農的生活12ヶ月

体調がすぐれない日々を過ごしていると、停止状態の自分にイライラして先週はかなり凹んだ。でも有り難いもので、友達や知り合い、色々な方からエネルギ-をいただいて、だからもう凹むのは止めた。

規則正しい生活と、インターネットを使った外界との接触がここ1週間の私の生活だ。

特に日本からのインフォメーションは刺激的。 気分を前向きに前向きにもって行く。今の自分も自分の一部。 そして、私が目指したい自分を求めて、自分の心の中を覗き込んでふと気付く。もしかしたらこの時間は神様からの贈り物かもしれない。kirakira


今、自分の棚卸をしながらこれからの計画書を作っています。


何年か前、この本を読んだ。



久しぶりにこの本を手にして、こういう生活をしたいとしみじみと思った。
で、自分に問いかける。『本当にしたいのか』その覚悟は出来ているのか? 
この1週間に出会ったブログの一つにBigBossさんのブログがある。実は彼とは実際の知り合いで、会合やイベントを通して一ヶ月に一度くらいは顔を合わせてます。それでも彼のブログは読んだ事なかったのよ。

今回、何年もに渡る彼のブログを読ませていただいて、とある日の彼の日記に彼の『夢』が『目標』になる部分が有りました。 以来彼は夢ではなく、明確な目標を持って頑張っている。ブログを読むまで、飄々とした彼の雰囲気から彼のそういう過去を知りませんでした。

ホント頭が下がります。

話しが脱線してしまったけど、宇土さんの『農的生活12ヶ月』私の夢です。

夢を目標に変え、そして行動を起こす。

それは私の心次第。

JudyCo のこだわり!


この写真、なんだか分かります?? 私のキッチンでのお友達です。

陶器の容れ物の中の白い粉は、重曹...
藤色のナゾの物体は、特別な繊維を編んだ、食器洗いのスポンジ(?)じゃないけれど...洗うの。洗剤をつけなくても茶渋とか落とす優れものです。

ほとんどの食器洗いの洗剤には合成界面活性剤が使われているので恐いので、油物で汚れていない食器やなんかは、お湯と重曹とこれで洗います〜。

重曹のせいで、感触がなんとなくぬるっとなってしまうんだけど、これで良いのだ!
と、一人悦にひたってる、JudyCo のこだわりでした。



重曹、英語で言うところのBaking Soda
と言えば、やっぱりこれでしょ。
ロゴからして頼もしい〜。
Baking Soda は、洗濯の中に入れてもグー。
私は白いものを洗うときはBaking Soda 入れますぅ〜

かき揚げ丼と新体操な昼..




2008年10月24日

カリスマ美容師N美ちゃんのお店で、彼女の手がすいている時を狙って、移民のプロM子ちゃんと3人、ランチをいただきました。

本日のメニューはスペシャルオーダーのかき揚げ丼ですの!

ダウンタウンの図書館のすぐ近くにあるEbiten さんは、天ぷら/丼もののファーストフードのお店として日本人のみならず、地元の人たちからも大人気でランチタイムとなると列が出来るほど!

Ebiten の Big Boss の遠竹氏とは3人とも懇意にさせていただいている事もあり、本日はM子ちゃんの希望で特別メニューのかき揚げ丼のテイクアウトです。

揚げモノ、タイミングが勝負ですからね、車でEbiten に寄って、ランチをピックアップ。N美ちゃんの美容室前でM子ちゃんへそれを渡し、車を止めて美容室へ行くとランチが用意されてました。

揚げたてかき揚げに一緒についてきたタレをジャ〜っとかけて、どんぶりに一緒に入ってくる、紅ショウガと海草のナムルみたいなのと一緒にいただく。Ebiten の丼ものにはお味噌汁までついてきます。

ボリュームたっぷり!お値段もお手頃で非常に満たされた3人でした。わーい(嬉しい顔)

それにしてもカナダ、色んな人が居ます。ランチが終わってN美ちゃんの美容室から出ようとした瞬間、こういう光景を目にしました。


元、新体操の選手ですって!

