど、何がなんだか分からなくしまって全く役に立たなかったメモ。写真の奥に、(ビールのうしろ)クリップにとめてある、白い小さなメモ用紙の束分かります?? あれが入店と同時に飛んでくるので、それにオーダーを書き込んでお店の方に渡すようになってます。


メニューがよくわからない人は、こちらの表をご覧くださいませ。

お店のシステム、およびお料理&食べ方について教えて下さった、横の席に座っていらっしゃったサーファーご夫妻、ありがとうございました。写真を撮って下さった、横浜からいらっしゃってたおじちゃんもありがとうございました。

波乱の東京滞在 涙の麻布十番

『1時間半前に井上のラーメンをいただいた』なんて事は忘れましょう。
時刻はまもなく12時です。

私とI君は、お昼の相談をした。「じゃあお昼は軽く、ソバにしましょう!」と言う事で話しがまとまり、1992年版の東京ガイドブックを開く。

流行のお店や最新情報を見つける事は不可なれど、老舗情報は適確です。逆にこのガイドブックに載っているのに未だに営業しているお店は生き残り組!と言う事で、かなり信じられると思い、違和感なく15年前のガイドブックを持ち歩くのは私だけだろうか??

お昼のあとは、3時半から祐天寺でホルモン焼き(!)の予定が入っていたので、そばはその途中にある麻布十番でいただく事にした。

目指すは『更科堀井総本家』。1992年度版ガイドブックによると、東京におけるそばの三大派閥のひとつ、更科総本家とある。洗練された手打ちソバが自慢だそうです。

ついでに麻布十番には私が今回東京で食べたいものの一つ、『浪花屋総本家』の鯛焼きもある!

お昼は『更科堀井総本家』デザートは『浪花屋総本家』で話しがまとまり、私たちは地下鉄に飛び乗った。

麻布十番で降りた私たちは、ちょこっと歩いて『麻布十番温泉』の看板を見つけて狂喜する。「ついでにお風呂入って行こうかぁ〜」話しは飛躍します。ところが、である。『麻布十番温泉』の入り口へ行くと、建物の老朽化、その他諸々の理由により三月で営業を終えたとの事。

ちょっぴり寂しい気がした。

そして角をまがって目指す『更科堀井総本家』前に来て、更なる異常事態に気付く私たち。

玄関前に空調のフィルターが広げてある...
ガ〜ン。本日は定休日との事。
突然の事態急変にショックを隠せない二人。

精神安定剤を摂取するイミも含めて、鯛焼きを食べて、事の事態を把握しよう..と言う事で話しがまとまり、『浪花屋総本家』に先に行く事にした。

ところがこれまた大ショック! こちらは建物の外壁で工事があっており、今日と明日と2日間お休みだそうです。

私たちは一旦別行動をとって、2時半頃再度集合する事にした。

私はブティックをのぞいたり、本屋をのぞいて時間を過ごし、それからお洒落なキャフェのキャフェテラスで買った本を読みながらお茶して過ごしました。

目の前をランドセルを背負った小学生や、犬の散歩中の主婦が通る。この人は営業中のサラリーマンかなぁ〜
わお、あのお兄ちゃんの髪、すごいなぁ〜。 ふ〜ん、ああいうファッションが流行なのかしら?? 人通りを眺めているとあっという間に時間が過ぎていきます。 

それから、熱帯魚&金魚のお店があったのでのぞいた。

素敵な水槽を見つけた。日本はなんでこんなに良いデザインがそろっているのだろう。

それから、あああ、見てはいけないものをみてしまった。

私はここ数年、メダカが欲しくてしょうがない。
事のおこりは数年前、庭の池で金魚を飼う事にはじまるんだけど、これが、近所のアライグマに大受けで、毎晩の如くアライグマに食べられてしまい、「もっと小さなメダカだったらアライグマも狙わないかもしれない」と思ったのがはじまりです。

ところが、バンクーバーにメダカいるのかなぁ〜?? 
ペット屋さんや金魚/熱帯魚の専門店をこまめにのぞいているんだけど、未だにお目にかかっていません。

でも、日本でしょ〜。私がのぞいたお店にも可愛いヒメダカがいた。しかもめちゃくちゃ安いし。欲しくなるのが人情というものでしょう。

今回は大人の分別を働かせて買わなかったけど、次回かなぁ〜
でも、カナダに入国させてくれるかなぁ〜?
ちょっと調べてみたいと思います。

ともあれ、涙の麻布十番。これも次回に持ち越しです。

波乱の東京滞在 築地市場編

4月16日の朝は、時差ボケのため快調に6時に目を覚ました。

今日はかなり忙しいスケジュールが詰まっている。
朝9時半に1−2週間前から日本へ来ているカナダの友達I君と築地で待ち合わせをして今日は念願の築地市場...というより場外巡りです。Aちゃんから巨大ショッピングバックを借りて、いざ出陣!!

