利守酒造テイスティング@酒楽

このブログの左側←にも見えるように、私はツイッターをやっていて日々色々なつぶやきを行なっております。HIROさんは主にツイッターつながりのお友達ですが、実は2年ほど前バンクーバーへいらっしゃった際にカバン持ちさんに紹介していただいたリアルなお友達でもあります。

HIROさんはツイッター上でどこそこで利き酒会とか、どこそこで試飲会、あっちで美味しいものを食べ酒一筋を普及(?)し〜、今日はどこそこでお酒のイベントっと全くもって付いて回りたいよう毎日を送っていらっしゃるわけですが、そのHIROさんがニューヨーク経由でバンクーバーへいらっしゃることが決定!!! 

その上私はバケーション中〜♪ 自然とテンションも高くなります。

お話しを聞くと先日BOSS会を行なったばかりの酒楽さんで、酒楽さんのお料理と利守酒造のお酒のテイスティングを行なうとのこと、早速参加してまいりました〜。

会費は30ドルプラスチップ&税金で約40ドル。精算をすると4枚のチップを渡されます。会場には4つのテーブルが用意されており、それぞれのテーブルでチップと交換で利守酒造さんのお酒を楽しませていただくことになっておりました。

到着するとすでに見知った顔がチラホラ〜。コートを預け会費を払い、まずはウェルカムドリンクとして発泡酒になった日本酒をいただきました。なんとノド越しさわやかな!楽しい夜を約束してくれるような飲み物です。

そして私が最初にお邪魔したのがこちらの純米吟醸『酒一筋』のテーブル。次にいただいた『備前』とくらべてどちらかというと男っぽいお酒です。(私の勝手な感想だけどね)

こちらが上の『酒一筋』と比べると女性的だなぁっと思った、純米吟醸『備前』。舌あたりがとても優しい感じ〜。

会場には知っている顔もチラホラ。私が知っている方を、私が知っている別の人は知らなかったり、私の知っている人の知り合いで、私が知らない人...がいたりで、美味しい利守酒造さんのお酒を片手に友だちを紹介しあったり、していただいたり、とっても楽しいイベントとなりました。

テイスティングをさせていただきながら、おいしいお料理がまわってきます。他にも色々いただいて、どのお料理も素敵なプレゼンテーションだったんだけど、照明が暗い上にお酒を片手に撮った写真はどれも今ひとつだったので、省きませう。

濁り酒と日本酒で作った梅酒のテイスティングもありました。

知っている人は知っている、実は私、梅酒大好きです。小学生の頃の懺悔ですが、実は学校に行く時巨大な梅焼酎の実を両方のほっぺたに入れて、通ってました。 私のお酒のトレーニングは実は小学生の頃に始まっていた!? 

実家の家族友だちにおいしい梅酒を漬けてくれるKとCが居て、5−6年前に漬けてもらったのがきっと今もキッチンの流しの下あたりにあると思う。 カナダに来て何度か自分でつけたいなぁーって思ったんだけど、梅の実に巡り逢ったことがないのよねぇ〜。 毎年アプリコットを見つめてこれで「もどき」を作れるんじゃないかと思いめぐらすのよね。来年こそは試してみようかな?

テイスティングの夜は楽しく更けていきました。テイスティングそのものは10時半までだったんですけど、酒楽のIさんのご好意で遅くまで楽しませていただいて、その後もどれ小腹が空いたっということでギョウザキングさんへはしごして、新旧の交遊を深めた楽しい夜でした。

利守酒造さん、酒楽さん、素敵なイベントを企画して下さってありがとうございました。また来年?! 楽しみにしています!!