感謝祭のディナー

急に寒くなったからか、やはり去年、ドクターが睨んだ通り何らかのアレルギーがあるのか、先週から体調が今ひとつ。 またまた咳がよく出るようになってちょっぴり低空飛行だった先週、先週末カナダはサンクスギビングの連休でした。

早朝から夕方まで、金曜日以外は毎日仕事が入っていたし、日曜日は大切な用事があったので、今年は七面鳥ディナーは食べなくてもいいやっと諦めモード。およばれも辞退させていただいていたんだけれど、月曜日、JUDY子は不死鳥のように蘇った!

なんてことはない、一日サンクスギビングモードでお客様と接していて、どうしてもやっぱりサンクスギビングのディナーが食べたい! パンプキンパイが呼んでいる!! あはっ、つまり、ムラムラと食欲が湧いてきて、夕方4時、オフィスを後にした私は猛ダッシュ車だろでWHOLE FOODS へ飛んで行き、食材を買いあさった。

簡単にいうと、出来合いのロースとチキンとパンプキンパイ、あと野菜などをご購入。同時に大家さんに電話。もしかしたら他にディナーの約束があるかもしれないけれど、もし特別なプランがなかったら簡易サンクスギビングディナーを作るから夕食の準備は任せてくれるようにメッセージを残した。

食材を抱えて家に帰るとチェスターの散歩から戻った大家さんがキラキラしたお目々で私を待ち構えていた。 「メッセージを聞いたから夕食の準備はしてないから」とのこと、そこで大急ぎで即席スタッフィングを作り、野菜を料理し、マッシュポテトを作り、そして私の心の中では主賓の『パンプキンパイ』です!

大家さんから「今年はサンクスギビングのディナーは無しかなぁと思っていたから嬉しい」といわれて、私もなんだか嬉しくなった。 実は去年のサンクスギビングは大家さんと近所のサンディーと一緒に祝った。今年も...と、思わないでもなかったんだけど、なんだか体調も今ひとつだし、疲れているのに無理して料理するのもイヤだし、というと、「わかるわかる」と言ってもらえて、なんだかちょっと癒された。

私はちょっと食べたかっただけだったので、ディナーのほとんどは大家さんに差し上げた。でもパンプキンパイは4分の3私のもの! でも、小さく切ってまだ2分の1が冷凍庫に入っている。 

バンクーバーはいよいよ秋たけなわ!冬近し! そんなこんなの今年のサンクスギビングでありました。