クッキー作り 二回戦

クッキー作り一回戦で大敗した私、冷蔵庫の中にはまだ、残りの3分の2ほどの生地が休んでいるので、昨日は二回戦に挑戦した。

一回戦を敗退してしまった理由を色々と考え、作戦を練る。
まず、生地を少しづつ平にしていく事にした。一旦冷蔵庫から出して、厚さ1センチくらいにして、生地を再度冷蔵庫に戻した。

それからクッキーカッターも生地をのばす棒も全て冷凍庫に入れた。

再び窓を開け放ち、手を冷水でいつまでも洗う...

頭の中を流れる曲は、『アタックNo.1』
苦しくったって〜、 悲しくったって〜

台に打ち粉をはたいて、生地を3ミリの厚さにのばしていく。
時折、生地をずらしては、台と生地の間に打ち粉をはたき直す。
これだけ集中して生地を扱っていると、ひんやりとした生地も、なんとなくお利口にしていて、おとなしい。打ち粉が効いてて台にくっつく気配もありません!

冷凍庫からおもむろにクッキーカッターを出して、型を抜いていく! 
大丈夫、大丈夫、テーブルについてないし、クッキーカッターからも簡単にとれてくれます。
天板にクッキーを並べ、再び冷蔵庫へ入れる。ほっ。

そえから窓を閉め、オーブンを入れて再度330度に。
台やクッキーカッター、棒を片付けていよいよ二回戦も山場です。冷蔵庫からクッキーを出し、オーブンに入れた。

今回は間違ってもコンピューターを触ったりしないで、クッキーの状態を目で見届ける事とする。クッキーの端が再び色付いてきたので、焦げる前に出す事にした。その結果、クッキーがオーブンに入っていたのは10分にもならなかったような...

結果は...


一回戦よりはちょっとマシ?! 
と思うのは、私だけ? でも、
お手本との差は雲泥の差。 トホホ

ともあれ、一応、形にはなったので、良しとしましょう。


ヒモをつけてツリーにつけたら、それなりに可愛いじゃあないですか!
ニワトリのクッキーは穴をあけた場所が悪かったようで、
頭の方へ傾いてしまうので、食しました。
もぐもぐ、美味しい〜


今日、性懲りもなく、またクッキーを焼こうと思いたったわけですが、生地の作り方を別のにするか、この生地で練習をするかちょっと悩む。 で、インターネットで調べモノをしていてスゴい事を発見してしまった。

今回のクッキーを作るのに、最初は言われた通り、ちゃんと計量してレシピの通りに作ろうとがんばったんだけど、日本のレシピは内容が重さ(グラム)で書いてあった。で、私は実はスケールを持っていない。カナダやアメリカのレシピだとカップで表記されている事が多いので、計量器がなくても全然問題なかったのです。

そこで、例えば薄力粉170グラム...とか書いてあると、大体カップが250ccだから、1と3分の1カップくらいかなぁ〜って、計算したわけですが、 この便利なサイトによると、200ccの小麦粉100グラムですって!!! て、事は私のクッキーのたね、小麦粉がいわれていたレシピの半分くらいしか使ってなかったような!!!

小麦粉が倍、入っていたら、手にもあんなにくっつかなかったかもしれないし、見た感じももうちょっと違ったかも??? うううう〜、クッキー作り奥が深い!

クリスマスまであと一週間ないね。 あああ〜、まだプレゼントのショッピング終わってないんだけど、寒くて家を出たくないの〜。