ファーマーズマーケット

昨日は、ご近所のサンディーとファーマーズマーケットへ出かけてきました。

私がいつも行くマーケットはトラウトレイクという公園で土曜日の朝から開かれているマーケットですが、同じマーケット運営団体がやっているマーケットが水曜日は午後3時からバンクーバーのダウンタウンから東よりのカナダ横断鉄道の西の始発駅となるターミナル(駅)の前の公園であっています。ちなみに水曜日のマーケット、以前は別の場所で開かれていたので、新しい試みです。

ラズベリーやストロベリーの収穫が始まったようです。あと、温室栽培でしょうか、プチトマトも色々な種類が並びはじめてました。

おもしろいところではヒマワリの発芽した芽を売っている人がいました。あとはパンやパイといった焼いたもの、蜂蜜、ハーブやレタス類、乾燥林檎、などなど。

そして今回私の目をひいたのが、こちら
アンさんが売っていたpeony、シャクヤクです。
一束500円、3つで1000円。

ピンクの花束は人を嬉しくする魔法を持っていて、
仕事帰りに立ち寄ったと思われる写真の彼女たちをはじめ、
多くの人が買っていた様子...。
彼女たちの写真のブログへの掲載は許可をいただいてま〜す。
ちなみに後ろのお兄さんは、チーズを売っています〜。

私とチェスターももちろんお買い上げぇ〜。
日頃チェスターがお世話になっている
大家さんへのお土産です。

マーケットの片隅で、UBC (ブリティッシュコロンビア大学)の自転車同好会の生徒さんたちが無料で自転車のチューニングを行っていました〜。彼らはその他にも要らない自転車を寄付してもらってそれを修理して、自転車を必要としている人たちへ寄付したり、マーケットがある日は野菜なんかをたくさん買った人のために、配達サービスも行っています。

配達はもちろん自転車で〜!こういう変形リヤカーや

こういう変形自転車で運んでくれるのだ!

しか〜し! 失望を隠せない私とサンディー。 なんと今回はクレープおじさんが来ていませんでした。

詳しくは昨年のファーマーズマーケット
ファーマーズマーケット第2弾をお読み下さいませ。

今度いつ彼らに会えるのだろう??? 恋い焦がれている私です。

それにしても、いちごがファーマーズマーケットに並び始めたということは、もうそろそろいちご狩りのシーズンだ! 時間あるかなぁ? 今年はいちご狩りして苺ジャムを大量に作りたいと狙っているのです!

夏のバンクーバーは楽しい〜