今晩のお晩酌



明日は遅番なので、今晩のお晩酌は、ズッキーニのソテー、ゴボウとベーコンの炒め物、コニャックパテ、ハニーデューメロン、プロシュート(コッポラ)♬ で、ペラーエステートの白をいただきました。

今回一番のヒットはごぼう。いつもはきんぴらや煮物など和のおかずになる食材を、大きくカットしてベーコンとガーリックと 塩こしょうで炒めたら歯ごたえも風味もおいしいおつまみになりました〜。お試しあれ!

玄関の花



先日大家さんが玄関に飾って下さった百合が満開になりました♬

小龍包@ Dynasty Chinese Restaurant



今日(1月24日)は仕事が終わって友だちと食事に行きました。 場所はリッチモンドのDinastyというお店。目指すは小龍包〜♬
こちらのお店、色々な点心があり、小龍包にも色々あり、私たちが今夜いただいたのはお昼の飲茶用の焼いた小龍包ではなく、ディナー用のメニューにあった蒸した小龍包です。この小龍包、写真じゃあ見にくいかなぁ?皮がものスゴく薄く、持ち上げると...。


このたっぷりのお汁、皮を透かして見ていただけるかしら。秀逸 大変美味しゅうございました。今までで一番のお気に入り小龍包かもぉ〜。一人で1かご食べれそう!! とか言って、許されるなら2かごくらい食べたい。って小さい文字で書いておこう。


こちらはお野菜の蒸し餃子っていった感じかしら。先々週だったか、自分でも餃子作りに精を出し、先週は韓国餃子作成の妙技に酔いしれたわたくしですけれども、ここのお店の蒸した野菜餃子のひだひだの美しさにはやられてしまいました。芸術でございます。 


他には左手奥がビーフンよりも更に細いとっても繊細な麺のビーフンみたいなの。とても優しいお味でした。
手前左手が海老が入ったお焦げスープだけど、ニノちゃんはついてきません。すみません嵐ネタです。 でも汁にしばらく浸ったお焦げのモチモチ感はとても美味♬

あと右側手前は緑色の野菜と豆腐を細かく切った多分前菜の一種。 これも美味しかった〜。

っと言う事で、食べ過ぎてポンポコリンで帰宅しました。

ここの小龍包は繊細な感じがとても気にいりました。 わたしが今までで食べた小龍包の中では一等賞かも! 

それでもわたしの究極の小龍包を求める旅はまだまだ続くのです。お薦めのお店があったら教えてね♬


Dynasty Chinese Restaurant
8111 Ackroyd Rd. Richmond
604-303-7772
No.3 に面した Starbucksの隣、赤いサインのお店です。




玄関の花

今日仕事から戻ると玄関のお花が新しくなっていました〜。今までのお花はピンクのバラだったのです。今度もは百合ともうひとつよく見かけるけど私が名前を知らない白い花とピンクのコロコロとした花のアレンジ♬

大家さん、どうもありがとう〜。\(^•^)/

Korean hot pot for the cold winter evening


また雪が舞いはじめました。最近のバンクーバーは連日マイナスの世界でホント寒い! 夕方N美嬢より電話が入り久しぶりに韓国鍋へと出かけることになりました。夕ご飯の準備もしていなかったし、なんてすてきなタイミングでしょ!

出かけた先は、またいつもの未だに名前が分からない、韓国料理のお店。韓国の食堂ってきっとこんな感じだと思うの。

そしてオーダーしたお料理は

 

カムジャタンです。

N美ちゃんと二人っきりでのお食事は久しぶりでした。みんなでワイワイも楽しいけれど、二人っきりでゆる〜〜〜く、のんびりって言うのも楽しいわよねぇ〜、なんて話しをしつつ、話題は本日ツイッターやFacebookにUpしたおバカ話に...。

