南太平洋の旅(3)


ハイビスカスの敷地内にはなんだか楽しくなっちゃう素敵なバンガローが点在しているけれど、残念ながら私はバンガローではなくエアコン付きの普通のお部屋。 チェックインの時、日没を見ながらディナーを食べたい旨を伝えると、6時にレストランの外のテラス席で予約を入れて下さった。

時計は...まだまだ午前中です。 お部屋がまだとの事で、チェックインをしてくれたイタリアンとフランス人のハーフの男の子...名前なんだったっけ?セバスチャン(?)の提案で、近くのスーパーへ出かける事にした。

まず水の確保。あとどこかの庭先で穫れたようなバナナ(小ぶりのやつ)、おや、フランスパンがある! これも購入。フランスから送られていたらしいワインやチーズもあったけれども、これは後ほど購入することにして、近所にあったその他のお店も探索。

焼きたてフランスパンがこういう紙の袋に入ってガバって売っていた。
さすがフランス領だからかおいしかったよぉ〜

パレオのお店。

パレオのお店。なかなか良いデザインがはためいています。
黒真珠のブティック、お土産やさん、レストラン、キャフェ...etc。 ホテルハイビスカスの横には以前地中海クラブがあったとのことだけど、その場所には今では植物が生い茂り、想像さえつかない感じ。 インターネットキャフェもありました。

ホテルへ戻ると部屋の準備ができたとの事。小さいけれどもキッチンもついたお部屋です。荷物をといて、更なる軽装に着替え、さきほどのお店に戻ってみたらガッカリ、閉まってました。
シャッターに営業時間、日曜日は午後1時までだって!! ガ〜ン、お酒のみではないけれど、あのワインとチーズやっぱり買っておけばよかったなぁ〜(クスン)でも、それにしても水と果物を入手しておいて良かったぁ〜

2007年10月21日、フレンチポリネシア、モーレア島より