JUDY子の嵐ツアー、その1

ここは何処? 

ここはバンクーバー国際空港の国際線の出発エリア。これはバンクーバー近海の海の模様を模した水槽。巨大なイソギンチャクがゆらゆら揺れています〜。

1ヶ月ほぼ休み無しのハードスケジュールをこなし、8月25日(火曜日)私はいよいよ東京への向かうことになったのでした。あの時の清々しい気持!やっぱり派手に仕事をしたあとのご褒美は甘美なもの。自分を誉めてあげるためにも今回はビジネスクラスでの旅にしました。

機内に入ると早速シャンペンのサービス。写真を撮ることも忘れて颯爽と(?)飲み干す! イエイエ、一杯飲み屋ではありませんが、あっ!と気がついたらグラスが空になっていた。

その上、制服姿で甲斐甲斐しく働くCA(日本語英語でいう所のキャビンアテンダント、英語でいう所のFA(フライトアテンダント)もしくは日本語でいう所の客室乗務員にナント、Yが居るではありませんか! 彼女の制服姿は以前、見たことがありますが、働いている姿を見たのは今回がはじめて。遊びの時とは全く違う顔(当たり前だけど..)楚々としてとっても美人さんで、ホォ〜っと感心のため息。

ちょっと挨拶して、いよいよテイクオフです。 エアカナダのバンクーバー/成田便はボーイングの777を使っています。最近の機種でビジネスクラスは個々のシートごとに分かれたポッド式になっています。

エアカナダのボーイング777の詳細を見るにはここをクリック。

さてさて、機上の人となり、飛行機も水平飛行に入り、最初のお飲物サービスも始まり、お気に入りのボンベイサファイアのジン&トニックをすすりながら、私は『歌詞のおさらい』です! (爆)

そうこうするうちにお食事のサービスがはじまりました。メニューを持って帰って来るつもりで忘れてしまいましたが、日本へのフライトでは懐石料理とあと洋食メニューが2種類あります。

私はアペタイザーにスモークサーモン。

そしてメインには地元産のホタテ貝の料理とリゾットにしました。これでもかっ!て言うほどホタテがゴロゴロ入っています。味はまあまあカナ? ちょっとホタテに火が通り過ぎて堅いような...でもまあ、美味しぅございました。

ディナーの後にはチーズとポートです。私は白ワインのテイスティング...でポートはパスしました。チーズは私としてはもっとく〜さいのが好きだけど、機内じゃねぇ...汗

デザートはアイスクリーム。そうこうするうちに頭も朦朧とし始め、まっすぐに伸びるほぼベット状態の座席に横たわり、心地良い眠りに落ちたのでした。