アメリカへ!

まったりとニードルポイントをしている私の元へメリッサより電話。『アメリカから取り寄せたブーツが国境の所まで来ているので取りに行くんだけど、一緒に行かない??』とのお誘いでした。

アメリカとカナダ、似ているようでかなり違う。
アメリカの良い所の一つ(?)に、モノが安い!と、言う事がある。同じ商品でも、値段がべらぼうに違う事、良くあるのです。 もちろんアメリカの方が安い。去年の春頃、カナダドルがアメリカドルよりちょこっと高くなった時なんか、もう皆さんせっせと国境を越えてお買物に行ったものでした。

現在1USドルが1.20カナダドルくらい。それでもモノによってはまだまだう〜んとアメリカの方が安かったりするわけです。

インターネットなんかで頼むメールオーダーの商品は、カナダからアメリカに渡ってすぐのポイントロバーツと呼ばれる村(?)の私設ポストオフィスに届いて、そこのオフィスは若干の手数料がかかるものの荷物を預かっていてくれる。と、言うわけで、メリッサと二人、パスポートを握りしめ、アメリカ、ポイントロバーツまでお出かけしてきました! と書くと大層な事のような感じですが、なんて事はない、車で片道40分くらいのドライブです。

メリッサも強烈な風邪から治りかけの状態で、運転席と助手席の間にはティッシュの箱。鼻声の濁声でガールズトークに花を咲かせて行ってまいりました。

家の近くでは気がつかなかったのですが、
途中から結構霧が深くなってきました。

そしてこれがアメリカだ!!

アメリカ大陸地理情報館によると、 19世紀半ば西部開拓の進行に伴い、アメリカと英国(当時カナダは英国領だった)の両国で国境を画定する必要が生じ、アメリカ側は、従来、ロッキー山脈以東で確定していた、北緯49度線を延 長する形で国境が設定されるべきだと主張してきたそうですが、そうするとイギリスの拠点ビクトリアのあるバンクーバー島を二分し、しかもビクトリアがアメリカ領にな るということで、イギリスには受け入れがたいものでした。イギリスは妥協として、「大陸部分では北緯49度を国境とするが、バンクーバー島はイギリス領と する」との案を提示し、結果的に合意に達しそうです。ただしこのように国境線を引くと、ポイントロバーツが飛び地になるという点については、どうやらまともに検討されてはいなかったようで、アメリカ大陸地理情報館の地図を見ていただくと分かりやすいのですが、ポイントロバーツはアメリカから切り離された飛島のような形になっています。

で、ホント小さくて何もないけど、Fedexとか、メリッサが利用したような小さなメール/小包サービスのオフィス、それからガソリンスタンドなんかがあって、あとヨットハーバーや公園がある、不思議な様子の村となっています。

国境を抜け、荷物を受け取り、国境に戻り、その時間15分くらい(爆)のアメリカ滞在でございました。



ニードルポイント


霧雨のそぼ降るバンクーバー、家の中にこもってニードルポイントをしていました。

ニードルポイント、目の粗いキャンバス地の一目一目をタペストリー用の刺繍糸や毛糸で埋めていきます。刺繍やクロスステッチとチョッと違うのは、デザインだけでなく、全てをステッチで覆って行きます。 もちろんキャンバス地の目地が細かい方が大変で、作品によっては仕上がりが絵画のよう! 英国の伝統工芸になっているとか...

私がやっているのはもちろん、ゆるゆる北米バージョン! キャンバス地と言うよりも、もっとガバっと目のゆるいネットのようなものに、ニードルポイント用の毛糸で刺していきます。

実は幾何学模様によわい私〜。
綺麗な模様を見るとついつい魅せられてしまう。

その結果、例えばトルコの宮廷に観光に行った時は、建物云々の写真と一緒に壁の一部のタイルの所....とか、スペインのガウディーさんちに行っ た時も、床の模様...とか、私の旅行の写真には幾何学模様コレクションいっぱいある。 で、いつかそれを方眼紙に起こして、ニードルポイントしようなん て壮大な夢に取り憑かれる...。

現実は...と、言えば、これはなんかのニードルポイントの本にあった簡単パターンの暇つぶし用縮小プロジェクト。

こういう何のためにもならないような事をしてえ!って小言を言ってくれる友達もいるのよ。全くもって、その通り。

でも霧雨のそぼ降る、昼までもどんよりと暗い昨日とかおととい、紅茶をすすりながら、チクチク...気分にピッタリでした。

穏やかな日曜日


今日のお天気は曇り。気温は6度。静かな午後です。
坊ちゃんはいつもの指定席でお昼寝中。

私は掃除機をかけて、紅茶をすすりながらたまっていた雑誌の切り抜きの整理をしたり、やろうと思ってそのままになっていた繕い物をしたり。

先週1週間苦しい思いをした風邪がどうやら峠を越したようで、今朝起きたら両方の鼻で息が出来るようになっていて、すご〜く健康になった気分。単純

坊ちゃん、もう午後の3時だよ。
そろそろ午後の散歩に行こうか。

ううっ


朝。起きた時はほんの少しだけの小雨。
でも良いんです、雨ですから。
チェスターにセーターを着せて散歩に出かける。
足元の雪がほとんど消え、氷/もしくは濡れた歩道となった今、坊ちゃんも幸せそうです。
そこら中が冷たい冷たいスラーピー状態の時はチェスターも具合が悪くなり、辛かったです。

