坂本龍一さま in Vancouver! (1)

ホント世俗の事とかウワサとかイベントものしかり、そう言う事にかなり疎い私...、愛する坂本龍一さまがいらっしゃる事も全く存じ上げませんでした。 

それが数週間前、お友達とワイワイやっていて誰かの会話で龍一さまがいらっしゃる事を知りました! みんなのんびりした口調で「チケットもう無いんとちがう?」なんて言うので、その日帰宅した私はいの一番にネットに飛びつきました。前の方の良い席は全て無くなっていて天井桟敷席だったけどお一人さまチケットをゲットぉ〜♪

思い起こせば私が龍一さまの事を知ったのは中学生の頃〜。すっかりになってしまった私...当時はジャニーズじゃあなかったんだなぁ〜結構しぶい子供だったのヨ。

あくまでもウワサだし、既に時効だと思いますが、中学生の頃、龍一さまがYMOとしてわが町にいらっしゃった事がありました。私は高校生になるまで親の付き添い無しでコンサートに行かせてもらえなかったので、どれだけ悲しい思いをしたか!
その上、次の日の朝、コンサートのあと街に繰り出した龍一さまが、そこに居たお姉様たちにチュ〜をしたと聞いて、それはそれは悔しい思いをしたものざんす。早く大人にならなければ!っと思ったものですヨ。 Sweet Memories ですわん。

さてさてワイン紀行より舞い戻った私とみここ嬢...みここ嬢は一旦ご自宅へもどり、荷物を下ろし、お着替えをすませ古川氏と合流するというシナリオになりました。 大切な龍一さまのコンサートまで時間もない事ですし、私がドライバーを買って出てみここ嬢をコンサート会場となっている劇場まで送り届ける事にしましたが、劇場へ向かいながら古川氏にみここ嬢が連絡を入れると、丁度ホテルに戻ってきているという事で、車で古川氏がいらっしゃるホテルへ立ち寄り古川氏をピックアップして劇場へ向かう事に!

*おさらい*
古川さん、元、日本マイクロソフトの会長だった方です。興味がある方はココをクリックしてウィキをご覧下さい〜。

*おさらい、その2*
私の車、9月以来洗ってもいないお尻に凹みがある黒のVWゴルフです。

果たして、そういう方を私の車にお乗せして良いものかしらン?

でも考えている時間はないのです。速攻でホテルへ向かい古川氏をピックアップして劇場へ!

劇場の近くで古川氏とみここ嬢をおろしましたが、古川氏が一瞬不思議そうなお顔をして、『あっ、消火栓っ』っとおっしゃいました。 

そこで私『いえいえ、お二人をおろしたら私はここで失礼しますから...』っとだけ言って、重大な任務へと向かうお二人を見送り、やおら自分の家へ帰る事にしました。

車を運転しだしてふと気付く...もしかして古川氏は私も一緒に劇場に乗り込むと思ったの?!?!? 想像しただけで目眩がしそうです。

しかし、10数本のワインや荷物やなんやかや車に乗っているし、家には坊っちゃんも待っているし、コンサートへのお出かけの準備もしなくてはいけません。  龍一さまのコンサートにトロントで出かけたツノリンさまは、オペラグラスで教授の指をじっと見てたとおっしゃってました。ツノリンの席は前から12列目だったかな?私のお席は2階ですのでオペラグラスでは話しになりません。昨年の嵐の国立コンサートでお世話になったバードウォッチング用の双眼鏡でしょう!っということでY子ちゃんへ連絡... 幸運にもY子ちゃんは自宅にいて双眼鏡をお借り出来る事になりました。

このバードウォッチング用巨大双眼鏡...お借り出来てホントよかった。
Y子ちゃん、ありがとー!!!

ザワザワする心を抱いて、私は会場のVogue Theatreへ到着いたしました。

*続きはまた今度*