女の子ランチ@ MIKU Restaurant

なんだか慌ただしい今日この頃、先週、唯一おやすみだった木曜日は、嵐仲間なっちゃんと女の子な昼下がりを満喫してきました〜。

ウインドウショッピングもしたいし、少し早めにダウンタウンへ出て...なんて思っていたのに、まず洋服が決まらない(爆)外は寒いし、雨降ってるし、9月まではなんとか夏のシッポにしがみついていたものの、もう、あきまへん、降参です。 突如として季節は秋です。

で、こういう天気の去年の冬、私はお気に入りの『合皮の』黒いロングブーツをお洒落に、しかしとどのつまり長靴として履いていた! んだけどぉ、糸の縫い目が解けてしまって、廃棄処分となってしまったから(涙)、もうナニ着て、ナニ履いていいか、全く分からない世界で、クローゼットの中で茫然自失。

気がつくといよいよ出かけないと遅刻するゾって時間になって、家を飛び出しました。

外は寒い、暗い、しかも雨、なんか風も出てるいかにもバンクーバーの冬な気配。

なっちゃん、お迎えに行って上げようかなぁ?と携帯を見たら..ええええ〜! なっちゃんの番号、入ってないやん! 大丈夫かなぁ??  

しかも余裕でつくはずが、交通渋滞! その上レストランの近くは大掛かりな映画かテレビの撮影、工事、それ故の駐車禁止が多く、いよいよパニック! 結局、見つけた路駐に車を止めて猛ダッシュでレストランへ駆け込みました。

フロントに傘を預け、番号札をもらい、席に案内してもらいます。途中、メディアの方か、打ち合わせにいらっしゃった方かと立って話しをしていた責任者の一人と目が合いました。 彼とは以前、一回しかお会いしたことがないのに、ちゃんと私の顔を覚えて下さっていたみたいで、目々で挨拶して下さいました。

私はMIKUのお店の空気が大好き。お店に行くまで大変だったけど、お店には入ってから席につくまでの10秒くらいの間に、はぁ〜っと寛いで肩の力が抜けてゆく感じ。 外は雨だったけど、大きな窓からは外の光が入り、店内の内装のせいでホント青空の下にいる気分になったんだヨ。 

MIKU=美しい空ネ。

無事なっちゃんも到着し、携帯の番号を交換し、お借りしていた初回限定版ベストアルバムをお返しし、あと先日S君にいただいた雑誌を貸して上げようと渡していると、なっちゃんもモゾモゾ、なっちゃんはねぇ〜、このお天気なのに雑誌を抱えて来てくれたのヨ。しかも!

ジャ〜ン

嵐の特集『嵐という絆』が載っていたお宝an•an と『ウワサの嵐すっぴん”胸”キュンライフに大接近』のポポロ、そしてなっちゃんの、過去の切り抜きファイルという豪華版です〜♡

そうこうするうちに本日のランチが運ばれてきました。私たちのお目当てはこちら!

MIKU膳でございます〜。

先ず、奥に燦然と輝くのが、私が大好きな炙り寿司! 
MIKUのシグナチャーメニューでもあります。

そして手前の小鉢もの。左から...

天かすののった冷やしそば...ってタヌキっていうんだっけ? タヌキって地方によって内容が違ったような記憶があるので、ここでは単なる天かすがのった冷やしそばとしておきましょう。

チキン南蛮にタルタルソースがかかったの。

ツナになんとかソースがかかったのだけど、
これはなっちゃんにも私にも聞こえなかったし、
解読不明な味なれど、美味しゅうございました。

と、ポン酢ドレッシングのサラダ

ボリューム満点!しかも一品一品のお味が優しいんだけど、きっちり違ってしかもお値段18ドル! 自分でこれだけ美味しいお料理をこれだけの数作るのは一人の食事だとなかなかそういう気にもならず、最高ですぅ。

デザートは...ここにも素敵なデザートがあるんだけど、ランチタイムで混み合って来たし、私の路上駐車もここいら辺りは時間ごとの料金が高く手持ちのコインを全て投入しても1時間45分ぶんにしかならなかったので、別のお店にいく事にしましたぁ。

さてさて私たちが出かけた先は??