雨っていいもんです。

で、小雨はいささか雨脚が早くなり、普通の雨となった....。

雲が厚くなって来たのか、何となく暗くなり、何となく温度も下がったような。

で、ふと外を見ると、なんだか、えええ、みぞれ?? 
いえいえ、違うんです、そういえば『氷雨』って言葉があったよなあ。
あれは氷の雨だから、雨には違いないのよね。と、納得しようと努力。

で、家の中で色々してて、ふと外を見ると、
白いものが....
いえいえ、違うんです、これはみぞれねっと納得しようと努力。

心配になって雨の中チェスターと午後の散歩に出ようとするも、坊ちゃんは全くもって気分ではないらしく、家の前でおしっこだけして全速力で家にダッシュ。

そりゃそうよね。

その上、坊ちゃんは危機感を感じたのか大家さん宅へ行ってしまったので、私は雪になる前に坊ちゃんの夕飯のチキンを買いに出かける事にする。最悪の場合、家にしばらくこもれるよう、その他にも色々とお買い出し。

殺意迫る車の流れや、人々の刺々しい雰囲気から、やっぱり外は雪なんだよなぁ〜とおもってレジに並ぶと、私の前にいたおばちゃんが、明るいオメメをくりくりさせて「良かったらお先にドオゾ、私、たくさんあるからぁ〜」ですって!

彼女の思いやりの深さに感謝しつつ、お申し出は丁重にお断りし、順番が回ってくるまでのわずかな時間、彼女と二言三言、おしゃべりをした。

彼女のおかげで帰りの道はホンワカした気分だった。




窓の外を見ると、ううっ、なんか屋根に積もりはじめてる??

スタバでフランス語レッスン


時間つぶしにスタバに入った。

カナダの公用語は英語とフランス語。私が暮らすバンクーバーは英語圏の地域なのでフランス語が話せない人が主ですが、パッケージとか注意書きとか色々な文書は2カ国語で表示しないといけないことになっている。

ぼぉぉぉ〜〜〜っ。

Do something good every day... (なにか良い事を毎日しましょう)

Une bonne action chaque jour...

Une.. 1だな。

bonne.. 良い

action.. アクションね

jour... は日だから、となると

chaque.. は every ってことね。

続いてもういっちょ。

Caution (警告)は attention

Very Hot は Très Chaud...

本日のフランス語レッスンでございました。

CTスキャンと春の小川



今日はVGH( Vancouver General Hospital) で待ちに待ったCTスキャンをやってもらう日です。社会福祉大国カナダ、医療保険も充実しているので、申し訳ないことに検査も手術もタダなんですけど、待ち時間が無茶苦茶長い!  重篤な病気が判明していると、システムにのっとって、もっとスピーディーに事が進むのですが、その病名が分からないと、恐ろしく悠長な各駅停車のベルトコンベヤーに乗せられているみたいで、もし悪い病気だったら手遅れになるんじゃないか心配になるし、実際、お医者さんに「大丈夫、大丈夫」なんて言われて症状を放置し手遅れになって、この世に私たちと一緒に居なくなってしまった人が多いのも事実! 恐いね。

で、私のCTスキャン、1月8日朝8時!う〜ん、末広がりで縁起がいいような気もするけど、朝の8時って結構早いよね。で、早起きして出かけました。

7時半頃家を出たんだけど、まだ日の出前。外、暗っ。

CTスキャンとかMRIがあるセクションの入り口に、こんなガラスのオブジェがありました。

Mary Filer さんのラミネートガラスの彫刻と
Marcs Sabathil さんの鋼鉄の土台による、
Triptych (トリプティク、三連祭壇彫刻)
という名づけられた作品です。
作者から寄贈されたとありました。

悲しいかなVGHには色々な理由で来る機会があるわけですが、病院内には色々な芸術作品が飾ってあって心を和ませてくれます。 寄贈して下さった方々に感謝だね〜。

で、CTスキャンのみを行うセクションで受付を済ませ、普通ならばここから結構待たされるんだけど、まだ朝も早いからか、全てが予定通りに運んでいるようで、すぐに呼ばれ、すぐに着替えをして、アッと言う間に通されて、ものの数分でスキャンも終わり、驚くような早さで帰宅の途につきました。 病院を出て、こういう光景を目にしました。