持つべきものは良き友だち〜




2008年10月26日

『病は気から、気は病から』
どっちが、どっちか...? 哲学の小道でありますが、
仕事をお休みさせていただいている分、
少しは良い事もあって、その一つが大切な友だちと時間を持てる!と言うものです。

ふと、しみじみと思う。

わたしにはなんて素敵な友だちが多いのだろう!!

先日、ベトナムヌードルをごちそうしてくれたMちゃんしかり。
彼女はわたしの"Well Being" って日本語でなんて言ったらよいのかしら??

幸せで、満足のいく状況で、身も心も満たされていること...とでもいうのかしら?? をとても気にしてくれる。感謝だねぇ〜。彼女はそういう存在なのです。(涙)

で、ベトナムヌードルをすすりながらの会話だったか、その後の細木数子のテレビの録画を観ながらの会話だったか忘れちゃったけど、話しは『美』について流れて行った。

Mちゃんはエステティシャン!ぴかぴか(新しい) 

美についてはうるさいです。

先週、彼女のお薦めで彼女のお友達のこれ又Mさんからまつ毛のエクステをしてもらいました。

ま、普段の私を知らない皆さんには『???』かもしれませんが、実は私のまつ毛は短い。その上、ストレート! 以前はビューラーであげてぇ、マスカラやって〜ので頑張っていましたが、最近はアイライン程度でまつ毛は諦めてました。

ちなみにMちゃんのまつ毛は私の3倍くらいの長さがある!

ともあれ、使用前の写真はないんだけど、使用後(中)つまり今の写真。



慣れない事をしていると、恐くて目元を触れない。(汗)
で、アイラインもアイシャドウもパス。

おととい別のたのもしい友人二人に見てもらったんだけど、目元が優しくなった〜とのこと。前のメークと今のとだと、彼女らは二人とも今のエクステのオメメの方が好きですって!

プチ幸せなJUJUでした。

日記の途中の写真はしてもらった日の午後に撮影、一番上の写真は昨日の夜..

庭の珍客、その1


2008年10月22日

ちょっとピンぼけごめんなさい。
庭にこんな子が遊びに来ました〜。
慌てて写真撮ったら、ボケちゃった。

ベトナムヌードル、フォー!


2008年10月17日

朝の4時まで寝られなかったのに朝、携帯から流れるラテンミュージックでたたき起された。げっそり

長年の友人Mですぅ。
20年以上の付き合いですからね、全て、見透かされてます。

M『寝てたぁ〜??』
JUJU『寝てた、むにゃむにゃ』

でもね、20年以上の付き合いですからね、手加減してくれません。

M『今日仕事ないからさ、ランチせ〜へん』彼女、大阪です。

と、いうことで、30分もお電話でお話ししてとうとう起こされてしまって、彼女とランチのお約束。長〜〜〜い話しをまとめると、ベトナムのフォー(温かいお汁に入った麺)を食べに行きました〜。

ここんとこ、サンクスギビングのディナーにはじまり、その残り物、昨夜のディナーにしてもそうだけど洋食が続いていたから、アジアな味はおいしゅうございました。

本当はベトナムのフランスパンのサンドイッチも食べたかったんだけど、そこのお店にはなかったので、サラダロールをいただきました。

私とMちゃんが頼んだのは具が4種類くらい入ったスペシャルヌードルだったワケですが、そこに新鮮なもやしやバジルの葉っぱをちぎったのを入れ、ライムをしぼって振りかけます。そしてお好みの辛さで、唐辛子のオイル漬けを入れます。

このヌードル、S、M、L サイズとあって、??? (もしかしたらMとLだけ)、私たちはノリノリでLをオーダー。お店のお兄さんから、『ちゃんと食べろよ、残すなよ』って言われちゃった。

ちなみにLサイズのどんぶり、小振りな洗面器くらいある。

でも、とっても美味しくてスープまでほぼ完食!
お兄さんも、びっくり!!

