Shima-Ya Sushi


数週間前のこと、お酒の席でおいしいお寿司の話しになり、その時、私が敬愛しているダブルK氏の口から上がったお寿司屋さんが、昨夜、私が訪れたお寿司屋さん、名前は『Shima-Ya 寿司』です。 場所はダウンタウンから離れたビクトリアと41stの辺り、外から見た感じはテイクアウトのSUSHI~ みたいな感じなんだけれど、侮るなかれ、これがスゴく美味しいんだと両氏、力説されます。

オーナーシェフの福島さんはこの道何十年なんだろう?? この数十年でバンクーバーで有名なお寿司屋さんを数件経て最後は千代田に10ウン年お寿司を握っていらっしゃったのだそうです。お店の名前の『しま屋』さんは、福島さんの島からきています〜。

美味しいから言ってみるよう言われて、スケジュール調整、それに伴いメンバーの入れ替え等等、調整に調整を重ね、出かけたメンバーは鳩姐さま、鳩兄さま、エビちゃん、そして私の4人! 私たちは鳩姐さまの『雨天決行』の言葉のもと、何があっても実行しようと、並々ならぬ決心を胸に昨日を迎えました。

昨日のお食事会にどうしても参加できず、先週、先発隊で一人乗り込んだA氏、そして飲食店プロデュースのプロエビちゃんのアドバイスをもとにカウンター席を予約!

最初に到着したのは私、そしてエビちゃんがやってきました。

鳩姐さま、鳩兄さまはお仕事の都合上、どうしても遅れてしまうと前もって連絡をいただいていたんだけど、お電話が入り、仕事で更に遅れると言うことで、エビちゃんと二人ではじめることに。

最初にいただいたのが、これ。
真ん中のなんでしたっけ??地元で獲れた..ナントカ。
尋ねなおしたくせに、やっぱり覚えていない。メモ獲らなきゃダメねぇー。
一口食べて大感激!おいしいー! 
シャリも小さめで日本のお寿司ですヨォ。
両端は中トロっておっしゃってたけど、これもステキなお味。

一口食べて美味しくて、喋れない口で(だってお寿司が口の中はいっているでしょぉ)叫んで、エビちゃんに笑われました。あはは(汗) 
でも、期待通り劇的な幕開けです。 

〆鯖もおいしかった。 

上の昆布の薄皮が日本チック〜。〆鯖は私の子供の頃の好物の一つ。しかも酢が利いてて滅茶苦茶酸っぱいのが好きだった。Shima-Ya さんのはそんなに酸っぱくないけど、鯖独特の美味しさがいいねぇー。

そうこうしていると鳩姐さま、鳩兄様の登場〜!パチパチパチ お仕事が忙しいのにドタキャンにもせず、やってきて下さった二人、嬉しー! 

一足遅れで、最初のお寿司を頬張る鳩姐さまのまあ幸せそうなこと!

甘エビ! 鳩兄さま、なんて言って表現されましたっけ?
 ドロドロ??
クリーミーな感じで美味しかった〜。他にもイカも食べたし、巻物を少々...

これはその一つ、ドラゴン巻きぃ〜。
確かに上のアボカドがドラゴンのウロコ風。

中はウナギで、かかっているタレもウナギのタレかな?。これは私の想像の範疇を越えた味でした。ウナギもアボカドも大好きなんだけど、ウナギの味とアボカドの味の混ざり具合が、果たしてこれはこれで良いものか? もしかしたらものすごく美味しくクセになる味かもしれないけど、もしかしたらバラバラのまま食べれた方が嬉しいのかもしれないかも。 〜??? と自分に問いかけてみたり。

Shima-Ya さんは、日曜日/月曜日が定休日ということで、普段は火曜日に新鮮ネタが入ることがきっと多いんでしょうけれども、今回は明日、(つまり今日のことね)ネタを配達しますと業者さんから連絡があったということで、昨夜は残念ながら軍艦巻きになるようなウニとかイクラちゃんはじめ、いくつかの食材が品切れでした。(涙) 

今回スケジュールが合わなかったけど、私も行きたい〜!って叫んでたそこのあなた!ふふふ、次回はネタが確実に入っているように水曜日に行きましょう。楽しみにしています。

Shima-Ya Sushi
5589 Victoria Drive
Vancouver, BC V5P 3W2, Canada
(604) 322-4649