Le Faux Bourgeois Bistro

木曜日、みここ嬢とこの初夏双子の女の子のままになるMちゃんと、ご近所フレンチでLe Faux Bourgeois Bistro へ出かけてきました〜。

まず、前菜にいただいたのは手前左の黒いのがマッスル貝のワイン蒸し、

その横、中央にあるのがフレンチフライ、別名フレンチポテト、JUDY子用語だとポテチ。

その右横、写真の右端で半分切れているお皿がローストしたビートのサラダ! 野菜のおいしさがしっかり分かる美味しさです! 

ポテチの左横、ナイフとフォークを構えるMちゃんの前にあるお皿がパイ生地の上にキャラメル場になるまで炒めたタマネギとチーズとか、たしか小さなベーコンみたいなのがのっているヤツお料理です。

おいしいお料理と気心がしれた女友達との会話は、自分を見つめ直すちょっとしたきっかけを作ってくれます。 

彼女たちが気付いたか分からないけれど、実は会話の中で2回程、誰かの意見?っていうほどのものでもないんだけど、ガールズトークの一部に言った自分がびっくりするくらいのダメだしっていうか、『それ、ちゃうわー』的な意見を挟んだ。

で、そのことに関しては理路整然と私なりのガーリーな意見とその理由があったんだけど、自分の言葉が、私自身の心に大きく波紋を広げて行き...。ちょっと私、幼かったなあと、思ったり。 もっとバランスのとれた人間でありたいものです。

それでも、ドーンと構えておおらかに、小さなことに固執することなく、ああそういう考えもある、こういう考えもあると、そういう会話が出来る彼女たちは本当に掛け替えがない!

超感謝だよ!

っと、そうこうしているとメインがきました〜。

私のメインはこちら。

ポートベルマッシュルームのステーキとマッシュポテトにグリーンサラダ。

そして、Mちゃんが楽しんでいるのは鱈、で、右側、みここ嬢のメインはペッパーソースのステーキだったっけ?? お互いに一口づつ味見をし、楽しい夜はふけていきました。

次の日、がオリンピックの開会式の日で、お互いかなり過激なスケジュールが詰まっていたので、おいしいお料理も嬉しかったけれど、何よりも彼女たちの巨大な器級のハートで泳がせてもらって、心が嬉しいよるでした。

Mちゃん、みここちゃん、ありがとー!