ファーマーズマーケット

2008年9月27日

夏のバンクーバー、土曜日の朝は、家から徒歩20分くらいの所にある『トラウトレイク』という公園の駐車場で近郊の農家の人たちが採れたとの野菜や果物、それからアート、クラフトものの屋台を出して、朝市が開かれています。

場所はここ http://eatlocal.org/index.html

今日はご近所のサンディーに誘われて、二人でお昼過ぎから出かけてきました。

私たちは昼過ぎに出かけたので、そうでもありませんでしたが、午前中は新鮮な野菜/果物を求める人たちでごった返します。

まずはサンディーが先週買って、めちゃくちゃおいしかったからということで、売り切れる前にとうもろこしをゲット!

赤いトレーナーの女性は、とうもろこし農場の娘さん。

それから、いかにも手作りなパイ! バンブルベリーパイ(ルバーブ、苺、ラズベリー、ブラックベリーが入ったパイ)も、お買い上げ!

買ったパイは1/4個をサンディーへプレゼント。
1/6個は大家さんへ日頃のありがとうを込めて。
2/6個はメリッサのお母さんとお兄さんへ旅行中のメリッサに代わってプレゼント。
そして 1/4個は私のお楽しみぃ〜!

サンディーは別のテーブルで手作りのヌガーを味見して。あああ、とろけそうな顔してる。

それから林檎! 普通のお店に並んでいる種類とは少しちがう、珍種の林檎を味見した。すっぱさが強い、昔っぽい林檎を2種類味見させてもらう! 

自分達が育てて売っている林檎に強い誇りと愛着を持っているのでしょう。
ソムリエがワインを表現するように林檎を表現し、味あわせてくれます。
酸味の強い林檎を2種類買ってみました。 
一口齧ると、秋が口一杯に広がります。 

それから、まあ!オカナガン(7月にワインツアーに行った辺り)の桃が来てるではありませんか。

『桃は来週がきっと最後だねぇ〜』おじちゃんが言ってました。

手作りのチーズ、

キノコやさん (松茸ありましたぁ〜)

蜂蜜屋さん

手編みのセーター、カーディガンのお店。

トマト専門のお店!

根野菜ばっかりの店。

そして最後が、本日のハイライト!

入り口付近にあって長い行列ができてたので気になっていたんだけど、そば粉が入ったクレープ! 


パリの屋台で食べたクレープはおいしかった。
キャフェで食べたのは、まあまあ、
フレンチポリネシアの屋台で食べたクレープは、フランス領だし、友だちからの前宣伝もあって期待してたんだけど、ひどかった。

そして、バンクーバーのファーマーズマーケットのクレープ...

物凄〜く美味しかったです。

クレープの生地そのものが美味しい。私はブルーベリーとリコタチーズのクレープをいただきました。新鮮なブルーベリーがてんこ盛り! そこら辺のクレープみたいに甘すぎず、このクレープのために来週も行きたいくらい!


私がこのブルーベリーのにするか、ハム&チーズにするか悩んでいたので、サンディーはハム&チーズにして、私に味見させてくれた。
 

新鮮なチーズとハムにイタリアンパセリと刻んだトマト! これも最高に美味しかった。

トラウトレイクのファーマーズマーケットは毎週土曜日の朝から午後2時まで、10月25日まで毎週開かれているそうで〜す。

最後になってしまいましたが、買った野菜、果物などは、みんなこういう風に買い物かごやバックパック、エコバックにいれて持って帰りますぅ〜。 

彼女はクレープの列で私たちの前に並んでいた。
肩からかけるカゴから覗く野菜が素敵で写真を撮らせてもらって、
クレープが出来るまでお喋りしていました。
彼女は先週ブルーベリーのクレープを食べて、一週間この日を夢見ていたそうです。 
私はハム&チーズとどっちにしようかそれでも迷っていたんだけど、
彼女があんまり元気にブルーベリーを注文したので私もブルーベリーにしちゃった。

 
これはサンディーのカゴ

バックパックから覗く葉野菜がグー
ガールフレンドはエコバック使用。

そこが広いカゴはパイがつぶれないからかなり羨ましい〜
写真を撮っていいですかと聞いたら、
カゴの中身をアレンジしなおしてくれました。
そのままでよかったのに。有り難い事です〜

私はモーリシャスでもらったカゴと、Trader Joe's のエコバックを使用しましたぁ〜。

来週も行きたいなぁ〜。