JUDY子の嵐ツアー、その2

ジェット気流の影響等により、私のフライトは予定時刻よりも少し遅れて到着した。この少し遅れて...と言うのはくせもので、そのため、私たちが入国検査の窓口に到達する頃には少し前にアメリカから到着したフライトの人たちの長蛇の列が出来上がっていた。 もちろん日本国籍の人たちの検査を重点的に最初行うので、私も含む外人さんの列はものすごく時間がかかった。

それから荷物をピックアップして、税関へ...。実はこの時、私の手荷物の中には機内で食べようと思っていたブルーベリーが入っていた。結局食べなかったので、機内に捨ててこようと思ったんだけれども、ダメで元々、係の人に訊くだけ訊いてみようと持っておりた。

幸運にも検疫の窓口には誰も居なかったので、恐る恐る尋ねてみると...ブルーベリーは日本への持ち込み(2009年8月現在)OKなんですって! ちなみにサクランボとか桃はダメで柑橘系はOKだったような...。それで、検疫オッケーのハンコが押してあるシールを貼っていただき無事日本へ入国とあいなりました。

それから先ず、携帯電話のピックアップへ! やっぱり携帯があると便利です。以前は日本の携帯も持っていたんだけど、なかなか日本へ行く機会が無いので、それは解約してもらい、今ではネットで予約を入れて、成田でピックアップすることにしています。

それからリムジンバス乗り場へ行って、バスを待ちながら、あきちゃん♥へお電話。彼女とは10年来の友だちで、人生の山越え谷越え、お互いに遠くから見守る形で今に至っています。仕事で一緒に頑張ったこと、笑ったこと、泣いたこと、喜んだこと、すべて貴重な財産! しかも彼女は私がかなり鋭かった時も、ヘロヘロになっている姿も見たことがある。

嵐もいいけど、彼女と時間を過ごせることもすご〜く楽しみにしていた。

彼女の家でお化粧直しをさせてもらって、日本での最初の食事に訪れたのは...、

ちゃんこのふじ井さんです〜。

つきだしの魚の煮たのとビールで乾杯!

ここは元寺尾関とゆかりのお店ということで、寺尾関が使っていたつづらとか、その他相撲グッズが飾ってあり、清潔な日本のたたずまい。お店の空気=超日本で、雰囲気が私の『日本へ来たゾ!』な気分を盛り上げてくれます。

ちゃんこの前にまあ、これを一口!と言うことであきちゃんが注文してくれたのは納豆! 納豆に新鮮な魚やホタテを小さく切ったのが入っています。

これをグルグル混ぜてぇ

厚手の焼き海苔で円錐形の筒を作って
そこに入れていただきます。

おいしぃぃ〜!

そしてこちらは白身魚の天ぷらを抹茶のお塩...こういうの、なんて呼ぶんでしたっけ?にちょっとつけていただきます。サクッ&ふわっ、で、こちらも美味しい食感です。

そうこうするうちにお鍋が届きました。ここのちゃんこは透き通ったお出汁で、そこにお店の方が火の通り具合を考慮してパラパラと順序よく具を入れて下さいます。

ほぉ〜っと優しいお味。で体の疲れと時差ボケがじわ〜っと溶けてくれる感じ。あきちゃんも世界中を飛び歩いて仕事をしているからか、きっと私の現状をスゴーく分かってくれてのちゃんこだったと思うんだけど、ホント美味しかった。

今、この日記をバンクーバーで書いているんだけど、今夜のバンクーバーは少し肌寒く、なんだか無性にお鍋が食べたいなぁ。

ともあれ、あきちゃん、あなたのホスピタリティーに感謝です〜。

いよいよ、次の日からは怒濤の嵐に突入!!!