I君の待ち合わせ場所は、大江戸線の『築地市場』の切符売り場の前。

私が持っているガイドブックは...1992年度版のガイドブックで、ワンレンボディコンのお姉ちゃんがとさか前髪で笑っているような写真つきの本なので、大江戸線が...ない!

私がお泊まりをしているAちゃんの家は、日本橋浜町の地下鉄のそばなので、お隣の森下(?だったっけ?)駅まで行って、乗り換えると大江戸線に乗って築地市場へ行ける事を教えてもらった。

早速行動開始。9時半!私は遅刻する事もなく、予定通り待ち合わせの場所にたどり着く事が出来た。すぐにI君と合流し、いざ、築地市場へ。I君は東京生まれ&育ちと言う事なれど、築地市場は初めてとの事。期待に胸が膨らみます。

市場の入り口付近で、修学旅行中の女の子たちと会う。
写真を撮ろうとしていたので、『撮ってあげようかぁ〜』と声をかけると、カメラが8台くらい出て来た。
みんな田舎の高校生らしく、なんだかおぼこい! 初々しいなぁ〜


ともあれ、築地市場にメロメロです。
築地で週一回、お買い物が出来るなら、日本へ引っ越そうかと真剣に考えたほど、築地は魅力的!!!

築地の場外の大きな道に面したところに、おそばやうどん屋さん、モツ煮込みのお店や、ラーメン屋さんが並んでました。それを横目で見ながら、場外市場の迷路に入り込みました。

練り物のお店、乾物屋、しかも煮干しの専門店とか、鰹節の専門店とか、それから、トロをはじめ色々な魚のお店。お茶屋さん、海苔のお店、お漬け物のお店、パン屋さんもありました。佃煮屋、ウナギ屋さん、食器やさん。

それにしても『数の子が詰まってる鰊の干物』なんで買わなかったんだろう?? 

ざっと一周したところで、I君がラーメンかソバを味見したいとゴネだした。

そして、10時半!朝の10時半! 朝、ちゃんと朝ごはん食べたのに、私はラーメンのどんぶりをおじちゃんから受け取ってた。

私たちがラーメンをいただいたのは『井上』というお店。お店と言っても、1mx2mくらいの厨房しかなく、その中でおじちゃん
二人がチャカチャカとラーメンを作っていた。


見えますぅ? 巨大なかごの中に山と積まれたおネギを刻んだの。
その横のベージュっぽい色は、チャーシューの山です。

ここのラーメン屋さんにしたのは1992年度版のガイドブックに載っていたのに未だに営業しているという事は、それだけ生き残ってこれるだけの実力があったからだろうという基準によるものです。

美味しかったんだと思うけれども、『井上』のラーメンは東京のラーメンなんだと思う。ちぢれた麺の醤油ラーメン。私は子供の頃を博多で過ごしているので、私から見るとラーメンというより『支那そば』のイメージ。美味しかったんだと思うけれども、それ以上にもう、『築地市場で立ち食いラーメンを食べている』と言うムードに酔いました。

ラーメンでホッと一息入れたあとの私たちはショッピングマシーンへと変身〜

私が買ったもの「花鰹」、「煮干し」、「焼きウルメ」、味見に「ウナギの肝」&「ウナギの蒲焼き」、「海苔」、「ちりめんじゃこ」

重たいからあとで買おうと思って、そのお店を再度見つける事が出来なくて泣いたのは「梅干」

昔、おばあちゃんが漬けたような酸っぱそうで、紫蘇で真っ赤な美味しそうな梅干があったんだぁ〜。キロ3750円くらいだったかなぁ〜。1、2キロ買いたい!と思ってたんだけど、場所を思い出せず、お店が分からなくなってしまい、『幻の梅干屋』と私は呼んでいる。次回、見つけられるかしら?

それから、料理道具の店にバーベキューに使えそうな巨大/四角七輪があった。欲しかったけど、重さが15〜20キロはありそうだったので、これも諦めた。

お刺身とかも買いたかったけど、その日の夜はディナーの予定がすでに入っていたので、これもガマン。

お昼前、私たちは巨大なお買い物バックを握りしめ、めちゃくちゃ楽しかった築地市場をあとにした。


こういう自転車がゴロゴロしていた。レトロ!



食べ歩き用うなぎ。

このうなぎを見つけたのはラーメンを食べたあと。

最初、ラーメンでパンパンのお腹だったんだけれども味見したくてウナギの蒲焼きいただきました。そしたら焼いているおじいちゃんが「肝の方がおいしいんだよ」ってささやいて。

で、「でもお腹いっぱいだから、蒲焼きだけでいいです〜」なんて言ったのに、味見をしながら歩き出し、3歩と歩かずに引き返して、「すみません。肝もください」だって!

