坊っちゃん沈没

坊っちゃんが毛布の上から、
家の中の雑用をこなす私を見ていた。

近寄っていって
彼のお気に入りのブランキーをかけてあげた。
そのままのポースで
しばらく私を見ていたみたいだけど
だんだんと眠たくなってきたみたいで
ウトウトした様子が微笑ましく
カメラを構えて思わずパチリ。

2枚目を撮ろうとしたその瞬間


沈没しました〜♪
かわゆいのぉ

この後いびきをかいていたことは
内緒にしといてあげよう。