南太平洋の旅(8)

10月24日、今日はパシフィックプリンセスに乗り込む日! 快調に時差ボケって朝5時頃目が覚めた。そういえば昨日の夜、フロントのお兄ちゃんが市場は6時頃開くよって教えてくれたなぁ〜。市場はやっぱり早朝の方が活気があるんだろうか?? 別にする事もないし、街のその他の部分に興味もなかったので市場に行ってみる事にする。

おじちゃんやおばちゃんが野菜や果物魚類を運び込んでます。生鮮食料品売り場はそんなに大きくないです。お土産物を買うにはなかなか充実しています。そしてサンドイッチやピザ、ケーキ類や切った果物を売っているお店には、きっと仕事に行く前と思われる人々がひしめいています。

私も朝ごはんがわりに、地元の人たちに交じってフランスパンにハムとレタス少々とチーズが入ったサンドイッチを入手。 普通は紅茶なんだけれども、これも地元の人にならってコーヒーにエバミルクを入れていただく。(ううっ、苦い)

ちなみにこのサンドイッチ、20センチくらいの長さで、お値段150円くらい。
フレンチポリネシアにもこういう安いものもあるのです。 ついでに、数日前モーレアで買ったフランスパンは5、60センチの長さで70円くらい。でもフランスパンはおいしかった。やっぱり生活必需品なのかしら?

それからフレンチポリネシアはなぜか中華系の影響も大きく、同じサンドイッチを売っているお店で、しゅうまいを揚げたのや、春巻き、そんなものも売っていたし、そしてフフフッ。実はこれはお昼時近く食べたんだけれども、フランスパンの中に中華焼きそばをはさんだサンドイッチまであった! で、前の夜の仇ではありませんが、やっぱり焼きそばは気になって食べてみた所、これは非常に美味でした。 おいしかったので、市場が閉まる夕方5時近く、再度市場に行ってみましたが、時すでに遅く、お店は閉まってました。

約束の時間にまだ少しあったので、クルーズシップターミナルの門の近くに腰を下ろし、絵はがきを書く事にする。携帯電話にEメール全盛の昨今ですが、わざわざ切ってを貼って、ポストに入れないといけない手紙や絵はがきを出す事が私はかなり好きだったりする。 

そうこうしているとシルベインが下りてきた。ショッピングを少々したけれど、パペーテの街はたいしてする事もないので、ホテルに行って荷物をピックアップし、昼過ぎ、早々とパシフィックプリンセスへ乗船する事にした。


ふふふっ。これが焼きそばフランスパンだぁ!
フレンチと中華の美しきコラボレーション
安価にして美味。だまされたと思ってお試しあれ!
手の傷は出発前に犬に襲われた時の傷跡。馬鹿ヤロ〜、海水がしみたぞ!


手作りケーキと野菜売りのおばちゃんのコーナー
左端の丸いケーキ、見えますぅ??
あれを丸ごと買いたい衝動に駆られて困りました。


信じられないほど甘いマンゴを売っていた女の子たちと私

2007年10月24日 フレンチポリネシア、パペーテより