おいしかった〜
お祭り気分で食べ歩きってのがぁ楽しいよね。

波乱の東京滞在 行きはよいよい編

3月、東京に住む友達Aちゃんからメールが届いた。
彼女とは10年来の友達。緊急事態です。
「会ってゆっくり話ししたいねぇ〜」
お互い、そういう事はスケジュール的に難しいだろうなあと思いつつも、そんな事を口にしていた。

ところが運命のいたずらか、スケジュールがあれよあれよと変更になり、なんだか連休が取れそうになったので色々とやりくりをして、2008年4月14日、私はバンクーバーから成田へ飛ぶ飛行機に乗っていた。

4月14日月曜日、予定通り家の片付けや荷造りを済ませた私は、余裕でバンクーバー/東京便の機内に乗り込んだ。

ビジネスクラス!(うっとり)

まずは一口。シャンペンではなく、ジントニックにレモンを入れたものをもらう! 

これからの数日のバケーションに乾杯!

機内食は日本の懐石料理。

一緒に赤ワインをすする。

デザートはチーズとブドウにポートをいただき、

さらに、バニラ、マンゴと抹茶の三色アイスにチョコレート。

お腹もいっぱいになったところで、コットンの薄いドゥベ(布団)の下に潜った。あああ、快適! 広々としたシートで熟睡し、目が覚めると日付が変わって4月15日! 成田到着間近。窓の外には田んぼとゴルフコースが見えた。

2年ぶりの日本です。

日本へ到着してからの私は素晴らしかった!
まず、レンタルの携帯電話をピックアップ!
それからオロオロする事なく、リムジンバスに乗り込み、箱崎の東京シティーターミナルへ。私がお泊まりするお友達Aちゃんの家はこの近くです。 

Aちゃんはその夜、お別れ会があるので帰宅が遅い事になっていたので、荷物をコインロッカーに入れると、地下鉄を乗り継ぎ、行きたかったお化粧/スキンケアのお店へ出かけた。

横目でチラチラと路線マップや標識を確認しながらだけど、東京の迷路をスイスイと泳ぐ自分がまるでミッションインパッシブルのトムクルーズ扮するイーサンハントの様で気分が高揚します。『私、スゴい!!!』

次は飯田橋の方へ。これもスイスイ。
駅前の横断歩道/巨大歩道橋でちょっと目を回すものの、立ち直り無事に用事を済ませる事ができました。

Aちゃんと合流したのは12時近く。それから彼女の家に行き、夜の2時頃までおしゃべりをし、東京の夜は更けて行った。

Renting a cell phone while you are in Japan

This is my first trip to Japan in 2 years and I have only 3 nights and 4 days in Tokyo this time. So I decided to rent a cell phone to make a better usage of my time with my friends.

If you are arriving in Narita Tokyo International Airport, you can rent it from several different companies.

Here is the list.

JAL ABC Rental Phone is giving a special rate at this time, so I decided to rent it from them. If you request, they can send you possible cell phone number a day before and I already got it from them by Email! So I could Email it to my friends in Tokyo.

日本へ行くのだ!

来週、2年ぶりに日本へ行く。
月曜日にバンクーバーを出て、火曜日の午後に成田に到着。東京の友達と数日間を過ごし金曜日にカナダへ戻ってくる予定で、土曜日から仕事に復帰します。

航空会社で働いていると、やる気になれば今回のような荒技が可能です。

去年はお正月の中米・ベリーズ(1週間)にはじまって、4月はニュージーランドとオーストラリア(2週間半)、そして10月フレンチポリネシア(2週間半)と遠方/初めての旅行がチラホラ入っていたので、それ以外の時は仕事と夏場は趣味の庭いじりに忙しく、日本には行かなかった。

今回は東京の友達に会う『お楽しみ旅行』その合間を縫うように「ショッピング」&「食べたいもの」がキラ星のようにひしめく日程を組んでいます。

四谷『わかば』の鯛焼きでしょう。
麻布十番の『浪花家総本舗』の鯛焼きも。

本駒込『梅月堂』の手焼きせんべい

築地場内『茂助だんご』

飯田橋の『馬々虎々』の餃子
蒲田の羽付き餃子...

浅草の揚げ饅頭(仲見世通りにあるらし)
あと、浅草には『芋キン』なるものがあるらしい。(私の想像の域を超えている)
それから『芋ようかんの「舟和本店」』と「七味」のお店、あと「お好み焼き」「薮そば」なんかが浅草にはあるらしい。

今日はカナダドルを日本円へ両替してきて、日本の友達へのお土産を探しに出かけたんだけど、日本は何でもあるから何も買わないで帰ってきてしまった。

どうしよう...

2008年4月11日