南太平洋の旅(4)

仕方がないので水着に着替えビーチにでも行く事にして、ホテルへと戻った。

スーパーとホテルの間の距離、徒歩5分以内なんだけれども、暑いです。 日焼け止めを塗っているにも関わらず、肩がチリチリ焼けているのがわかります。汗が流れる。気持ちい〜い!部屋で着替え、敷地内の小道を通って海辺へ。

ホテル内の海への小道
もう、胸がワクワクする景色です。


限りなく透明で青い海!
小さいけれども白い砂浜!
待ちに待った南国の海!!!
でも「ちょっと待ったぁ〜」を自分にかける。
夕日を見ながらのサンセットディナーの事を考える。ディナーの時は小ぎれいになってお洒落にお食事しましょう...そこで海で泳ぐのは明日にして、せっかくのクーラーをガンガンかけてお昼寝する事にした。

シャワーを浴びて、髪を乾かしながらゴロゴロしてたら、やっぱり疲れていたのね、爆睡!

気がついたら6時近く!
デートでなくて良かった(笑)

6時ちょうど、髪をポニーテールにして、スッピンに口紅だけ薄くつけてレストランへと出かけた。

太陽は思ったよりもウ〜ンと低くなってすでに空が赤くなっています。雲があったけれど、なかなかドラマチックな夕暮れでした。来る前、ガイドブックを読んでいるとタヒチ産ビール『ヒナノビール』の事が書いてあったので、カクテルよりもヒナノビールをオーダーした。タヒチのお姉ちゃんがついたボトルがトレードマークです。味はウ〜ン、苦い。(すみません、ビールの美味しさって今ひとつわかっていません)

メニューをしばし眺め、なかなか決心がつかず、前菜に意味深な『エキゾチックサラダ』と名付けられたサラダと、メインに日替わりメニューになっていた『チキンのナントカ?』というのをお願いした。

エキゾチックサラダ、絶品でした!
半分に切られたパイナップルにパイナップルとシーフードがてんこ盛りになっています。それにライムジュース(だと思う)と、塩分がかなり効いていて非常に美味でした。もう一度食べたいけど!あの味を再現するのはかなり難しいと思う...
是非もう一度食べたい味!
でも再現するの難しそうだし、
そこら辺のレストランのメニューには絶対にない一皿であります。

メインのチキンはなんて事はない、小振りのチキンの丸焼きにクリームソースがかかったものと野菜のつけあわせで、これはありきたりのフランス料理の味付け。ちょっとガッカリ。

デザートは南国のフルーツを期待してフルーツカクテルをたのんだら、ミックスフルーツの缶詰みたいなのが出てきて、これもガッカリ。でも一口食べて感激!ぐちゃぐちゃに細かくカットはされていたけれど、もちろん缶詰ではなく、生のフレッシュフルーツで作られていてとても美味しかったです。

満腹のお腹で8時頃部屋に戻る。
バンクーバーは夜の11時だもんね、昼寝をしたにも関わらず再び睡魔が襲ってきて、心地良い眠りに落ちた。

2007年10月21日、モーレア島の西の端
サンセットレストランから見たサンセット(日没)の風景。

2007年10月21日 フレンチポリネした、モーレア島より