初恋の人からの手紙!

じゅり、元気?
今でも男のスーツ姿に執着していますか?スーツ男の雰囲気に騙されたりしていないか気になります。
ええええ〜!!!


じゅりが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、もう18年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。
そうだったっけ??

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。
学校の前って、小学校?? 中学/高校は女子校だよ。
スーツ姿に執着していた小学生ってスゴくない?? 


あのころの付き合いを思い返してみると、かなり自分だけが空回りしていたなぁと思います。じゅりのほうがだいたいいつも余裕があって、電話できなかったり 会えなかったりすると、なんだかんだとおれのほうが不機嫌になっていたなぁと。「好きな人ができたら言ってね」と言うじゅりの余裕が、やけに自分には痛 かったものです。というか別れるのを推奨されていたような…。
って、好きなヒトできたら、言われる前に分かっちゃうでしょ。
そして言われる前に死刑です。

あ、そういえばじゅりからしてみれば、おれは初恋の相手なのかな?付き合った当初はやけにじゅりが不安げだったのをよく覚えています。「手はつないだほうがいいの?」「週に何回会えばいいの?」って、正直うるさい(笑)
はぁ〜???

付き合い始めのころ、じゅりは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。
きゃっ! 私、可愛いところあるじゃん。そんな事言ったっけ??

全体的に言えば、おれはじゅりと付き合えてよかったと思っています。だいぶ自由人なじゅりに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました。
あああ、疲れさせちゃった? ごめんねぇ〜

いろいろ書いたけど、おれはじゅりが大好きでした。これからもじゅりらしさを大切に、それとそろそろ彼氏の財布からお金盗むのはやめて(笑)、これからもっと幸せになってください。
わたしお金盗んだ事ないよぉ〜。
でも、ありがとう。私らしさを大切に。うん、もっと幸せになる!

またいつか会いましょう。では。
いつかね。

P.S. 「将来いい女になるからお買い得だよ」と言っていましたね。どうなりましたか?
自分の目で確かめに来たら??



********************


いやいやいや、楽しませていただきました。
ミクシイのお友達のAHAB(エイハブ)さんが紹介していらっしゃったので、私もついついやってみました。

下記のリンク先にある、簡単な質問に答えると、その結果を元に初恋の人からのお手紙が届くのです〜。

http://letter.hanihoh.com/q/

で、その質問を元に回答者についての分析もしてくれて、私の分析結果は...
あ〜、はずかしいので、省略させていただくけれど、私にありそうな問題点!!

*******************

ここから言える、じゅりさんにありそうな問題点を列挙します。

◆なぜか「人の気持ちを考えない男性」を引き寄せやすく、振り回されやすい。
◆自分の課題は「強くなりしっかりすること」だと誤解している。
◆別れるたびに次の恋愛に恐怖し、強さを自分に求め、素直さを失っていく。

****************

これを読んでいる私のことをすご〜くよく知っているあなたたちにはお見通しだと思うけど、超ハズレな部分もあるものの、鋭く的をえている部分もあるよねぇ〜。

ちょっと、思うことありました。

ともあれ、あなたも初恋の人からのお手紙、いかが??

ちなみに私の初恋は、幼稚園の年少組3歳の時!
相手は原口君。原口君をめぐって、外の遊び場でもとこちゃんとケンカをした。
もとこちゃんは、ごめんなさいとして、歯磨き粉の箱をくれた。
その年のクリスマスのお遊戯で、我がクラスは『桃太郎』のお芝居をして、原口君は桃太郎、もとこちゃんはキジ、私はおばあさん役でした。

ちなみに私のおばあさん役は桃太郎よりも鬼さんよりも元気が良かったと好評で、次の年のクリスマスのお遊戯会では
人魚姫をやらせていただき、王子様はあとべ君だった! 原口君は年少さんが終わる頃に転校しちゃったのよ、わたしともとこちゃんを残して...