釣りに行ってきました〜!

2008年8月28日

待ちに待った釣りへ行ってきました。

朝5時、チェスターを散歩へ連れ出した時は曇り、45分ほど近所を徘徊し、家の近くへ戻ってきた所で、小雨が降り出した。げっそり

6時45分
メリッサの車に乗って、バンクーバーの南に位置するスティーブストンという港へと向かった。



スティーブストンはカナダ第一の漁港(だと思う)。漁師さんの多くは日系人。今回私たちの案内人だったリチャードさんも、日系の2世か、3世か。ウォーターフロントには可愛らしいカフェや素敵なレストランが並ぶ魅力的な街です。

7時15分
ゴアテックスに身を包み、集まる仲間たち。フィッシングライセンスを収得し、今回の釣りは雨が降った方が魚が獲れるのよ!なんて言いながら船に乗り込みました。

船は、私がマイミクの皆さんの日記で見たどの船ともちがう。
リチャードさんが2日前、エビとカニを獲るカゴを沈めておいてくれたとかで、(後々分かった事ですが)そのカゴを引き上げるための巨大ローリーが着いていて、作業には適しているものの、快適さには欠ける半分プロ仕様のボートでした。

港を離れ、歓声を上げる私たち。
海は荒れ荒れで波が立っている。遠浅のため、濁っていて、南の国の島とはちがう色。泥水の色だな。で外海に出ると緑色になりました。

船の前半分は船室になっていたけど、船酔いを恐れて、私は外にメリッサやリンダ、タミーといたんだけど....

雨、なんて忘れてしまうほど、途中から波のしぶきがひどくなって、はじめの頃はそれでも波がかかるたびにキャーキャー言ってたんだけど、1−2時間もする頃にはゴアテックスもへったくれもないほどみんなずぶ濡れ。ジーンズもパンツも靴もグッチョりぃ。(泣)

そうこうしているうちに、カニのカゴを仕掛けていたポイントに到着。



カゴは3つ仕掛けてあり、カゴに1−2匹入っていれば良い方かなぁ〜なんて言っていたんだけど、一つ目のカゴには10匹くらい!!! 2つ目のカゴ3匹、3つ目のカゴ....

3つ目のカゴの頃になると、どうも気持ワルゥ..

カニはある程度の大きさじゃないとお持ち帰りできないわけで、獲ったカニを一匹、一匹サイズを測って、小さいのは海へ戻し、大きいのはお取り置きして、カゴに再度エサを仕掛けて、海へ戻す。

リチャードさんの手元を見つめて、あと、あのデジカメの画像をじっと見て、ズームインしたりアウトしたりするのもよろしくないようで、慌てて、水平線を見つめる私。

カニの作業がやっと、ホントや〜っと終わって、出発ぅ!

ちょっとホッとする私。又元気になれる、元気になれる!とおまじないかけても、気持ワルゥ。 万が一のための乗り物酔いの薬を飲む事にしたんだけど、慣れないものに頼るべきじゃないねぇ〜。あの薬は気持が悪くなって飲んだら気持悪いのが止まるんじゃなくて、気持悪くなる前に飲んで、気持が悪くなるのを予防する薬らしい。(っと言うのはその夜知った)

飲んだんだけど、気持悪いの止まってくれないじゃないですか! 私のアップ&ダウンを知り尽くしているメリッサが私の様子が違う事に気付く。

メリッサ:大丈夫??

私:うん。

だったんだけど、

****ここから先、お食事中の方、またグロいモノが得意でない方、想像つくと思うので、読まないで下さい。結構そういうの大丈夫な(好きな方)いいよ、書いてあげるから、笑って下さい。*****

船のお約束に法って、船の後尾へ行って、最後尾の手すりにつかまり..

エクソシストも真っ青!
あんなに元気に吹き出るんだと自分で感心するほど。

10分後、再度!!

吐くものが無くなったらそれも辛いし、あと、信じ込んでいた乗り物酔いの薬を一緒に噴出しているようなので、船の後尾から戻る度に、ジンジャーエールをごくごく飲んで、乗り物酔いの薬を口にポイ。

で、更に船の後尾へGo!

乗り物酔い止めの薬は眠くなるんです。でも出したり入れたりでどれだけ体内に残っているか???

頭がグラングランまわりはじめた頃、エビのカゴを仕掛けた所に到着ぅ!

エビ?

まわる頭で、水平線に注目しようとするんだけど、ダメ、目を開けていられない。ふらふら後ろを向くと、カゴにエビがたくさん跳ねていた! 

