至福の韓国焼肉@Hanwoori Korean Restaurant


昨夜は久しぶりに『特別な仲間』たちとお食事に出かけてきました。このメンツの場合、選ぶレストランの基本は韓国料理です! 『始まりはカムジャッタン』ギャートルズのマンモス級の骨肉がゴロゴロ入ったお鍋を一緒につついて始まった私たちの関係は、旺盛な食欲と世界古代史の話しに植物学、それから芸能裏情報、お笑いに懐メロカラオケ等で結束を堅め、今では私たちが集まると難攻不落の要塞のような趣きをなしています私の心の中の話しよ、見た目はそんなに大きくないです。

一応月一で集まっているんだけど、8月、9月と参加できなかった私は彼等に会うのがホント久しぶりで、すーっごくうれしい&楽しいディナーとなりました。

今回の韓国レストランは、バーナビーにあるHanwoori Korean Restaurant です。バンクーバー近郊の韓国レストランはほぼ全て制覇している(?!)Cちゃんによると、Hanwoori はカルビーとキムチチゲ!だ、そうで、期待に胸が膨らみます。

お店の前の通りが事故なのか封鎖になっていてちょっと戸惑いお店に到着したら予定の時間より少し早く着いたんだけど、皆さんすでにご到着。 予約を入れていたんだけど、「予約ないわよ。」見たいな感じでちょっとトラブったらしい。お姉さんに邪険にされたらしく、フムムム、麗しくない傾向です。

しかし、注文のために我々テーブルに来た彼が一挙に名誉挽回!ものすごーく親切に対応して下さいました。途中、チラッと日本語で話してくれて、ちょっとお喋りをしたらナント5歳頃2年ほど大阪に暮らしていたので日本語をちょっと覚えているのと、最近されに勉強をしたくなって、現在SFU(サイモンフレーザー大学)で日本語のお勉強中なんですって! 

『ナムルもキムチも大根も、ジャガイモを煮たのももっと食べたくなったらそこの呼び鈴をいつでも押してね!』

なんて良い青年でしょう!

さてさて肝心のお料理ですが、カルビー(一番上の写真ね)、大変美味しゅうございました。5人で三人前平らげました。

特筆すべきはキムチ!

辛さ加減といい、
酸っぱさ具合といい、
塩分の加減とその他の風味といい、
お見事でした。

で、美味しいキムチが入っているからか、今回、金賞をあげるとしたらこちらのキムチチゲ!美味しかったぁ〜! コクがあって辛いながらも優しい味で最高でした。 体の芯からポカポカしてきて、私はカーディガンの下は半袖ワンピだったので大丈夫だったけど、汗をダラダラかいていたメンバーも居たし、風邪の治りが悪くて何となく今ひとつだったAちゃんも、残存していた病原菌がスコーンっと全滅したみたいで、「明日は髪がつやつやになっていそう」?!って嬉しそうでした。

それから今回の新人賞...はこちら。
『オジン僕』(爆)

いえいえ、本当にそういう風な名前で、『オジンボク』っと、東北弁風に発音するとちゃんとこの料理が出てきます。 かなり激辛。シーフードと野菜の間にゴロゴロとニンニクの厚切りとハリピーノ唐辛子が入っているかなり危険なお料理でした。

満腹のおなかで『シケ』をいただく。 冷たい生姜湯(?)に、わら半紙の細切れ(みたいなの)をほんのちょっぴりと、松の実が浮いた飲み物で、韓国料理のお店ではよく、食後に出してくれます。ニンニクの香りの体内分解を助けてくれるみたいで、これを飲んでおくと翌日のダメージを押さえることが出来る!とはNちゃんの学説。

そう言う気もするし、優しく美味しいお味なので、ついついおかわりをしたくなる、トドメの飲み物です。

外は雨、それでもおいしい料理を楽しい仲間たちと囲んで、お笑い、モノまね、バカ話しに盛り上がり、心がビヨ〜ンっと寛いだ至福の時間でございました。はぁ〜幸せ!


Hanwoori Korean Restaurant
5740 Imperial St.
Vancouver, BC V5J 1G2
Phone: (604) 439-0815