至福のひと時。
先週、ちょっと彼女のお手伝いをしたので、今日はMちゃんのごちそうになっちゃった。
おいしいランチ、ごちそうさまでした〜

最初の写真はアペタイザーのエビのサラダロールと奥に見えるのはサトウキビに、さつま揚げみたいな練り物を刺して焼いたモノ。

これが洗面器ベトナムヌードルだぁ! 
この段階でスープを飲んだら、上あごの皮がベロッと剥けるほど熱いです。
で、上にのっている薄切りの肉はご覧いただけるように生なので
これはお箸で底に沈めます。

別皿にこうしてしゃりしゃりのもやしやバジルがついてくるので、
これも熱々のヌードルのボールにいれて底に沈めます。

うんまいんだ、これが!

でも、食べ過ぎ!
今夜はディナー無し!
まだお腹いっぱい。


日本にもライスペーパー売ってるみたい!
原産国ベトナムってだから、
私がつかっているのと同じかとおもいますぅ〜。

幸せの青い鳥〜




2008年10月14日

今日は珍しいお客様が庭に来ていました。
分かります? 鳥の水飲み台のふちにとまっています。
ちょっとピンぼけだけど、近くに寄ってきたのを慌てて激写!



でも、この子がなんて言う種類か分からない。

実は今の今まで、トロントにある野球チームと同じ、ブルージェイ(青カケス)とおもっていたら、ななななななんと、ブルージェイの翼や尾羽は『白』何だって!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%82%B1%E3%82%B9

で、今までの思い込みがガラガラと崩れたのでした。


でも、きれいでしょ。

明日も来るかなぁ〜?

と、ミクシイに書いていたら、お友達から書き込みあり!
ステラジェイ(ステラカケス)ですって!
今日は3羽で来てました。

Thanksgiving / 感謝祭



月曜日はThanksgiving / 感謝祭の祝日でした。

普通は家族で団らん、七面鳥のロースト、その他をいただくのですが、なにぶん独り身...去年は仕事。今年も仕事のはずだったんだけど、咳の おかげで未だに仕事に出れずに居るので、大家さんと、ご近所のサンディーと『なんちゃってサンクスギビングディナー』をいただきました。

場所の提供とテーブルセティング&ワインは大家さん。
大家さんのキッチンテーブルに、たくさんの花々とキャンドルに囲まれ、冷えたワインと赤ワインワイングラス

お料理は私。
自分でローストした七面鳥ではなくて、ご近所のデリで買ったローストチキン! マッシュドポテト、マッシュドヤム(オレンジ色のサツマイモの仲 間)、ベイビーポテトのバターハーブあえ、さやいんげんとニンジンのソテー、スイートポテトとオレンジの黒砂糖バター煮、コブサラダ、グレービーソース、 等々。 実はパンも焼いたんだけど(半分まで焼いてあるフランスパンを自分のオーブンで焼き上げる)出し忘れてしまった。トホホ..だってお料理がたくさ んだったんだもん。

写真撮るの忘れていました。
はっと気付いた時にはすでに3分の1くらい食べてしまってましたが、
食べかけのお皿...

そしてサンディーはデザート。
彼女はお菓子作りが好きで、よくタルトやパイを焼く! そこで、彼女が何か持って来る?って尋ねた時に、すかさずデザートをお願いしたのです。

で、大家さんが銀のティーポットでお茶を入れてくださって、彼のティーカップコレクションで食後のお茶をいただきました。


もうすぐ夜の1時半!!!

