2012年日本ツアー/メロンパン

知ってる人は知っている。実は私、メロンパンが大好きです。

バンクーバーでもメロンパン、探せば売っているらしいのですが、私の行動半径ではなかなかお目にかからないので、普段は私が勝手に名前をつけている『韓国メロンパン』をいただいております。

でも日本ではどこにでもメロンパンがあります♡っということで、今回も滞在中に色々なメロンパンをいただきました。



これは北海道で食べたコンビニの普通のメロンパン。だけど買ったのは博多駅。28日の夜夜更かしをして同級生たちと遊び、翌29日は8時くらいの飛行機で嵐さんのコンサート参戦のため札幌入りというスケジュールでした。
荷物をまとめて博多駅から地下鉄に乗る時、コンビニに立ち寄ってこのメロンパンを買いました。リョーユーパンかな?
でも、機内では爆睡してしまい、札幌のホテルで食べたのです〜。普通においしかったです。



こちらは友だちの推薦で変わりメロンパンとして食べてみた『ホテル西洋銀座』のメロンパン。外側は...内側もだけど、ふわっとしていて優しい感じ。1番強く気付かされるのはメロンの香り。なんでもおフランス産のメロンピューレを入れた生地なので、自然なメロンの香りを楽しむ事が出来るとか。生地が柔らかいので作るのに技術がいるそうです。お上品なメロンパンでした。



日本に上陸して最初に食べたメロンパン。銀座のどこそこで買ったんだけどぉ、どこのメロンパンだったっけ?? 

そうだそうだ、これは軽井沢の浅野屋さんのメロンパン。
浅野屋の歴史は、まだパンの需要がそれほど多くなかった昭和8年(1933年)に、現在の千代田区麹町で洋酒、食料品、パンを販売する「浅野商店」として誕生したところから始まるってホームページにあるから老舗だよね。

メロンパンは中のパンがしっとりとしていておいしかったけど、外のクッキー生地も柔らかく薄め。まぁ、普通のメロンパン的に美味しゅうございました。

見た目がかわいいよね。



これは私がカナダに帰る朝にAちゃんが買って来てくれたJOHAN(ジョアン)のメロンパン。彼女の優しさが嬉しくっておいしかったなぁ〜。横の平べったいのはカリカリメロンパンですって! ザラメのザクザク感が好きでかなり気に入りました。

Aちゃんありがと。


で、これが私が東京に滞在している間に一番食べる回数が多いメロンパン。Aちゃんの家の近所のスーパーで売っているのです。
これを食べてると、日本に滞在している〜♬って気分になります。w


そして今回の日本滞在での一等賞のメロンパンがこちら。ぱちぱちぱち

えっと、私のメロンパンの定義として中にクリームとかが入っているのはイヤで、メロンパンはメロンパンらしくしていて欲しい派です。

このメロンパンとは合羽橋の道具街に行った時、たまたまお店の前を通りかかり出会いました。w


お店の前には鬱蒼と植木鉢が並べられ、店内では白髪まじりポニーテールのご年配の女性が電話でわたしが思うに明日のオーダーをとってワーワーやってりました。いかにも下町のパン屋って感じ。

このメロンパンは中に白餡入りって書いてあったので私的には邪道なメロンパンなんだけど、なんだか下町パン屋のお店の雰囲気にやられて挑戦してみる事に。

そしてこれがホントおいしかったの。もしかしたら白餡にやられたのかなぁ〜?今度日本へ行く時にもまた挑戦したいと思いました。

以上、2012年秋のメロンパンレポートでした。

2012年日本ツアー/日本で買ったもの②


去年の12月日本へ行った時、モレスキナリーなお友達に会った。そのなかの2人から生まれて初めてのマステ(マスキンテープ)をいただきました。

そしてこの夏会った別のモレスキナリーさん、彼女はデザイナーさんだけあって、モレスキン、とってもおっしゃれ〜でした。中でも注目はさりげないマスキンテープの使い方!これなら私も真似出来そう!ってことで、初めて自分でマスキンテープを買いました。札幌での事です。