グルン、グルン、グルン目々まわってます。

それにしても寒い。ベースボールキャップをかぶっていたんだけど、頭から水をかぶって風に吹かれていたから、頭がキンキンに寒くて痛いほど。みんながエビ騒動でデッキに出て来た所で、私は船室へ入る事にした。

船室に入ったら気持悪くなりそうなんて言っていたけど、もうすでに気持悪いから、せめて暖かい所が良いと思ったの。

体の芯まで冷えてたし、下着まで濡れてるし、乾いたセーターとか持ってきてたけど、着替えるの面倒だし、そのまま、イスの上に丸くなって、寝た。

船が動き出して、しばらくして釣りのポイントに着いたらしく、そういう物音がしていた。私はとてもそんな元気なかったので、イスの上で丸くなっていた。歓声がする度に写真だけは撮った。 

     これはメリッサが獲った魚!



船のまわりを見たら、近くの岩場にアザラシがいっぱいいた。




無線では、クジラウォッチングに出ている同じ会社のボートから、クジラたちの活動も活発でとても良い遭遇が出来たと入っていた。

後はず〜っと寝てました。

あ〜あ、日本で私の釣りの成果を楽しみにしていた釣り好きな友だちの期待を裏切ってしまった。

家に帰って浴びた熱いシャワーの気持よかった事!
そのまま乾いたサラサラのシーツに包まれてベットで眠りたかったけど、友だちとの約束を守らんと、夜はお出かけした。

カニは、先程メリッサのママから料理された完成品を頂いてきました。カニのカレーらしいです。甲羅とかミソは捨てられてしまったらしい。簡単に茹でてポン酢とお醤油とかってのが良いんだけどお...

何もしていない私は贅沢は言うまい。

エビはぴちぴちしているのを1キロくらいもらった。船の上で私が死んでるとき、リチャードがみんなに生をわさび醤油で食べさせたらしく、とても甘くて美味しかったとメリッサが絶賛していた。 

夜集まった友だちは日本人だったし、人数も10人近く!場所も日本食のレストランだったので、持って行って出してもらおうかとも思ったけど、ダメ、半分死んでる体を引きずって行ったので、エビの事は構ってられずに、そのまま冷凍庫に投げ込んでしまった。

料理して火を通したら食べて大丈夫よね。

と、言う事で、なんともしょぼい私の釣り日記でした。

ちなみに夜のお出かけ中も、胃袋に巨大な石ころが入っているようで、お茶をすするのが精一杯だったんだけど、滅茶苦茶楽しい夜で、気がつけば2時! 

2時半頃家に着いて、静まり返ったご近所をチェスターの寝る前のおしっこに連れ出したんだけど...半分眠ってとぼとぼ歩くチェスターの後ろを私が更にとぼとぼ歩く。

と、気付く。

まるで、大海原に居るよう。
地面が、グデングデン揺れてました。

秋かしら?



2008年8月27日

気持としては、まだまだ夏にしがみついていたい私ですが、8月ももうすぐ終わり。

今日はちょっと肌寒く、夕方、仕事を終えて外に出たら雨まで降り出していた。

家に着いたら、玄関にこんなリースが飾られていました。

大家さん、秋してます〜

収穫祭

2008年8月20日



昨日はお日柄もよろしく(本当は小雨)、来賓に『大家さん』をお招きし、念願のとうもろこしの初収穫をおこない、その後、収穫祭の宴として、バターを塗りたぐった新鮮なとうもろこしを頂いた。

大家さんが愛用する50年くらい前の園芸の本によると、とうもろこしの頭の毛が茶色くなったら収穫時との事だったんだけど、まだチョッと小さかったです。

でも穫れ立てはやっぱりおいしかったよぉ〜

それにしても最近のバンクーバーは寒い!残りのとうもろこしが早く太くなるようにもっと暖かくならないかなぁ〜


     『おまけ』収穫を待ちわびるチェスター

ハサミとペニー




2008年8月18日

時々、自分で縫ったスカートなんかをはいて仕事に行くもので、私のお裁縫好きは私の職場でちょっと知られている。

先週、同僚が私の所に来て、部屋の掃除をしていて工具箱の中から見つけたんだけどぉ〜と、銀色の重厚なハサミを差し出した。

ヘンケルのインターナショナル(お人形1コ)のブラジル版のピンキングハサミって言うんだっけ?布がギザギザに切れるハサミです。

『良いハサミだとはおもうけど、私はお裁縫しないしぃ〜、工具箱に入ってたから、なんか汚れてるけど、良かったら使って』と言う事で、いただいちゃいました。

彼女の手にある時からすご〜く気になっていたんだけど、ハサミにセロテープで1セント硬貨が貼付けてあった。 私はてっきり彼女が冗談半分のおまけでペニー(1セント硬貨)を貼付けてくれたのかと思ったら、そうではなくこれはカナダの(アメリカもそうかもしれないし、イギリスとかオーストラリアもそうかもしれない)習慣で、刃物をプレゼントする時には縁が切れないように一緒にペニーを添えて(つけて)送るのだそうです。

知らなかった!