ものすごく眠たいんだけど、お腹がまだいっぱいで眠れない。

はい、分かってます。
まんまるにならないように気をつけます。


コブサラダの写真。本当はサラダの上にグリルやソテーにしたチキンや七面鳥、それからチーズものっているん だけど、今回はメインにチキンの丸焼きがあったので、サラダからは省いて、チーズはクセのあるチーズを使ったので、好き嫌いがあると思い、サラダには盛ら ずに、小さな器に用意しましたぁ〜。コブサラダもどきだな。

ファーマーズマーケット第2弾

2008年10月11日

前回の私のファーマーズマーケットの日記 を読んで下さって、『Judy子さん!!!!私もすごくいきたいんです、このマーケット!!』と連絡をくださったSちゃんと、トラウトレイクのファーマーズマーケットに出かけてまいりました。

今週末のカナダは、月曜日が『感謝祭』(Thanksgiving Day) の祝日ということもあり、連休です。そして、サンクスギビングと言えば、1年の収穫を感謝して『も〜のすごい量のごちそうをお腹がはち切れるほど食べる』と、言う事になっています。

きっとマーケットはものすごい人でだろうと想像しましたが、Sちゃんと楽しい時間を過ごす事が出来ました。

Sちゃんは『ホリスティック栄養学』の免許を持っているほど、健康的な栄養学に詳しい! 人の体のコンディションにあわせて、アレをもっと食べた方がいいとか、アレをちょっと控えなさいなんてアドバイスをしてくれる。

ファーマーズマーケットでお店を出している人たちは全て生産者なので、「この野菜は無農薬&有機栽培で育った」とか、「この蜂蜜はまわして取った だけで熱処理はしていない」とか、「このパンはどういう材料で今朝焼いてきた」なんて話しをうかがって買う事ができるので、Sちゃんが『すごくいきた い』と、いうのはものすごーくわかるしさぞかし楽しいだろう!

と、言う事で、いざ!『SちゃんとJUDY子のファーマーズマーケット体験!』

マーケットの入り口には前回の私の日記に書いたクレープ屋さんがある。



Sちゃん、なにげなさそうに「あああ〜、これが例のクレープ屋さんね」
私、「そうそう」 で、会場をウロウロ。

でもSちゃんはかなりクレープに惹かれていたらしい!という事が、後々分かるわけですが、

ともあれ、とろけるほど甘い洋梨を味見したり、見た事もない果物の事を農家のおじさんに教えてもらったり、私にとってはただのパン屋さ ん、Sちゃんに言わせると知る人ぞ知る、こだわりの材料かつ美味しいパン屋さんで、パンを買ったり、地元の陶工家や ジュエリーデザイナーのの作品を見たり、おばちゃんの手作り焼き菓子をみたり、ペスト(松の実とバジルのペースト)の味見、ハチミツ屋さんによったり、たくさんの種 類のかぼちゃを見てその料理の仕方をSちゃんに教えてもらったり〜

物色中のSちゃんの後姿

そうこうして、一通り眺めたところで、気がつくとクレープの列の最後部にSちゃんが並んでた!

私もこれが楽しみだったんです。皆さんにも一口食べさせたいほどおいしいのよ〜! と、いうことで、二人、嬉々として列に並ぶ。

ただこのクレープをこれほどまでにSちゃんが楽しみにしていたとは私は見抜いていませんでした。先程ミクシイで彼女の日記を読んでびっくり!相当楽しみにしてたようです〜。Sちゃんもキノコの写真とか、野菜の写真とか撮っていたようなきがするのですが、見事なまでに全て、クレープの写真しか上がっていませんでした。(笑)

私のオーダーはハム&チーズ、Sちゃんは洋梨とブリーチーズ! クレープをオーダーして美味しそうなのが目の前で焼 かれる間、無口なお父さんに、『パリでもクレープ色々食べたけど、パリよりもどこよりもここのクレープが一番おいしい〜!』とお話ししました。お父さんも お母さんもきっとフランスからの移民ではないでしょうか、うれしそうにニコッ。

クレープ屋のお父さんとお母さん


焼きたてのクレープを持って、二人、公園の緑...というか、駐車場のふちのコンクリートのところに座って、焼きたてクレープをいただく。

トラウトレイクはこういう公園です〜。
このエリアはワンちゃん放し飼いOKの場所。
もちろん、躾のいいワンちゃんだけですけど...

