2010年オカナガンワイン紀行(6) Quails' Gate Estate Winery

10月最後の週末にオカナガンを訪れたわたしたち、多くのワイナリーがこの週末をもってテイスティングルームを閉めたり、冬営業の時間帯になります。なかにはこのSt. Hubertus みたいにすでにワイナリーをパブリックに対して閉めている所もあって私たち3人が大好きな『第4のメンバー』の日本からの帰国を待たずに決行いたしました。

今回の「のんびりワイン紀行」ですが、3人一致団結で『やりたい!』って言っていた事が一つあって、それは『2日めのランチはQuails' Gate Estate Winery のダイニングルームにしましょう』って事でした。

それに実はR、1ヶ月半ほど前に誰とかって事は白状していませんがすでにオカナガンに来ています。 彼はQuails'GateOld Vines Foch Reserved の美味しさにやられてしまったらしく、そのワインの事を褒めちぎっており、『あのワインが飲みたくて!オカナガンへ行った。いえいえもちろんお二人とお一緒するってこともありましたが...』っと言わしめたほどのワインがあるワイナリーです♪

私にとってのQuails' gateChenin Blanc ! 一時期、こればっかりって時がありました。

ここのワイナリーはオカナガンの中では大手、しかも大人気ワイナリーなので、一ヶ月前だったらこんなにのんびりとは楽しめなかったとおもいます。

でも、季節は晩秋〜。私たちが訪れた時はテイスティングルームには他に誰もいません。ワインをついで下さるスタッフの牧師さんと話しをして(ハロウィーンのコスチュームです笑)窓の外に広がる輝くような秋の湖水地方の風景を楽しみ、そしてお噂のOld Vines Foch Reserved をいただきました。

Rがぶふふっ、と笑いました。大喜びしております。みここちゃんがむふふふふっっと微笑みました。わたしもくふふふっと笑いました。美味しいです。これを書きながらまた飲みたくなってきました。 晩秋/冬のこのお天気だからで、夏の30ウン度のかんかん照りの中訪れていたら別の感想をもったのかしら? 葡萄のせいかもしれないし、気候のせいかもしれないし、私の気分や体調かもしれないし、奔放に変わる(ような気がする)ワインに魅せられたワイン紀行でした。どちらにしても文句なくおいしかった。寝かせると更に素晴らしくなるということで、10年ガマンするって豪語してたんだけど、ワイナリーのホームペジによると5年っということなので、2015年のお誕生日にでもいただきたいとおもいました。

他にも何杯かいただいたんだけれども、ほとんど記憶がない。(酔っぱらっていたというわけではなく、印象にないというイミねっ)今になってじっくりと赤を飲み比べれば良かったと思うけれどもそれは来年のお楽しみに取っておきましょう。(へっ、って、来年も行く気??)

そして、Quails' Gate のもう一つのお楽しみ Old Vine Restaurant でのランチです。

私たちが案内してもらったのは窓辺の素敵な席で、
外には...

キラキラと輝くLake Okanagan の湖面と、
今か今かと収穫を待ちわびる葡萄畑です。
見えますか?

席の近くから外へ出るドアがあったので、
思わず一人外に出てしまいました。

葡萄です!
感激で頭がグルグルしました。

テーブルへ戻ると同じように感激しているみここ嬢がUSTREAMをはじめ、オカナガンのキラキラを必殺iPhone4で放送はじめました。

丁度いい具合にワインも届けられ、
幸せに酔いしれる3人の乾杯です!

みんなに感謝!ありがとー!!!
ホントありがとー!

で、こういう幸せのテンションノリノリとか、嬉しくて仕方ないとか、感激しまくっているっていうのはなんとなく知らない人が見ても分かるんだと思う。

そしてサービス業にたずさわる人間って、基本、人に喜んでいただくのがスキ♡だって職種は違うけれども同じサービス業にたずさわる人間として思うわけで..。

私たちのテーブルを担当して下さったサーバーの男性、葡萄畑に行ったなぁ〜ってのは見えたんです。ヒマだし外、気持いいから葡萄畑に行ったのかなぁ〜っと脳天気な私は微笑ましく見ておりました。

そしたらねぇ〜。

「はい」って! 
「味見してみる?」って!

もう感激しまくって、なんのぶどうだったか忘れたけれど、皮ががっつり厚くって、小粒の実は少なく、実に対してかなり大きめの種が入っていて決して食用としては考えられないような葡萄だけど、美味しかった。 皮も種もむしゃむしゃばりばりいただきました。 甘酸っぱくて美味しいワインが出来そうな気がしました(笑)

ともあれせっかくなのでお料理の話しを少々。上の写真で乾杯しているワインは Chenin Blanc なんだけれども、前菜には Chenin Blanc で蒸したマッスル貝、そしてメインに

Rとみここ嬢は...ボンゴレ!

そして私はMizuna と Quinua... つまりミズナとキヌアの文字につられてツナをオーダーいたしました。ミズナは寒冷な気候でも育つので、庭で育てたいんだけど、カナダじゃあ種を売ってないだろうなぁ〜。それにカナダだと野菜類の種は春しか店頭に並ばないから、庭で育てない憧れの野菜の一つです。

キヌアは必須アミノ酸を豊富に含むNASAが推奨する理想の食品!だったはず。それに独特の風味も食感も大好きです。ここではキヌアと一緒にドライオリーブが調理してあってそれがスゴくいい味を出しておりました。軽く炙ったツナと相まって全くもって理想的なランチでした。

皆さんも機会があったらQuails' Gate & Old Vine Restaurant超お薦めですぅ〜♪

Quails' Gate
3303 Boucherie Road
Kelowna British Columbia
V1Z 2H3 Canada
Direct Phone: 250-769-2501
Toll Free: 1-800-420-9463 (ext.226)

Old Vines Restaurant:
Direct Phone: 250-769-2500
Toll Free: 1-800-420-9463 (ext.252)