オカナガンワイン紀行、最初の夜のディナー

ここ数年、オカナガンワイン旅行の時のディナーは宿泊先のモーテルのBBQグリルを使ってのBBQと決まっている。 グルメシェフのメリッサがそのため数日分のディナーの食材を仕込んできてくれるのだ。

今回の旅の最初の夜のディナーはラムと、オカナガンの野菜たちです〜。

野菜を買うとき駄々をこねて、メリッサは翌日のディナーに使う予定の食材だからと渋ってましたが、私はとうもろこしも焼いてもらいましたぁ。やったー!子供だねぇ(笑)

飲み物は、シルバーセージの Sage Grand Reserve キンキンに冷えてて美味しいねぇ〜。
シルバーセージワイナリーを訪問した時の日記はここをクリック!

とうもろこしをBBQグリルで料理する時は、焼く前に蒸したり茹でたりしないで、皮ごとグリルにのせます。そうすると皮の中でとうもろこしの黄色い実が蒸し焼きになるのです。しかもとうもろこし本来の風味を逃がさず、ぎゅっと封じ込めるので美味しい気が。どうぞお試しあれ!
そして出来上がりのディナーの図。そうそう、夕方ディナーの準備を始める前、私たちはペンティクトンのしがないお店で、それぞれ安物のワイングラスを買った。私は気に入ったのが見つからず、妥協に妥協をかさね、細身のステムグラス。写真の左に写っている足のない、丸みを帯びたグラスがメリッサのグラス、タニスのグラスはここには写っていないけど、まあ、楽しい思い出の一コマです。

それにしても熱い(決して暑いではない!)一日でした。夕食が終わる頃、太陽も沈んでホッとしたけど、それでもまだ熱をはらんだ空気に私たちはクーラーが効いた部屋へ戻り、その夜はみんな早寝&爆睡でした。