そして、わたしのモレスキンもなんだかとっても私らしく楽しくなってきた。

ツイッターなんかで日頃やりとりしているモレスキナリーのお友達。週末に衝動買いしちゃったマステのことなどつぶやいていて裏山CC度が上昇〜。

普通のじゃない、ちょっと珍しい目のはどちらでゲット出来るかたずねたら、有楽町のLOFTを薦めてくれました〜。

と、いうわけでAちゃんと出かけてきました。

そしてお小遣いと相談の結果(笑)こんなの買ってみました〜。あちこちにぺたぺた貼るのが楽しくてしょうがない。ww 全くもってお子様メンタリティーです。

2012日本ツアー/日本で買ったもの①

これ、日本で買いました。ものすごーーーく欲しかったんです。

はめたままiPhoneが使える女子力の高い手袋

カナダだと、はめたままiPhoneを使える手袋が存在することを知っている人が少ない!それでもまぁ軍手みたいなのは有るんです。

でも女子力の高い可愛い手袋はまずiPhoneを使える使えないの話しの前にその数がものスゴーく少ないので、わたしが求めるはめたままiPhoneが使える女子力の高い手袋はカナダではほぼ無いのです。w

で、この手袋は日本に着いた翌日にAちゃんと銀座に出て速攻で買って、もう嬉しくて嬉しくて...木枯らしが吹く中でも手袋をはめたままiPhoneを触れて、さらに嬉しくて嬉しくて。東京でも大阪でも久留米でも福岡でも北海道でも大活躍だったのに...。

過去形ですよ、すでに。w

どうやら北海道で無くしたか忘れたか。
一応捜索願は出したので、見つかって欲しいなぁ〜っと思います。

2012年日本ツアー/銀座のクリスマス


12月6日、小学校時代の同級生たちと会うために新橋へ行く途中、夜の銀座をちょっとぶらぶらしました。
iPhoneからだと..なのか、私の腕なのか、なかなかライブの美しさをとらえることができなかったんだけど、シュールに美しかったです。

一番上のはMIKIMOTOの巨大クリスマスツリーの下に飾ってあったお人形。MIKIMOTOを入れたかったから良く見えないけれど、磨き上げられた土台となっている黒い石にツリーと人形が反射してとても美しかったです。


こちらはブルガリ。
建物に巻き付いた来年の干支のヘビ...を宝石っぽく再現したイルミネーションがホントにきれいでした。
細部のひとつひとつのライトの繊細さと全体の大胆な構図!何枚も写真を撮ったけど、難しいねぇ。w

で最後はカルチェ。
クリスマスらしい華やかな美しさでした。

それにしても...である。

日本...スゴいね。

カナダに帰ってくる前に空港でファッション雑誌を何冊か買ったんだけれども、どの雑誌も楽しみにしていた日本の女の子たちの可愛いファッションはちょっとしか載っていなくて...、って言うかぁ、そういう記事もあるんだけど、それを喰うくらいの勢いで、宝石/貴金属/高級ブランドの宣伝を兼ねた記事が多く、その横に『彼におねだり♥』とか『ピンクサファイアは”玉の輿石”といわれています』とか『クロスのピアスで毎日神聖な気持に』とか『幸せを呼ぶ乙女ジュエリー』とか書いてあり...。そりゃ日本女子の女子力高いはずよね、頑張ってるなぁ〜っとしみじみ思いました。


2012年日本ツアー/合羽橋道具街



今日は兼ねてからの望みだった合羽橋の道具街に行ってきました。

第1の目的は数年前...う〜ん、実際には5−7年くらい前につば屋さんで買った包丁を研ぎなおしていただく事。私の虐待に耐えかねて刃こぼれも起こして...なんとも可哀想な姿になっていたのでした。