余りにもおバカ過ぎて申し訳ないんだけどぉ、久しぶりに笑いが止まらない苦しみに涙目でヒーヒーした話しです。 本当かウソか加藤さんという看護士さんのブログより。 ちょっと話し長いです。かなり尾を引くので、少なくとも10分、いえ15分は時間が取れる時に読んで下さい。 興味がある方はここをココをクリック。



このおバカ話しの他にもまっとうなガールズトークにも花を咲かせ、あっという間にお鍋、空っぽです。ww

ここのお店はいつもいっぱいなのですが、お天気のせいか今日は埋まっていたのは他に③テーブル程度。店の奥では韓国餃子作りが進んでいます。

日本の餃子と似ている!でも、確実に違う!!気になって気になってしょうがなくて、間近で観察させていただきました。


まず具だけど、もやし、ニラ、豚肉、牛肉、タマゴ、キャベツ、タマゴ、そんなものがたくさん入っているらしい。で、皮は私も時々使う、こちらでよく市販されている餃子の皮。ちなみにアジア人口が高いバンクーバーでは普通のスーパーでも餃子の皮がよく売っています。

て作り方ですが、1枚の皮の半分くらいを、片側だけペロッとタマゴの白身につけ、そちらが内側になり、そこへ具を結構たくさんのせ、端っこから閉じて行きます。日本の餃子みたいにひだひだはつけません。接着している部分はほんの5ミリ程度!餃子の具は私の餃子の4倍くらい入っていました。

これを蒸したり、日本の焼き餃子風に焼いたり、スープに入れたりするんですって!

実は私も家で餃子を作って食べたばっかり。私の餃子は博多の一口餃子風〜。包み方がヘタクソだからか具をたくさん入れられないのです。汗 

次回作る時はこの韓国風餃子の包み方、真似したいなぁ〜っと思いました。


Facebook 万歳

去年夏か秋頃のニュースで日本でもFacebook の利用者数が500万人を超えたときいた。

Facebook はSNSソーシャルネットワークシステムの一つで、日本語版は2008年に公開されました。13歳以上であれば無料で参加でき、実名登録制。個人情報の登録も必要となっています。

私の場合、会社の同僚達との連絡によく使われるので、少なくとも私もここ5−6年くらいは使っているのではないでしょうか? 最初は職場の仲間達と広がったネットワークも、今では多くの友人/知人をはじめ、昔の同僚と再びつながりが持てたり、そこから更に古い仲間が見つかったりと楽しいものです。

この夏、バンクーバーの友だちがFacebookを通して、日本の学生時代の友だちと再びつながったという話しをしてくれた。

3月の地震は色々なメッセージを私に送ってくれたわけで、ふと思い立ち、私も古いクラスメート達の名前を記憶の糸をたぐって次から次へと検索してみた。幸運にも何名かのそれらしい人物のアカウントをみつけたので、お友達の申請とメッセージを送ってみた。

彼らはまさしく私がきっと彼らに違いないと思ったその人たちだった!あげぽよ〜

小学校でお転婆が過ぎて、ウン10キロ離れた他の街のきびし〜い女子校へ中学から入れられた私は、小学校時代のほとんどの同級生と小学校の卒業以来会っていない。中学校/高校時代手紙のやりとりをしていた友だちとも(その当時はメールなんてなかったのよぉ〜)高校を卒業しアメリカへ飛び出した頃、彼らもまた大学に入って別の街へ引っ越したりなんたりし、そうこうしているうちにただ一人の赤ちゃん時代からの友だちをのぞくみんなとの交流を失ってしまっていました。

今回Facebookでつながったみんなは正真正銘小学校の卒業式で交流がブチっっと途絶えていた人たち!w 仲が悪かったとかじゃなく、たまたま歩いて行く方向が違ったから音信不通になっていた感じね。

そして大人になった彼らは、子供の頃の私が好きだった彼らの様々な部分が拡張され、スゴ~く素敵大人になっていた!