バンクーバーのいたるところにこの一ヶ月の雪の残りがまだまだ積もっています。場所によってはその雪が溶け出し、雪解け水が綺麗な小川を作っていますぅ〜 透き通った透明な水はとてもきれいで、気分はどこかの森の中...北国の田舎だな、に、いる気分。

はーあーるーのー、おーがーわーは、さーらーさーらーい、く、よぉ〜。

日本語の歌って良いものです。

雪が溶けて川になって流れて行きますぅ〜

いいなぁ。

小川のせせらぎ。
せせらぎ...日本語ってきれいよね。

ホント、もうすぐ春ですね。そんな事思った今朝のお話しでした。

そうそう、忘れていた。一番上の写真がCTスキャンの機械なんだけど、私の頭の中では巨大な機械の中に入って行く...と思っていたし、友達が彼のお母さんは閉所恐怖症だから、嫌がって困ったなんて言っていたけど、なんのなんの、最近の機械はこんなにかる〜くなってました。 性能は一緒、もしくはもっと高性能になっているんだろうけど、重々しさに欠けるなんて思ってるの、私だけ???

雨っていいね!

今朝の気温3度。外は雨です。窓から見える景色が、昨日までは白かったのに今朝は緑、ちょっと嬉しい。

早朝のチェスターの散歩。フラパチーノ状態のところ、多し。それに圧縮された湿った雪は滑りやすくちょっと歩くのが大変、それでもふりそそぐ雨が、ほんの少しづつ雪を消して行ってくれているような気がして、なんだかウキウキする。

雪が溶けたら春が待っていてくれているような気がするって、かなり都合がいい??

明日から又、太極拳のクラスが始まり、今週はCTスキャンがあり...来週は楽しい予定がいくつか入っていて楽しみ!

今夜もドカ雪です!!



今夜もドカ雪です。我家の前は幹線道路の一つとは言え、なだらかな坂道になっているので、時折、車がその坂をのぼれずに、タイヤが空回りする激しい音が聞こえ、その度に渋滞しているみたい。スノータイヤを履く、チェーンを巻く、ルートを変更する、もしくは運転しない。色々な対処法があるような気がするのですが、イヤイヤイヤ大変です。

上の写真は昨日のお昼撮った写真です。気温があたたかかったからちょっとぼたん雪。今日の日中は雪は止んでたんだけど、突然降り出した今夜の雪はもっと細かい。ライトに照らされて舞う雪はまるで夜のヒットスタジオぉ〜、古いね。 けど、湿度があるように感じます。 明日、朝からダウンタウンに行くんだけど、大丈夫かなぁ〜。

坊ちゃんは雪は大丈夫だったり、ダメだったり...思うに、

積雪2センチ以下ならOK。それ以上は嫌い。
踏み固められている、もしくは凍っているのは良いけれども、2センチ以上の雪、および溶けかけのフラパチーノ状態は嫌い。と、言うことみたいです。

と、いうことで、夕方、雪が降り出した時、風もあってかなり激しかったんだけど、チェスターを連れて散歩に出た。 雪がこの調子だったら、2センチ以上になって、寝る前の散歩はきっと家の前だけで終わりそうだったから...

行きは抱えて、彼の好きな大きな樹々の下へ行く。うう、遭難しそう...
彼を地面におろすと、全然平気! 匂いを嗅いだり、寄り道したり、全くもって楽しそうだけど、気がつくと彼の上にも雪がつもり、まるで真っ白いワンちゃんじゃあないですか! それでもテケテケ歩く彼の姿が、一瞬たのもしい、救助犬に見えた夕方の散歩でした。

我家の2センチ未満の雪ならOKの救助犬!
肉襦袢が効いているようです。




明けましておめでとうございます!

明けまして、おめでとうございます。

去年は秋から体調を崩して、私らしくない一年になってしまったけど、皆のおかげでとても良い一年でした。Link

今年の抱負、まず健康だね。で、あと100くらいあるんだけど、それは私の胸にしまっておこう。

昨夜は正統派『和』の大晦日で紅白&ゆく年くる年プラスごちそうをいただき、今日はカナディアンの友達宅で七面鳥、スタフィング、お魚料理、インド料理も入った超カナダ的なディナーだった。大好きな人たちと一緒に幸せなひと時を過ごさせていただいたけど、食べ過ぎ!
チェスターが日記に少し書いてますので、英語ですけどよかったらご覧下さいませぇ。

新年、ちょっと仕切り直しね、明日からまずデトックスです。

ともあれ、今年もどうぞよろしく!