余りの姿にお店の人からお咎めの言葉を浴びせられることを覚悟し、修理不可能と宣言される事に恐れおののいてお店に出向きましたが、大丈夫とのこと!流石、合羽橋で包丁専門店を謳っているだけあります。たのもしいわ〜

っと言う事で、ちょっと一安心したところで、道具街のお店を見ながらぶらぶらとお散歩しました。

器屋さんは楽しいですね。欲しいものがいっぱいです。


南部鉄の鉄瓶とかを売っているお店でこんなものも見つけました。これはきっと出店とかで使う、イカ煎餅を焼くための型だとお見受けしました。下の段にはたこ焼きを焼くための型も写っているの見えます? この写真のは小さそうだけれどもプロ仕様の大きいのまで色々な大きさのたこ焼き焼き機とか、回転焼きとかの型...あと、ワッフルとかホットサンド、鯛焼き〜っと、鉄の型を使って焼く食べ物の道具がいっぱい売っていました。



こちらは色々なサイズのクッキーカッターのようであり、きっと日本だから、小さいのでニンジンとか野菜も型抜いたりするのでしょうか?これだけの豊富なサイズ、なかなか見つかりませんよね。スゴいコレクションです。


そしてこちら!今回わたしが合羽橋で見た中で一番欲しいもの♡

タミさんのパン焼き器です!気になって帰宅してから調べてみた所、このパン焼き器は岩手県の及源鋳造株式会社という会社が作っているそうです。

江戸時代末期に創業の南部鉄の会社。伝統的な商品から、このタミさんのパン焼き器を始めとするコンテンポラリーな商品。そのどれもが魅力的でやられました。w

会社の歴史はここをクリック♬

今回は従業員スタンバイのエコノミークラスの旅なので、思いとどまりましたが、いつの日かひとつ欲しいです♬ ほしい〜〜

2012年日本ツアー/清澄庭園ライトアップ


この時季の日本はクリスマスのイルミネーションがいっぱい! 友だちが東京のイルミネーションリストを送ってくれました。

こんな感じのリスト
http://matome.naver.jp/odai/2132145629884138801?page=2

銀座/有楽町方面でのお買い物のあと、『清澄庭園ライトアップ ~深川あかりつむぎ~』に行ってみました。

清澄庭園は一説には江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられ、その後1716年〜1736年、下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となり庭園のもとが作られたらしいです。

明治11(1878)年に岩崎彌太郎が買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所とし て造園を計画。明治13(1880)年に「深川親睦園」として開園しました。

彌太郎亡き後は弟の彌之助、息子の久彌により造園工事が進められ、隅田川の水を引いた大 泉水や築山を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成したそうです〜。

関東大震災や1945年3月の大空襲の時には避難所として多くの命を救ったとか。

今回のライトアップでは大泉水(中央の池ネ)の周りの園路に配した行灯の小さなあかりにそって庭園をまわるという仕掛け。柔らかな光景となって庭園内を包み込んでいきます。


園内、カップル多かったです。w で、光が柔らかすぎて(笑)写真はあまりとれませんでした。でも、カナダから到着してすぐの私にはとっても日本チックでよございました。w

寒い中、お付き合い下さいましたAちゃん、どうもありがとう♬

2012年日本ツアー/しあわせな朝


12月25日の朝です。
おはよーございます。
Aちゃんは今日は早朝から仕事ですが、リビングへ行くと私のために紅茶の用意がしてありました。涙 なんて優しいのでしょう〜♡


そして、彼女が私のために受け取っておいてくれた夏に出されたアラフェスのCD〜♬

しあわせな朝です。

Aちゃんありがとう!

2012年日本ツアー/日本上陸♬


無事日本へ上陸しました〜。
それにしてもここまでの道のり長かった〜。
でも、わたし頑張った〜♬

本来ならば、今年は年末/年始と日本で過ごす予定で有給休暇まで押さえていたのに...、諸々の事情によりその予定を諦めないといけなくなりました。Orz...