Sちゃん、叫んでます。 『おいし〜!!!!』

私も叫ぶ、『おいしいねぇ〜〜〜』

ああああ、生きていて良かった!そう言う気持が沸き起こる美味しさです。

二人、幸せに酔いしれたところで、再度マーケットの見学...

お腹いっぱいだったので、公園のお散歩、もしくはマーケットをウロウロして腹ごなしをしてから、再度、今度はデザートタイプのクレープをいただこ うねぇ〜って事だったんだけど、そそそそっと、一周すると、アレレ、(正直あれは、おかしかった)Sちゃんがクレープ屋の列の最後に再度並んで た!!!!

満面の笑顔! とっても幸せそうな顔して、お子ちゃま顔してました。

と、いうことで、2つ目!!!

Sちゃんは栗とリコタチーズ。私のには更にチョコレートとラム酒も入っているの。

クレープ屋のお父さんは、ボヘミアンな感じで、実際100年くらい前の空気がする。 クレープ作りに全身全霊を込めている感じで、オーダーをお願いする時、重大な相談事を親身に聞いてくれているように、しっかりと目を見てオーダーを取って 下さる。

そして焼きたてのクレープを手渡してくれるとき、大切な大切な大切な例えば亡命のためのパスポートとか、人類を救うための血清とか、レオナルドダビンチのなんとか、をお客さんに託すように再び目をしっかりと見つめてクレープを渡してくださる。

クレープのオーダーはそれほどに厳かで大切なそういう感じなのです。

で、ビビビッと来るアイコンタクト(目と目をきっちり見ること)を体験しましょうと、言う事で二人、娘さんにではなくお父さんに注文しよう!と盛り上がるも、私たちの注文はお嬢さんがとった。そうなると焼くのも出来上がったのを渡してくれるのもお嬢さんなので、残念がる寿美ちゃん。

だけれども、1つ目のクレープの時にパリのクレープよりもおいしいと絶賛したのが功を奏したのか、単なるオペレーション的なもので、ラム酒を振りかけたりするのがお父さんなので引き継いだのか、途中から私のクレープはお父さんの手に渡った。

そこから写真を撮るのも忘れて、放心状態で私のクレープの行方を見守るSちゃんと私...

私たちの何人か前の人の注文の時には、ラム酒を測ってふりかけていたのに、 やっぱりパリよりおいしいと絶賛したからかしら? お父さんは大胆にもラム酒のボトルから、そのまま大胆にラム酒を振りかけた! アレこそコダックモーメントだったのに、Sちゃんも私もただただ感嘆して、放心状態! そして、出来上がった芸術的なクレープを私に...。

じーっ

私もじーっ。

瞳で尊敬と感謝を伝える。

そしてSちゃんと私は再び、公園の緑と駐車場の間のコンクリートに腰を下ろした。 

Sちゃん、私、一つ目のクレープでお腹いっぱいだったんですけれども。でも2つ目も、おいしかったぁ〜。

中に入っていたチョコレートも安物の合成チョコレートシロップを塗ったものでも、クッキーなんかを焼く用のハーシーズのチョコチップでもなく、砕いた本格派チョコレートでした。

Sちゃん、今度はポットに紅茶をブラックで入れて持って行こう!

Sちゃんのおかげで、とても楽しい時間を過ごせましたぁ〜。
あれから6時間くらい過ぎたけど、まだお腹いっぱい。

すでに夜の8時半。
この獲れたてとうもろこし、今夜食べたかったんだけど〜

季節のキノコ色々

ハーブ屋さんでこんなもの発見!
根っこがついてたら買いたかったんだけどねぇ〜。
ああ、でももうすぐ冬だ
来年の春こそ、シソの苗を見つけよう!

寒くなってきたもんね。
セーターを着たワンちゃん。
グレイハウンド犬です。

こちらの女性もワンちゃんを連れて、
その上、乳母車に
素敵な巨大カゴいっぱいのお野菜!

