2010年オカナガンワイン紀行(9)

お泊まりワイナリー巡りの醍醐味はこのホテルでまったり〜な時間にあるように思う。 2日目のワインは私たちを感動の嵐に引き込んだRお薦めQuails' Gate Old Vine Foch Reserved(Reserved ではない 単なるOld Vine Foch もありますが、このReserved 重要です。別の樹から穫った葡萄で作られています)とみここ嬢お薦め Mission Hill の 2005 Quatrain! なんとも豪華なワインです。


寒空の下ジャグ〜ジ〜に入ろう!っと楽しみにしていたので、『ちょっとだけね』で飲みだしたんだけど、ワインだけじゃなんなのでクラッカーを出し〜、チーズを出し〜、その内プロシュートが出てて〜、緑のはインゲンのゴマ和え、アルミ箔のはごぼうのきんぴらとれんこんのきんぴら...

そしたらみここ嬢がボコチーニ(モッツアレラチーズの赤ちゃん)と生のバジルをプロシュートで巻いてくれて、んもぉ〜美味しいったらありません。

ところがこの辺りから色々な事が私たちが信じられないようなスケールでドラマチックに展開していきました。

*復習&予告編*

今回の有給休暇は旅行ナシだけど地元イベント盛りだくさんの休暇で:

10月28日Yくんパーチー
10月29日リカバリーデー
10月30、31日っとオカナガンへお泊まりしてワイナリー巡りをして
11月1日の夕方までにバンクーバーへ戻れば...

11月1日は私が中学の頃より♡大好き♡な坂本龍一さまのコンサート!!!

11月2日はリカバリーデー
11月3日我が友Mikuの正剛さんの講演会♪...

っとつづく予定でした。だったので、この時点でのバンクーバーへ帰る11月1日のスケジュールはほぼ白紙で、私的には夕方までに帰れたら..くらいの気持で、みここ嬢は仕事しないといけないっということで2時くらいまでにバンクーバーへ戻れたらっと思っておりました。

さてさて宴会に戻りましょう。 

私たちがお泊まりした、Coast Capri Hotelもちろん無料のWiFiが完備していたので、この私でさえiPod Touch でちょこっとつぶやいたりなんたりしておりましたが、Twitter、ツイキャス、UST大好きみここ嬢..with 最近ゲットしたばかりの iPhone4!向かう所敵無しです。

我が愛する坂本龍一さま♥の北米コンサートはUSTを通して有志によって公開されておりました。

10月30日のシアトル公演は元マイクロソフト会長(って事くらいしかその時は知らなかった)古川享さんとデジタルステージと言う会社のCEOの平野さんと言うギーク系の神様のようなお二人が行ない、お二人は31日シアトルからバンクーバーへ列車で入り、11月1日のコンサートも彼らの手によってUSTで生放送される事になっていました。

古川さんと平野さんがシアトルからバンクーバーへ列車で移動しながらUSTでお喋りしていらっしゃる所もみここ嬢のiPhone4から拝見させていただきました。ところがバンクーバー入りされたお二人、アメリカとカナダ、国が違えばプロバイダーも違うし、システムもネット環境も色々なことが違うのでお困りだったらしい...。

そしてそう言う事をツイッター上でつぶやかれているのを日本に居る多くのデジタルゥ〜な皆さまが目にされたようで、その中の数名がみここ嬢へ彼らのピンチを知らせてきました。 (みここちゃんは地元のイベントなんかをUSTでライブ中継したりするので、それを日本で見ている人も多いのです。)

我が愛する龍一さまのUST放送のピンチ、かなりアナログな私も心配でなんとかお手伝いをしたい心境..。みここ嬢ならピンチを救えるかしら? 

みここ嬢は元プログラマー、マイクロソフト本社でも仕事をした事があり、実は古川氏とも面識があったとの事で色々な事態が急展開して行きます。日本の誰かがどこをどう伝わってかは分からないものの、古川氏とみここ嬢は奇跡的につながり、電話への会話へと発展し、我々は明日の正午を目指してオカナガンを出ることにしました。

そんなやりとりを胸に、我々はちょっくらジャグ〜ジ〜へ行く事に。ジャグ〜ジ〜は外。中庭のプールの横にあります。水着に着替えて上からTシャツミニスカに着替え一階へおりました。外の空気は冷たいけれど、ジャグ〜ジ〜は温か。でもボゴボゴが今ひとつ迫力不足だった感があります。みここ嬢はジャグ〜ジ〜からもUSTしてましたので、私の背中くらいもUSTに流れたと思われる...。

それを見たバンクーバーの友だちからもライブでメッセージがポンポン飛び込み、本当に楽しいもんです。

しばらくジャグ〜ジ〜で遊んだ後、また着替えて、ちょっと濡れたバスタオルを抱っこして一階を通ってエレベーターに乗って部屋へ帰ってきたんだけど、まるで日本の観光ホテルの大浴場でお風呂に入って大広間とか宴会場のある辺りを通って部屋へ戻っているような非常に不思議な感じがしました。

部屋に戻った私たちは、再び飲み直し、Rが寝落ちし始めたところでお開きとしました。


翌朝もやはり私の方が早起きをして朝の準備を始め、みここ嬢が起きだし、Rの部屋へのドアを開け、3人の3日目がスタートしました。

バンクーバーへの帰り道...
なななんと、

雪が降り始めました!


なんてったってN産が誇るクロスオーバーSUVローグ(ROGUE)とR機長の運転ですから、私は安心しきって助手席におりました。みここ嬢は後部座席でずーーーーーーっとiPhone4の画面からツイッターの恐ろしく早いTL(タイムライン)を眺めていらっしゃいました。ホンっトよく乗り物酔いしなかったものです。

Rの車にはサテライトラジオが付いているので100数局のステーションからコマーシャル無しでラジオを楽しむ事が出来ます。

実は私の青春時代〜♪諸処の事情によりカントリーミュージックがずーっと流れておりました。そしてこのサテライトラジオのチャンネルの一つはまさしく私がよく聞いてた90年代のカントリーミュージックを延々と流しているステーションです。

なのでしばらく雪景色を眺めながら昔よく聴いていたカントリーミュージックを聴いていた。

車窓を流れる雪景色&昔よく聴いていたカントリーミュージックは、次第次第に色々な事を思い出させてくれます。 何を思い出していたかは内緒...。でも、昔の事を色々思い出していました。


そうこうするうちに雪も止み、行きに立ち寄ったのと同じカナダが誇るTim Hortons へ立ち寄り、私たちのワイン紀行も終わりを告げようとしていました。

R邸により置いて行ったわたしの車にみここ嬢と乗り込み、私たちは坂本龍一氏と古川さん&平野さんが待つバンクーバーへと一路急いだのでした。

っと言う事で、私たちのワイン紀行はここまで。

R、みここちゃん、本当に楽しかったです。心から有り難う。Rは雪道の運転ご苦労様でしたぁ〜。後で話し聞くまで緊張して運転してたなんて思いもしないほど安心しておりました(笑) どうもありがとう。

来年は、先日話したように我ら3人が愛するあの方も引っ張って、3泊で行きましょう!12時までにバンクーバーへ戻る〜もナシ。有給休暇ももう取っちゃいました。楽しみにしていま〜す。

ではでは