そしてそれとは別件でもうひとつ。

実は今年の夏、久しぶりに実家へ帰った際、Amazonさんから届いていた嵐さんのDVDを母と観る機会があったのです。母はニノちゃんファンだとカミングアウト(笑)したばっかり、刺激的すぎるかなぁ〜っと、横目でみつつ、潤くんのシェケシェケなどにやられて1人きゃーきゃー言って観ていました。母にうるさがられるかなぁ〜っとも思ったのですが母も嵐さんのコンサートワールドに吸い込まれたらしく『わー、こんなの見たことない。見てみたいなぁ〜。』っと独り言。

娘、思いましたよ。連れて行ってあげたいものだと。

ところが嵐さんのチケットはほんんっっっっとに取るのが難しい!抽選ですからね、抽選。どこの席になるかも分からないし...。

話しが長くなるといけないので結果だけを書かせていただくと当りました。びっくりしました。そしてコンサートの日付が11月30日(金曜日)!!

私の希望としては大人気の年末の有給休暇をあきらめるかわりに、11月末に振り替えていただければ良いかと思っていたんだけれども、職場から変更不可とのお知らせ...。

でも私の職場の良い所として、スケジュールをスタッフ間で交換することは認められています。

そこで私頑張りました。ほぼ2ヶ月ほぼぶっ続けで働きました。そのかわりに私がお休みを返上して仕事をしてあげた同僚たちが私が日本へ行っている間の私のシフトをカバーしてくれることになり、あら不思議!2週間ちょっとのお休みをひねり出す事が出来て、今回の日本上陸とあいなったのでした。ぱちぱちぱち〜

この写真は成田から東京へと向かうリムジンバスから撮った写真です〜。

ああぁ、楽しみ。
今回の旅行、忙しいけれどもワクワクがいっぱい待っているのです。
ああぁ、楽しみ!

坊ちゃんはニンジンが嫌い



坊ちゃんのゴハンは通常、わたしがチキンとかビーフをお料理します。今日の朝ごはんはチキンと野菜を煮込んだものとドライドッグフードをまぜたものだったんだけど、どうやら坊ちゃんはニンジンがキライらしく、せっせとお皿の外に出してはりました。ww

で、よーーく見るとニンジンと一緒にドライドッグフードも出してしまってたみたいなんだけど、食事そのものはとってもおいしかったらしく(笑)、器のゴハンを全部食べた後、ニンジンと一緒に出してしまったドライドッグフードも全部拾って食べて...


こちら『ごちそうさまでした』の図。
ニンジンだけが床に残してありました。w

裁縫箱と坊ちゃん


坊ちゃんが彼のカゴで寝てました。
どうでも良いけど、そのタレた足。
可愛すぎるぞ!
って受けて写真撮ってたら...

ちらっと、うざそうに見られて、丸くなられてしまいました。 あふ〜ん、です。w

Happy Halloween


それにしても去年のハロウィンは楽しかったなぁ〜。あまりに楽しかったので今年のハロウィンもとても楽しみにしていました。

春ぐらいから、ハロウィンの衣装のアイディアをおもいついたりして、ワクワクしておりました。

例年だと私はハロウィンの時季に1−2週間の有給休暇を取ります。ひとつには余りにも力を入れ過ぎてグロテスクなオフィスの飾り付けが恐いって言うのもあるんだけど、秋のこの時季まったりするのが好きなのです。

ところが今年はいつもの年とは随分と違う感じになりました。

まず有給休暇の半分を5月-6月のお誕生日旅行に使ってしまい、残る半分は2012年末2013年始に使う事にしたのでまったりゆっくりな秋でなくなってしまったのでした。

そして...11月末、急に行く事になった日本行きのための時間を捻出せねばならなくなったので、もぉハンパなく忙しくなってしまったのでした...。Orz..

