JUDY子の嵐ツアー、その8



へとへとになって109を後にした私は、あきちゃんとの待ち合わせまで渋谷の駅前の大きな交差点に面したスタバで過ごすことにした。

オーダー時のすったもんだを解消するためなんだろう、カウンターの列に並んでいる時に、スタッフの人がオーダーを取ってそれをカウンターに伝えていた。 カナダだとカップのサイズも色々あるけど、日本の場合トールサイズが主なのかな、サイズは基本トールサイズのようで聞かれなかったけど、トールサイズが出て来た。

2階にあがって大きな窓に面したカウンター席に座って四方山の景色...つまりは交差点を行き交う何百、何千と言う人の流れを見ていた。 あれだけの人の流れになると、まるで暖炉の炎を見つめるような、海の波をみつめるような不思議な感覚がして、結構好き♡。

そうこうするとあきちゃんがやって来て、詳しくは話せないけれど、私たちは今回の旅の一番のキーパーソンンとなって下さったSさんとディナー&ビアのお約束です。場所は渋谷のアイリッシュパブ...Fがつくお店...。う〜んなんだっけ?

あきちゃんとSさんのビジネス話しもおかしく、Sさんとは初対面とは思えないほどまったりガールズトークな夜彼女たちと過ごさせていただきました。 人間の周波数というか、波長と言うか、そういうものの相性が私には心地良く、おこがましくありますが、初対面とは知りながらもそういう気がしない、とても素敵ぃ〜なSさんでした。

ここのアイリッシュパブはお料理も良かったんだけど、あはは、話しに夢中になり過ぎて、一番上にある最初に注がれたあきちゃんのビールのグラスの泡の写真と最後に私が飲んだ何処ぞの国のミネラルウォーターのボトルのみという失態! ま、それだけ楽しかったのヨ、っと言うことにさせてね。

あああ、もうすぐご出勤!
続きはまた今度。