つめのお手入れしてきました!


先日『鳩』を食べたテーブルで爪の話しになった。『爪』っていうよりも、ネールですね。テーブルには私の他に女子が2人。 一人はゴージャスなデコラティブなピンクのネール、もう一人はオレンジがかったパール系のマニキュアをきれいに塗っていらっしゃいました。

私は...何もナシ。

その上、オテテが乾燥気味...。

その上、チェスターの散歩の度に前庭を通過する時雑草を10本くらい素手でひっこぬくので、人差し指の親指側側面は皮膚がザラザラな上に厚くなっていて、とても彼女たちと同じ女の手じゃあないよねぇ〜、な、ルックス(涙)自業自得だろ

オレンジがかったパール系の彼女は私の横に座っていらっしゃったんだけど、彼女は18歳くらいの頃からず〜っとマニキュアをしているらっしゃるとのこと。

フェイシャルとかもいいけれど、手はいつも視野にあるから、見ていてきれいな気持になるし、そうすると脳が美人信号を出すのよぉ〜とは彼女の言葉。 言われてみると20代の頃の私はいつもマニキュアをしていた。恋をしているときもそう、人前に立つ事が多い仕事の時もそう。 そうするとやっぱり、女子力向上シグナルが体の奥の方から発せられてて、実際私の女子力も今までより高かったような記憶が...あああ、反省

自分の今の手を見てみると、クリームを少々つけたくらいでは何の効果も現れそうにないくらいすごい!  汚い手々にマニキュアをしても更に汚くみえそうだったので、心改め昨日はネイルサロンへ出かけてきました。パチパチパチパチ

マヤちゃんという女の子に、手をいじってもらってキューティクルのお手入れをしてもらい、腕のマッサージを受け、それだけで女子力向上な気分です。 で、実際、自分の手が人間らしく蘇るのを見るのは気持がいい〜

どうせ人にしていただくのなら自分では上手にできないフレンチにしてもらおう、と言う事で、今回はパールピンクでフレンチマニキュアにしました。後々、タッチアップが出来るよう、使ったO.P.I のパールピンクのマニキュアもお買い上げしました。

私のお友達は、食器を洗ったり掃除をしたり、庭仕事をする時、パパッとゴム手袋をはめる子が多いんだけど、私は今まで大掛かりな庭仕事以外はほぼ素手でやっていました。美しくなった手々をみつめて反省、私もこれからゴム手袋をする子になろう〜

ホント彼女が言っていた通り、手先がかわゆいと女の子気分いっぱいです。

バンクバーのみならず、北米のネイルサロンはなぜかベトナム系の女性が多く、しょうもない売り上げ向上トークとそのためのヘタなお世辞トーク&ラブトークが多いんだけど、マヤちゃんは控えめもの静かで好印象でした。 機会を作ってまたお邪魔したいと思いました。