その上、私の創作力、どこに消えてしまったの?!っていうくらい、物を作る気力が消えてしまい...、10月に入り焦るわたし。1週間過ぎてややパニック気味...、あせあせあせ。

ハロウィンを数日後に控え、なにぶん頑張りがきかないもので、新作を作る事をあきらめ、ま、適当に黒いタートルネックのセーターでも着て顔にヒゲを描いて黒猫にでもなるかなぁ〜〜っと思った時、稲妻が落雷しました。←すみません、道明寺語録です。



ともあれ、アイディアが湧いて、晴れてめでたく明るく楽しい気持でハロウィンのお出かけが出来て良かった〜。

外は生憎の雨とかなりの強風だったんだけど、家の中は楽しい感じです。テーブルの上には美味しいものがいっぱい並んでいます。

ちなみにお皿の上の太巻きみたいなのは、韓国の太巻きキンパッブです。海苔には胡麻油がたっぷり塗ってあるらしく、風味豊かでおいしいよぉ〜。

そして肝心の私の仮装...


どうせネコになるなら....っということで、昨年のうなぎイヌの系統をついで、赤塚不二夫センセのニャロメになりました〜。
資料によるとニャロメはオレンジとかピンク色なんだけど、そんなセーターもタイツも持っていないので、黒いニャロメになりました。w

ま、黒いネコなんだけど、ふふふ、お腹が可愛いでしょ。
ちなみに口をはずして、鼻から上だけを帽子みたいにしてかぶれるし、口の大きさを安全ピンで調節する事も可能です。

っということで、今年も楽しいハロウィンでした、ニャ〜ロメ♬

来年の手帖


来年のスケジュール帳が届きました♬

これは私が愛用しているモレスキン社が出した2013年限定版星の王子さまのスケジュール帳です。本当は見開き一週間のスケジュール帳がサイズ的に好きなんだけどそのデザインだと紺色になってしまいます。でも、どうしても黄色が欲しくて1日1ページのタイプにしました。

一生懸命探したのですが、バンクーバーでは見つける事が出来ず、日本でネットで購入し、日本へ一時帰国していた友達のところへ届けてもらい、彼女に持って帰ってきてもらいました。

Y子ちゃん、どうもありがとうでした。

嬉しくて嬉しくてたまらず、思いついた事を色々書き込み始めました。

1日1ページというコンセプトは無視して、ノート的に自由に使い倒すのです。

11月、12月、日本へ行く時はモレスキナリーな友達に会うので色々書いて/描いてもらうの。

色々な事がデジタルになっているからこそ、スーパーアナログに手帖で遊んでくれる友達がすごく愛おしいです。

秋の夜長に


秋の夜長にショウガをがっつり効かせた甘酒をいただきつつ、ダニエル・スティールでのLegacyを読みました。静かな夜にゆっくり読書。心が潤います〜。

シロノワールに魅せられて


日本には写真を見て想像しただけでも目眩がしそうなほど美味しそうなものがたくさんあるわけですが、その中に私が以前から目をつけているもののひとつとしてシロノワールなるブツがあります。

シロノワールは、愛知県名古屋市に本社を置く喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」の看板メニューの一つ。

以前、日本の友人からその姿を写真でみせられ、一発でやられてしまったワケです。

そしたら、今、日本へ行っているバンクーバーの友だちのおととい辺りのツイッターに、「コメダ珈琲店」に居るというつぶやき。つぶやきには丁寧にも写真が付いていて、見てみるとモーニングのメニューとともに写真の隅にシロノワールの写真も!!!