ギターを持っているストリートミュージシャンの女性
と横のワンちゃんを連れた女性は飛び入り。
で、お姉さんと一緒に歌い出しちゃった!
お買物中のおばちゃんだったんだけど、
なかなか上手くって素敵なデュエットでした。
その間、ワンちゃんもおりこうに、じ〜っ待ってました。 
いかにもイー ストサイドのマーケットらしい光景!

松茸パーティー!

2008年10月9日(木曜日)

昨夜は私が大好きなNさん宅にご招待していただき、今年の最初(そしてきっと最後)の松茸をいただきましたぁ〜。

松茸狩りはBC州の北のほうから少しづつはじまって、バンクーバーの近くでは少し北のウィスラー、スコーミッシュの近くではこの時期穫れるそうで、もっと寒くなると松茸前線、ワシントン州、ポートランドと移動していくそうです。

Nさん曰く、今年の松茸は豊作で、お値段が去年よりもお安くなっていたとの事。それでも、一人で松茸を食べる気にはなりませんから、こういうお席に招いていただけて、素敵な方達とこういう季節のものを楽しませていただくのは、とってもうれしい。

今回の顔ぶれはNさんとご主人とお嬢ちゃん。それからトロントからいらっしゃった(別の)Nさんご夫妻、Sちゃん、Lさん、あら、もう一人のゲストもイニシャルNだ。ともあれ私をいれて総勢9人!

Nさん宅に到着すると、まずお嬢ちゃん..きっと今、3歳くらいかしらから、葉っぱのプレゼント! 


ラズベリーの発泡酒を食前酒に、Nさん手作りのアペタイザーをつまみ、その間に、流石、おつきあいの広いNさん、レストランから分けていただいたという、備長炭をおこし、まずは火鉢(でいいのかしら)で炙っていただきました。

夕方までお仕事だから、『手抜き〜!』なんておっしゃってたのに、
オードブルも全てお手製!
手前のボトルは食前のラズベリーの発泡酒のボトル


炭に炙られてうっすらと汗をかいたような松茸は美味な事!
今まさに食べ時の松茸。
早く〜、こげちゃうよぉ〜!

あああ、幸せ!


また、松茸を楽しめるようにと、
お酒も美味しい日本酒をおごちそうしてくださいました。
上品で繊細なお酒で、すっきりとしたフルーティーな辛口は、
松茸のような繊細なお料理をいただくには、
もぉおぉぉぉぉ、最高! 



松茸の炭焼きが終わったところで、今度は焼き鳥!
炭焼きはやっぱりおいしい!

そして、おでん。

実は以前にも私はNさんのおでんをいただいた事がある。そして彼女のおでんはと〜っても美味しい。このディナーのご招待をいただいたとき、松茸も もちろんうれしかったけれども、『おでん』の文字をみて感動しちゃったほど。そして彼女のおでんはやっぱり私の記憶の通り、今回もやっぱりおいしかっ た〜。目がハート

同時進行で松茸ご飯と、松茸のお吸い物...あああ、この香り。
ニッポンの秋を満喫!

最後はトロントからいらっしゃったNさんご夫妻の奥様が焼かれたケーキをデザートにいただきました。

これを見よ!美しさに感動。



会話もはずみ、ふと時計をみると11時過ぎ!
みなさん、翌日、お仕事〜!

Nさん、感謝でいっぱい。素敵なディナーにお招きありがとうございました。

万事休す



2008年10月6日

先月末は10日ほどお休みし、罪悪感に苛まれ、1日出勤するも役に立たず仕事をせずに帰宅。

数日後、再挑戦...6時間ほど仕事をして帰宅。
翌2日はお休みだったので助かった。(これ先週の事)

で、週末、ポチポチ(ぼちぼちではない)と仕事をして、
今日、月曜日仕事に行ったんだけど、
大トドの咳の発作がはじまり...