と、言う事で、ペニーつきのハサミがたいそう気に入った私、家に帰ってセロテープを剥がし、瞬間接着剤でペニーをはさみ本体に貼付けちゃった。

誰に見せるわけじゃなし、自己満足〜 (ちょっとヘン?)

とうもろこし日記



5月頃、モーリシャスに行く前、とうもろこしの種を蒔いたら芽が出てきた。
ひょろひょろっと芽が出て、モーリシャスへ行って、1−2週間後かえってきたら10センチくらいになっていた。

最初、このとうもろこしは広大な畑を持つ友だちの所へ植えようと密かに企んでいたんだけど、そう言う機会はなく、小さなプラスチックの植木鉢の中、順調に大きくなった。

6月の中頃過ぎ、小さな植木鉢の中で、なんだか立派になってきたとうもろこしの苗を気にした大家さんが、家の前庭の花壇を壊して、とうもろこし畑を作って下さった! 花壇にあったダリアとかその他のお花はお引っ越し。 土をよ〜く耕し、牛糞ベースの肥料なんかも混ぜた特別な土です。

地面に植えてからのとうもろこしは幸せそうにどんどん大きくなった。

7月末、花を咲かせた!

そして上が昨日、2008年8月13日の写真!

今、妊娠7ヶ月くらいかしら?
触らなくても、堂々とその膨らみが目立ってきました。

昨日、夜、おでかけから帰ってきて大家さんとお喋りし、
大家さんが使っている本によると、とうもろこしの頭のところから出ている、毛(英語ではシルク/絹)と呼ぶ、が茶色くなったら収穫時だそうです。

そしたら大家さんとチェスターと私に、メリッサの家族を招いて『第一回、とうもろこし収穫祭』を開こう!と話している。

今年の夏はあっという間に過ぎていってます。

オリンパスカメラ騒動/最終章

あまりにお疲れだったので、ブログの更新をかなりおサボりしてしまいましたが、オリンパスカメラ騒動、終わりました。

内容の転載等は禁止という事ですので、省略しつつ話させていただくと、オリンパス本社経由、北米オリンパス、およびロンドンドラッグ側と話しをして両社ともから新品との交換、返品の了解のどちらをもいただきました。

お店側に全額返金もしくは、ストアクレジットって日本語でなんて言うんだろう??(カメラを返すぶん、同額のお買物を後日して良いという同意)をお願いした時は、オリンパスがいやなら、他社製品にしたら? と、言われましたが、今回の出来事は店舗側にもかなりの責任があるように私は思い、それに関する返答は保留させていただいております。

オリンパスさんからは、オリンパスの製品を使っていただきたいのはやまやまだが、全額返金を希望されるのであれば、それはそうするようにお店側にお願いすると言って下さってるし、そういうもくろみがあってお店側は他社製品をうちで買いませんか?と、言っているのでしょうけどね、あそこのお店では電池とか、DVDとかお菓子とか化粧品とかいう消耗品を買っても良いけど、カメラはどうだろ?

今度こそ不祥事がないよう、対応してもらえるかな?と思ったりもしましたが、店舗に見てみたかった他社さんのカメラがなかったので、全額返金としていただきました。



カメラを買ったのが5月22日。

水漏れが発覚したのが6月1日あたりかな。(モーリシャスの旅先でのこと)
お店に最初のクレームに行ったのがカナダに帰国した6月13日あたり、それからのすったもんだは本当にエネルギ-を吸い取られました。 解決したのが8月上旬、2ヶ月間! どれだけの時間を割いた事だろう! 日本語が出来たから、業を煮やして日本のオリンパスに苦情を伝える事が出来たが、そうじゃなかったらカナダの人たちは泣き寝入りしないといけないのだろうか???

私は全額返してもらって、この事は2度と考えなくていいけど、今回の件は残念としか言いようがない。

オリンパスさんもロンドンドラッグさんも、きっと生涯かけてのローヤルカスタマー(メーカー、小売店の大ファン)を獲得するチャンスがあったのに、ちゃんと対応しなかったがために、私はあそこのお店でお菓子屋化粧品を買う事はあっても高額電化製品を買う事は二度とないと思う。

オリンパスにしてみても、こと水中カメラに関しては水漏れ事件がかなり起こっているのだから、そこら辺はリスク覚悟で売り出すにしても、そこは店舗側と連係プレイをとって、そういう顧客が苦情にきたら、新しい商品と速やかに取り替えるくらいするべきでないかと思う。

ともあれ、この件はもうおしまい。

ちなみに私は数日後、キャノンのSX100を買いました。
南の島に遊びに行くときは、使い捨て水中カメラ、もしくはキャノンは水中カメラ用にカバーがあるようなので、それを検討しています。ではでは。