おぉぉぉ、憧れのシロノワール!!!っとつぶやいたところ、

たべたことあるの?シロノワール?? と返事がきたので
まだ食べたことない、憧れの食べ物です〜。っと答えたら、

やられました。


と、翌日こんな写真が... 
(T竹さん、すみません、勝手に借用いたしました。)
これが、シロノワール!!!(≧∇≦)
こんなコメントとともにUpされ...
私を知っている方は私がどれほど苦しめられたか、
想像するのは難くないとおもいます。

次の日は幸運にも私の休日でした。休日の朝はパンケーキを焼いたり、フレンチトーストを作ることが多いんだけど、この日は目を覚ますと。私の中の悪魔が今朝はパンケーキにアイスクリームをのせましょうのぉ〜って囁いていました。

なかなかの名案です。

シロノワールの上にのっているのが白いソフトクリームなので、希望としてはバニラアイスクリームを使いたかったけど、我が家にはチョコレートのしかありませんでした。

それで、出来上がりがこうなってしまったの。


要注意:この写真はフィクションです。

余りにも興奮して作ったので、パンケーキのもとを少し多めに作り過ぎてしまいました。でもパンケーキのもとを残しても仕方ないので、全部焼くことにしたのです。

facebookによく自分が料理した映像をUpしているんだけど、よく友人たちからいつも大盛りだと突っ込みを受けます。

今回のパンケーキ全部焼いたら恐ろしい量になったので、これをひとつのお皿にもったらきっと衝撃的な映像になるだろうなぁ〜っと撮ったのがこの写真なの。

だから本当は自分で食べたのが三枚で、残りの三枚は大家さんへおすそわけしました。ホント、ホント。

でもアイスクリームは全部食べた。メイプルシロップもいいけど、アイスクリームで食べるパンケーキ、最高です。








要緊急手術!!!


緊急事態発生!!
Duckyが鳴かなくなったと坊ちゃんが訴えてます。
緊急手術しなくては...。

カラダが喜んでいます。



感謝祭にともない連日の肉食ご馳走で体がちょっとお疲れだったんだと思うの。今夜はコトコトと煮込んだ干し鱈ベースの韓国大根とズッキーニのスープ。

激ウマ過ぎて泣ける。

カラダが喜んでます。しみじみ

Thanksgivingのディナー




Happy Thanksgiving, Canada.

今日は感謝祭の祝日と言うことで、チキンの丸焼きディナーとしました。

日頃のお礼に大家さんにもおすそ分けと思って二羽用意しました。


お腹の中にはスタッフィング。チキンの周りにはブロッコリーと、インゲンと人参を炒めたのを添えて、ガーリックのマッシュポテトも作りました。
わたしの計算で行くとお一人様がこちらの量になります。笑
いえ、全部一度にたべるのではなくて、数日かけていただき、お肉をだいたい食べたら、骨をつかってチキンスープを作ります。


一度に食べる量はこれくらい。(と、言っても私はおかわりしちゃったけれど)
手前のベージュのぐじゃぐじゃなのがチキンの中に入っていたスタッフィングです。

スタッフィング(直訳:詰め物)は、私の場合、大きめのクルトンと炒めたセロリ、タマネギ、ニンジン、マッシュルームなんかをチキンスープで湿らたものです。これをチキンのお腹の中につめて、チキンを焼きます。

実はこれが侮れないおいしさで、私はお肉が添え物で、スタッフィングの方がメインに近いくらい好きです。

中央奥の濃いワイン色の固まりはクランベリージェリー。
奥右手の茶色いソース(グレービーソース)がかかったクリーム色のブツがガーリックマッシュポテトです。


そしてデザートはもちろんパンプキンパイ♬
秋の夜長を満喫いたしました〜。

B'z UST放送とアジアンデザート


えっと、わたしとツイッターでつながっていらっしゃる方は私の大はしゃぎをすでにご存知かと思いますが、太平洋標準時間10月7日7時半からB'zの北米ツアーのファイナルのLAコンサートがUstreamを使って配信されました。

私の狂ったツイートのまとめ:

17:50
ワクワク、ドキドキ♥

17:55
We want B'z!!!!

