2010年オカナガンワイン紀行(8) Greata Ranch Estate Winery

本日(11月12日金曜日)は私の有給休暇最終日!せっせと休暇前半どころか最初の数日に楽しんだワイナリー巡りの事を書いておりますが、続く2週間も結構イベント盛りだくさんな毎日だったので、夏休み最終日に慌てて宿題をしている子供の気分です。

でも、ホントステキな2週間だったので、頑張って書いていきますからねぇ〜。

さてさて、すでに4件のワイナリー巡りを済ませ、私的には120%満足しきっていたんだけど、夕方にはまだまだ時間があります。

『JUDYさん、行きたい所があったんじゃありませんでしたっけ?』

Rは時々天使のように優しい事を言ってくれます。

『!』←これ私。

今回の行程には含まれていないし、Rの趣味ともみここ嬢の趣味ともかけ離れていたので、万が一そこら辺に行く事があって、時間があったら... っと思っていたんだけれども、えー、えー、私にはとっても行きたい所がありました。

去年のワイン紀行も読んで下さっていてそれがどこかすでにピーンっときたあなたはスゴい。
それはですねえ、ココです。宝の巣窟!(答えはココの文字をクリックして下さると去年のブログに飛びます)

でもお店は私たちが居たウェストバンクの辺りよりもちょっと南...でも、お二人もすでに満足しきっていたのか、「いいよぉ〜」っとの優しいお言葉! っと言う事で、車は一路サマーランドへ! 嬉しくって空を飛べそうな気分〜♪ そしてその途中にもワイナリーがあるから、適当に気に入ったワイナリーにあともう1つくらい立ち寄りましょうっという話しになりました。

その日は日曜日、宝の巣窟は残念ながら閉まっていました。

なので入り口の硝子のドアとショウウィンドウに鼻をくっつけるようにしてお店を覗きました。でも、わざわざ連れて行ってもらった事に感謝。残念だったけど、なんだか満たされた気分でした。

ケローナに戻りましょうっということで道を走っていてワイナリーを発見!

それが一番上の写真、Greata Ranch Estate Winery です。この歴史的農場は一時期オカナガン一帯で最も大きな果樹園の一つだったそう。 (今はワイン用の葡萄畑)

ここのワイナリーのテイスティングルームもその日10月31日をもってその年の営業を終り、来年の4月まで閉まります。ワインの何種類かはすでに売り切れていましたが、静かなテイスティングルームでいくつかの試飲をさせていただきました。

普段、自宅で一人お酒を口にする事は滅多にないんだけれども、先日なんとなくワインが飲みたくなり自宅で一人晩酌〜をしました。っという事で、今、我家の冷蔵庫にはGreata Ranch の飲みかけワインが入っております。おほほ

さてさて至福の2日めを過ごした私たちは満たされた気分でホテルに帰って...Rのプレジデンシャルスイートで宴会ですぅ〜♪

*つづく*