どうやら旅に出るようです。

それにしても4月の東京はとても楽しかった。
今すぐにでも戻りたい!

次の旅行計画は同期&ご近所の同僚メリッサとWACA(World Airlines Club Associations)を通して、南アフリカのモーリシャス/マダガスカルだったんだけどなかなか詳細が発表されず、気分的に『あああ、行きたくない、どうせ旅行するなら日本がいいなぁ〜、メリッサになんて話そう』とグデグデ思っていたんだけど、数日前、仕事場の廊下で久しぶりに彼女を見かけた。

彼女は温めたお弁当をもってキャフェテリアへ行くところ、私は前回参加しそこなったビジネスブリーフィングへ行く途中、その間、30秒の会話。

マダガスカルのツアーはキャンセルになったけど、モーリシャスはGO!その代わり、セイシェルへ行く話しがあるけど、それは満員で潜り込めないかもしれない。誰それのところへ行って書類をもらい、申し込みをして、どうのこうの、どうのこうの。じゃあね、バーイ!

バーイ

帰宅してモーリシャスの事をインターネットでちょっと調べてみる。

やっぱり『青い海』にグラッと来ちゃう。
『暖かそう!』ただ今のバンクーバーの気温11度。
『新しいビキニを買いたいなぁ〜』
『カメラはやっぱり水中OKのにしたいなぁ〜』

面白いと思ったのが、モーリシャスは宗教に関して、私同様/日本人全般同様あまり節操がないみたいで、中国の旧正月も祝えば、イスラムのラマダンもありだし、クリスマスもあり。それから9月には日本でもちょっと有名になりつつあるヒンズー教のガネーシャの日なんてのまであった。

ちょっと乗り気になりつつある私。

ああ、でもまだ休みが取れてない。
それにこの前の成田みたいにまたフライトに乗りそこなって、又無断欠勤になったら今度は本当にクビだ。

萎えてしまう私。

行こうかなぁ〜、行くのやめようかなぁ〜 

ところが、 6月上旬ののモーリシャスへの旅行、決行となりそうです。


出発は5月27、28日あたり。
バンクーバーから出来ればフランクフルト経由でパリに入り、そこからエアフランスかモーリシャス航空でモーリシャスまで。

待ち時間を入れないで飛行機に乗ってる時間だけで24時間以上になるみたい。(アガガガ)

今日、メリッサと話しをしたんだけど、あまりに気合いの入った彼女の様子をみて、とても『や〜めた』とは切り出せませんでした。

休みが取れていないんだけど、東京滞在の前科がありますので、今回は心して休みを獲得しなくては。
明日から、800人強の同僚たちとの果てしないネゴシエーションをはじまります。

カメラを買わなくては。2年前に購入したソニーのサイバーショットは1年ほど前から具合が悪くなり、この度、とうとう遠いところへ行ってしまった。

こうなったら水深10メーターまでOKのオリンパスを買おう。
(スケジュールをチェックする私。

木曜日のお休みに買いに行こう。

新しいサングラスも欲しいなぁ〜 (いくつももってるんだけどぉ〜)

ビキニ、ペティキュア、日焼け止め、
何もって行こう。
ああああ〜 時間が無いぃぃぃ〜!



今夜はとりあえず寝ましょう。

そして、出発の前日徹夜の作業をしちゃうのよねぇ〜