17:58
あれ〜っ、LA現地時間で19:30から始まるってあるけど、今、まだ17:58....まだまだか???

18:54
松本さんのギター楽しみすぎる〜♬

19:34
きゃーーーーっっ!!!始まったぁ!!!

19:46
ULTRA SOUL! ♬

19:46
HEY!

19:48
Callie も観てる?!あふ〜ん♥ 

19:49
Hey!

19:54
あふん、松本さんのギター♥

20:04
ななななーな♬ 

20:05
このギター♥

20:06
うわ〜〜、松本さん♥

20:09
カッコ良すぎて、吐きそう。ww

20:11
いやん、このギター♥

20:13
88888888888888888

20:14
もう一度キスしたかった♬

20:15
このギター...

20:18
このギターの音色がねぇ〜♥

20:25
今会いたい、すぐ会いたい♬

20:29
B’zありがとーーー!!!!

20:41
うわぁ〜、このアレンジ!!!!

20:42
いつの間にか稲葉さんのシャツが変わってる!

20:42
楽しすぎる〜♬

20:43
日本語?英語?どっちで歌うんだろう?

20:45
Into Free -Dangan♬

20:47
ぎゃーーーー!!! Juice!!!

20:48
踊らせていただきます。キリッ

20:50
I am ready!!!!!

20:50
いええええお〜

20:52
hey hey hey hey hey!

20:53
B‘z版、学園天国 なう

20:54
今夜の稲葉さんはエロい!

20:55
It's show time!!!!! 激しいわぁ〜

20:57
松本さんのギター.....恍惚!

21:00
しょぉぉぉぉぉぉどぉ!

21:02
go for it go for it

21:02
愛情こそが衝動…

21:04
松本さんのアメリカ国歌!

21:04
アンコーーーール!

21:07
ギリギリChopとか??w

21:08
きたーーーっ!ギターセッション!!!

21:11
この音!

21:13
I don't wanna lose you baby, that's all I can say

21:15
I just wanna c your face at the end of a lonely day Riding on the wind, tonight I will be home

21:21
いやーーん、もっとぉぉぉぉー

21:22
B'zありがとーー!

21:23
ささ寝なくちゃ!明日も3時半起き..トボトボ

☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜

っと言うことで、私の熱狂のUSTな夜は更けたのでした。次の日は6時からのシゴトで3時半には起きないといけないのに興奮覚めやらず、夜更かししてしまいました。



興奮し過ぎて、食べそこなってショーがおわるまでこのまんまだったんだけど、昨夜のデザートはタピオカと小豆と栗の甘煮とココナッツミルクでした。

興奮のあまりぼーーっとした頭でいただくデザートのなんと甘美で美味しいこと。

せっかくなので写真UP♬

秋深しもうすぐハロウィン


秋ですねぇ〜。
10月に入り、紅葉(こうよう)が一挙に散り始めました。


坊ちゃんの散歩道もこんな感じです。

今日は坊ちゃんに乞われるままにいつもとは違うルートを通ってみました。


そこで今年最初のハロウィンの飾り付けをした家を見つけました。
そうなんです。もうすぐハロウィン。

今年は何になろうかなぁ〜。
早く衣装作り始めなきゃ!

秋空と紅葉と



九月最後の今日は青空が美しい一日でした。

つぎつぎに色付き始めた街路樹の下、坊ちゃんと午後の散歩、とても気持ちが良かったです。

Les Faux Bourgeois

 本日は遅れましてのお誕生日のお食事会ということで、我が友N美ちゃんと近所のフレンチレストランLes Faux Bourgeoisへお出かけしてきました。

本当は同じ通りに出来たもうひとつのレストランへChe Baba Cantinaへ行くつもりがなにかの撮影でお店がしまっていたので、Les Faux Bourgeoisの方へ。Che BabaはLes Faux Bourgeoisのオーナーがオープンした新しいお店なのです〜。

