JUDY子の嵐ツアー、その5

8月22日...いよいよコンサートの当日です!

あきちゃんが作ってくれた朝食を清々しく食べた。ちなみに私の東京滞在中は毎朝あきちゃんが朝ごはんを作ってくれた。

そして本番に備えてエネルギーをセーブしたい私は、夕方からのコンサートに備えてお出かけもせず、午前中は前夜の続きで去年の5X10コンサートDVDのパート2を観させてもらった。去年あきちゃんと二人でキーキーキャーキャー(..言ってたのは私だけだったけど)盛り上がったことを思い出しました。

コンサートに一緒にいくMちゃんNちゃんと一緒にバンクーバーで選んだお衣装(私の)を着て、ちゃんと「つけま」までつけ、フルメイクで出かけました。きっぱり 普段のメイクに比べるとかなり濃かったと思いますが、彼らとの距離を考えたら宝塚の舞台メイク!とまではいかないにしてもやっぱりがんばらないといけないと思ったわけです〜。

コンサートは5時半だったっけ?? まずMちゃんNちゃんと合流するため2時頃彼女たちの宿泊先のホテルへと向かい...昨年の教訓からあまり早く行っても炎天下の国立競技場のスタンドで待たないといけない運命なので、4時過ぎに会場へと向かいました。

今回の私たちの席は聖火台の近く、スタンド最後尾、つまり空に一番近い席でした。スタンドを上り詰めると...まるでコンサートDVDで見た景色です。風に吹かれて3人で感慨に耽っていると私の携帯が鳴りました。

相手は昨年のグッズ売り場でご一緒したIさんでした〜。出発前のブログに書いたと思うけど、Iさんは時々私のブログを見て下さっていたそうで、今年も国立に私も参戦することを知って連絡を下さったのです〜。会いたいねぇ〜って話していたんだけど、7万人の観客でごった返す国立競技場のほぼ正反対側にいるIさんMさんのところまで行って、ご挨拶をして聖火台のところまで戻って来るのは... 開演まであと20分くらい! 難しいねって結論に達したんだけど、私が居る場所をIさんに携帯で喋りながら、目一杯去年の使い回しの潤くんうちわを振り回していたら...

『黄色いキラキラしているのが見える!!!』

?? そうだった、私の潤くんうちわは表はもちろん潤くん色の紫なんだけど、裏はキラッキラの黄色なのです!

『それ私だ〜〜!!!』更に派手にうちわを振り回す私。

Iさん 『会いたいね〜』
JUDY子 『会いたいね〜』

いつの日かきっとまた会おう!来年のグッズ売り場かな?? そんな話しをしているうちに開演時間がいよいよ迫ってきました!!


コンサートはニューアルバム『僕の見ている風景』から『movin' on』 ではじまり、中央を歩いてくる潤くんにキャーッ♥ 二曲目はバンクーバーオリンピックのテーマソングだった『揺らせ今を!』で、3人で更にキャーーッ♥っで、大急ぎで30ウン度の真夏の東京でバンクーバーから持っていったオリンピックの赤ミトンを汗でベタベタの手にはめて米粒よりも小さい翔君へ振ってみる...
翔君〜♥ ぷっ!

10年が過ぎて再びスタートラインに立ったような...そんなコンサートでした。

彼らの言葉の中に出てきてた『変化なき変化』というのが一番それを表現していたような気がします。 それから「やる」大切さ。とにかく「やる!」「全力をつくしてやる!!」でも、ここら辺のことは嵐友のみんなには多くを語らなくても分かってもらえると思うし、そうでない人には全くもって「はぁ〜??」なことなのでスキップしましょう〜。