このお正月、私が行った小学校とほとんどの子たちが進級した中学校の合併同窓会が開かれた。 私は休みの確保やスケジュールの調整をしていなかったから参加出来なかったけど、 Facebookには懐かしい顔が並ぶ楽しそうな写真が数多くUpされた。みんなJUDYのこと覚えていたよぉ〜。会いたがっていたよぉ〜っとのメッセージを読んだ時は泣きそうになった。

来年は是非参加したくって実はすでに休みを確保している。
Facebookがあってよかったぁ。
みんなと再び連絡がついてよかったぁ。

私のFacebook万歳なお話しでした。

おしまい。w







モーツアルト風とかベートーベン風とか


この方、Richard Graysonさん、聴衆からのリクエストを受けて、ディズニーの It's a small world をモーツアルト風に弾いて下さっているんだけど、素晴らしい!

他にも色々なコンビネーションがYouTubeにUpされています〜。

 

ああぁぁ、これも素敵だからUpしちゃおう。ベートーベン風のスターウォーズのダースベーダーのテーマ曲!

象のシャーリーの話し



YouTube で見つけた象のシャーリーのお話し。
シャーリーは52歳。地球上で最大の陸上動物、象の一種アジアゾウです。近縁種にあたるアフリカゾウよりも若干小さく、アフリカ象よりもおとなしいと子供の頃に読んだような気がする。ちなみにアジアゾウの耳は小さな丸い耳によって、確認することができ、アフリカゾウの耳は、アフリカ大陸の形に良く似ている。

シャーリーの耳がボロボロで、人間に虐められたか、他の動物にたべられちゃったんじゃないかと心配したけれども、そうではないらしい... と、信じたい。

アフリカ象は気性が荒く人と関わりが少ないけれど、アジアゾウは数千年前から家畜として重いものを運んだり、人を乗せたり、サーカスに出たり、きっと動物園で見かけるゾウさん達もアジアゾウなのでしょう。

シャーリーは子供の頃、北米へ連れてこられサーカスに出ていました。映像の途中で50年代頃のサーカスの映像がでているけれど、シャーリーもそういう生活をしていたのでしょう。

一度はシャーリーも乗船していたサーカス団の船がカナダのノバスコシアで沈んで危うく溺れ死にそうになりましたが、シャーリーはなんとか助かります。

サーカスでの過酷な月日が流れます。ところがそんなシャーリーも別の象と喧嘩して後ろの右足を(多分骨折)怪我してしまい、サーカスでの仕事を失ってしまいました。残酷だけれども、そういう動物は殺されてしまいます。シャーリーの場合は、そういう動物を救おうというチャリティーの計らいでルイジアナ動物園が引き取ってくれることになりました。

シャーリーは愛情あふれる飼育係ソロモンのお世話を受けてきたのだけれど、ルイジアナ動物園は小さな動物園でゾウの枠は一頭。つまり以来シャーリーはずっと一人ぽっちだったのです。

以来、20数年...。

シャーリーはおばあちゃんだす。そして、この度、ルイジアナ動物園を出ないといけないことになりました。この映像はそこからのドラマです。

きっと北米へ連れてこられた時やサーカスのことを思い出すのでしょう。いやがるシャーリーの足に鎖をつけ、トラックに乗せ、ソロモンの胸がつぶれそう。

でも、シャーリーはこれからテネシー州にあるゾウのサンクチュアリー(保護区)へ行くのです。

トラックによる14時間の不安な行程を走破して、ゾウの厩舎に入ります。

しばらくすると最初のゾウ、タラが帰って来ました。
20数年ぶりにみる別のゾウです!