っということでLes Faux Bourgeois。

ここのお店、普通は予約無しだととても入れない混みようで、この日もすでにお店の外に列が出来てるし..っっとあせりましたが、ちょうどお店がオープンする時間だったらしく、ホステスのお姉さんにたずねると7時半までに出てくれるなら席があるとのこと。幸運にも予約無しで入ることができました。


N美ちゃんはこのレストラン初めてってことで、大層よろこんでいただけて嬉しい限りでした。そしてまずいただいたのはこちら、ニコシアのサラダLes Faux Bourgeois風〜。

ちなみにLes Faux Bourgeoisって私風に日本語訳すると『なんちゃってブルジョワ』(笑)でいただいたニコシアサラダSalad Niçoise は私が大好きなサラダのひとつで、名前をポチッとしていただくと英語だけどWikiの説明のページに飛ぶようになっているけれども、ツナ、もしくはシーチキン、アンチョビ等がのったサラダをビネグレットで食べるシンプルかつ宇宙的においしいサラダです。

『なんちゃってブルジョワ』のサラダはこのビネグレットの使い方が最高で、N美ちゃんも美味しさに感動してはりました。


で、彼女がメインに頼んだのはこちらラム。
おいしいおいしいと悶絶して楽しんでいらっしゃいました。

そんなにおいしいならと一口食べさせていただいたものの、わたしはラムはどうでもよい人なので、よくわかりませんでしたが(笑)ラム好きにはたまらん美味しさらしいそうです。

私的には...う〜ん、肉でした。w


で、そのわたくしがたのんだのがこちら、ムール貝のワイン蒸しです。
もちろんお約束のフレンチフライも付いてきます。

そしてこのムール貝の美味しいこと!!!


わたし、ムール貝が大好きです。ま、貝類が好きってことなんだけれども、メニューにムール貝を見かけるとよく注文する。

今年の5月ベルギーに行く時、『名物:ムール貝』の言葉にどれほど魅せられたか!!!

そして、実際に出てきたムール貝にどれほどがっかりしたことか!!! ブリュッセルの某有名レストランさん、器が大きければいいんぢゃ〜ないのよ。私が作った方が美味しいやん!っとホントつっこみどころ満載のベルギームール貝でした。

きっとわたしがいただいたムール貝が世紀の失敗作で本当はものすごく美味しいのかもしれないけれど、他の人がいただいているのを見ても器は立派だけど、おいしそうじゃなかったのよねぇ〜。しみじみ

ともあれ、今回Les Faux Bourgeoisでいただいたムール貝は今までのムール貝Top5に入るくらい美味でした。でも、以前にもこのレストランでムール貝食べているし、美味しいけど、こんなに感激して食べたことないので、きっとベルギーの想い出が余りにも辛すぎたからだと思う。(笑) でもぷっくりとマックスにふくれたムール貝、ホント感動級に美味しかったです。

N美ちゃんとお喋りに花をさかせつつ、ワインも堪能し、お互いのお皿をつつき、ムール貝の汁にパンを浸し、夜は更けていきますが、やっぱりフレンチ、オニオングラタンスープがちょっと欲しいです〜っと言うことになり、追加注文!


写真の奥にはN美ちゃんの綺麗に食べ尽くされたラムのお皿が見えます。

Les Faux Bourgeoisのフレンチオニオングラタンスープ。とあるから残念賞と言われたこともありますが、私は大好きです。タマネギの甘みが強く、ワインに合うんだなぁ〜。このスープだけで、グラス2杯くらい飲めそうな勢いです。w

一瞬ふたりでパリの下町のビストロにワープしたようなそんな夜でした。

N美ちゃん、お誕生日おめでとうでした。


次回は我が家で自宅飲みか!?



Les Faux Bourgeois 
663 E. 15th Avenue Vancouver
Bistro Hours: 5:30 - 12:00
Tuesday through Sunday
Call for Reservations– 604.873.9733