波乱の東京滞在 行きはよいよい編

3月、東京に住む友達Aちゃんからメールが届いた。
彼女とは10年来の友達。緊急事態です。
「会ってゆっくり話ししたいねぇ〜」
お互い、そういう事はスケジュール的に難しいだろうなあと思いつつも、そんな事を口にしていた。

ところが運命のいたずらか、スケジュールがあれよあれよと変更になり、なんだか連休が取れそうになったので色々とやりくりをして、2008年4月14日、私はバンクーバーから成田へ飛ぶ飛行機に乗っていた。

4月14日月曜日、予定通り家の片付けや荷造りを済ませた私は、余裕でバンクーバー/東京便の機内に乗り込んだ。

ビジネスクラス!(うっとり)

まずは一口。シャンペンではなく、ジントニックにレモンを入れたものをもらう! 

これからの数日のバケーションに乾杯!

機内食は日本の懐石料理。

一緒に赤ワインをすする。

デザートはチーズとブドウにポートをいただき、

さらに、バニラ、マンゴと抹茶の三色アイスにチョコレート。

お腹もいっぱいになったところで、コットンの薄いドゥベ(布団)の下に潜った。あああ、快適! 広々としたシートで熟睡し、目が覚めると日付が変わって4月15日! 成田到着間近。窓の外には田んぼとゴルフコースが見えた。

2年ぶりの日本です。

日本へ到着してからの私は素晴らしかった!
まず、レンタルの携帯電話をピックアップ!
それからオロオロする事なく、リムジンバスに乗り込み、箱崎の東京シティーターミナルへ。私がお泊まりするお友達Aちゃんの家はこの近くです。 

Aちゃんはその夜、お別れ会があるので帰宅が遅い事になっていたので、荷物をコインロッカーに入れると、地下鉄を乗り継ぎ、行きたかったお化粧/スキンケアのお店へ出かけた。

横目でチラチラと路線マップや標識を確認しながらだけど、東京の迷路をスイスイと泳ぐ自分がまるでミッションインパッシブルのトムクルーズ扮するイーサンハントの様で気分が高揚します。『私、スゴい!!!』

次は飯田橋の方へ。これもスイスイ。
駅前の横断歩道/巨大歩道橋でちょっと目を回すものの、立ち直り無事に用事を済ませる事ができました。

Aちゃんと合流したのは12時近く。それから彼女の家に行き、夜の2時頃までおしゃべりをし、東京の夜は更けて行った。