長い話しをまとめると、結局、帰宅する事になった。

心優しい先輩エージェント達から、完全に元気になるまで、無理をして仕事をしようなんて思わないようにとのアドバイス。

色々な検査を繰り返すも、原因が未だ分からないし、専門家に見ていただけるのは...23日だったけど、今日変更してもらっていまのところ16日だし、検査をして、その次のステップをとって、完全に治るまで、自宅療養するようにと、マネージャーの一人からも言われた。

体はピンピンしてて、家に居てもじ〜〜〜〜っとベットに入っているわけじゃないんですけど。と、告白するも、それでもその咳じゃ仕事にならないし、この環境は、症状を悪化させても良くはしないんだから休むように。とのこと。

で、凹んでます。

で、チェスターを抱えて、咳をして、薬飲んで、DVD観てしてたんだけど、このまま、ともすると数週間を過ごすかとおもったらゾッとして、何か『ためになること』しようと思います。かぎ針編みはしないの。時間つぶしじゃなくて、『ためになること』

まず、今夜は早寝!

明日は早起き!

ダラダラした生活にならないよう、己を律して過ごす。パンチパンチパンチ

はぁ〜。みんなに話したらちょっと元気になった。

大人買いしてしまいましたぁ〜

2008年10月3日(金曜日)

確かに、大人買いと言えば大人買いかもしれないけれども、『おばあちゃん化に拍車をかけてしまいました』と、言った方が正しいのかもしれない〜

カナダやアメリカのおばあちゃんちに行くと、時々、可愛らしいティーカップのコレクションなんかがあって、ティーポットで入れた紅茶をこのカップに入れて出してくれたりするのです。

うちの大家さんも半分おばあちゃんですから、この夏、ガーデンパーティーをした時は、ほとんどの人が帰った後、残り数名でキッチンでお茶して、その時、可愛いカップにお茶をついで出してくれました。

普通の家庭ではまあコーヒーメーカーでいれたコーヒーをマグカップ、紅茶だって日本茶だって、中国茶だってマグカップで飲むのが普通ですから、可愛いカップのコレクションはおばあちゃんの証明みたいな気がします。そうなんです、多文化な街バンクーバー、ごく普通に緑茶を飲む人多いです〜。玄米茶のお米のポチポチが好きという子もいます〜。私の昔のルームメート、ジャスミンティーのファンでした。

ともあれ、そういうおばあちゃんたちが亡くなると、娘や息子たちはそのカップの処分に困り、そういうものがよく、教会なんかの慈善バザーなんかで売られたりします。

教会のバザーなんかに出まわる、今は亡きおばあちゃんたちのティーカップはリモージュやウェッジウッドは少なく、(そういうものは子供たちも万が 一用にキープしているんだと思う)、ロイヤルアルバートとかロイヤルスタフォードなんてメーカーのものが多く、のほほんとしててかわいい。

一応名の通ったメーカーではあるけれど、特に古いのはどことなく、おままごとチックな雰囲気を持っているような気がします。

で、ご近所の『売ります/買います』みたいなのに、『アンティークのティーカップとお皿のセットのコレクション売ります』というのを見つけてお出かけしてみました〜

気がついたら6セットお買い上げしちゃってたじゃないですか!

私自身の見た感じは『決して』(と声を大にして言いたい)、おばあちゃんぽくないと信じたいわけですけど、最近ハマっている白いコットンのかぎ針編みに、おばあちゃん仕様のティーカップコレクション!

おばあちゃんチックなものに染まる、私の秋です〜

一番気に入った柄!


最近かぎ針編みでお花を作るのにハマっています。
小さな作品なので簡単にできるのがグー。
でバラバラのお花が出来て、さてどうしよう?? と思っていたのですが、
お花とお花をつなげる秘技を身につけました〜。
今現在、お花8個つながった作品となってますが、これは3個の時の写真。
チェスターの頭にのせたらあら不思議、チェスターも赤ずきんちゃんに出て来るおばあさんみたい!