シッポ切断

いえ、チェスターのではなく、私のです。

仕事の決断、くだしてきました。
私がくださないといけない決断は右腕を切り落とすか、左腕を切り落とすか...なんて言っていたけれど、フン、実際のところは現在の仕事ごときにそんなダメージを与えられてたまりますか!ということで、こんなモン、シッポよ、シッポ! しかも、犬のシッポでも、猫のシッポでもなく、私のシッポはカベチョロ(とかげ)のシッポよ!また生えてくるんだから、めちゃくちゃ生命力強いんだから!と、鼻息も荒い。

私のシッポは又、生えてくるのだ!オー!