そしてその夜、シャーリーはジェニーと再会しました。
ジェニーは25年前シャーリーがいたサーカスに連れてこられた子ゾウでした。シャーリーは母親がわりのような、お姉ちゃんのような存在だったのでしょう。

ゾウさんは忘れないんだって。
しっかりと寄り添い、支えあう2匹を見ていて、よかったぁ〜っと思うと同時にシャーリー、どんだけ淋しかっただろうっと思うと胸が痛かったぁ。

時間がある時にでもごらんくださいませ〜。


iPhoneからの初投稿

昨年夏、iPhoneを入手してからと言うもの、ツイッターでつぶやいたり、Facebookで新旧のリアルな友達と親交を深めているからか、インフォメーションの発信と言う部分が満たされているんだと思う。ブログの方、放置プレー でごめんなさい。
でもiPhone用のBloggerアプリを見つけたので、もうちょっと気楽に書いて行こうかなぁーっおっとおもいました。

とある夜の晩酌

 最近のバンクーバーは肌寒く、最近は冷えた白ワインよりも、焼酎のお湯割りがお気に入りのわたくし。 FacebookにUpしたところ、某イケメン公邸料理人さんからもイイネをいただいたとある日のおつまみセット。ww

一番左は東京へ行くたびに可能であれば買って来る『築地吉岡さん』の田舎風梅干し。最近はまろやか〜とか、料亭の味〜な梅干しが人気と聞くけれど、私は田舎のおばあちゃんが漬けたような酸っぱく塩っぱい梅干しが大好き!吉岡さんの田舎風梅干しが私のノスタルジーに一番近い気がする。

そして真ん中は大好きなK氏が漬けて下さった白菜のお漬け物! どうでもい飲会の忘年会で一緒に飲んだK氏は月一でランチを食べる花金ランチでもご一緒するお友達。「ジュディーさぁ、白菜のお漬け物好き?」っということでお話しを伺うと、なんとご自分で漬けられるとのこと! 白菜にも色々な種類があることウンヌン。自分用に漬けるんだけど、多くなるから半分を家族や友だちに分けてあげるんだよぉ〜っということで、話しを聞けば私が知っている方の中にもファンがチラホラいらっしゃるらしい。「今度ジュディーにも分けてあげるよ」と心優しいオファー♬ そして一月の花金ランチの時に持って来て下さったのが、こちらのお漬け物。鷹の爪と昆布が入っていて正真正銘の手作りで、味が絶妙!最高においしいです。K氏がおっしゃったように、1週間ほどすると酸味も加わり、それがまた美味しい! 感激でした。ありがとうございました〜♬

そして右端は私が作った牛肉とショウガとごぼうの佃煮。冷蔵庫で1週間くらい持ちます。それ以上残っていることがないので、そこはさだかではないけれど、素朴においしいです。 通常のレシピには生姜は風味付け程度にしか入っていませんが、私は生姜大好きだし、冬は特に毛細血管を開いて血行をよくして、体を温めてくれるので、大量に入っています。これに牛肉と醤油と諸々の味が絡んで素敵な箸休めとなります。

ちなみにこの日のお皿は日本へ帰ってしまった優子姐に分けていただいたブツ。この色と黒っぽいのと2皿あって、どちらもお料理が映えるので愛用させていただいています〜。

花金ランチ @ Guu Garden 我殿


1月6日金曜日、今年最初の花金ランチがGuu Gardenさんで開かれた。毎月説明しておりますが、花金ランチとは弁護士のH先生(日系社会で知らない方は居ないのではないでしょうか?)と商業不動産業をやっていらっしゃるY氏が幹事さんをしていらっしゃる会で、駐在員のみの集まりとか現地住居者だけの集まり...っというのではなく、色々な人の顔合わせを出来る場所を作ろうっという目的の会で、色々な方がいらっしゃる楽しい会です。

私の花金ランチ初参加のブログは *ここ* をクリック♬

昨年の夏まではアルバニーの上海ビストロさんで毎月開かれていたんだけれども、お店がなくなってしまったので最近は色々なお店で開かれています。今回はこちらGuu Gardenさんです。 たしか11月の花金ランチもGuu Gardenさんだったのですが、ドアを入った所から、サービスも良いしお料理も美味しいし大好きです。

っということで、今回のランチセットはこんな感じ!おいしかったぁ〜。

今回は今年最初の花金ランチということもあり、今年の抱負みたいなことを一言づつ発言しました〜。

私の今年の抱負は世界一周の旅にも出るし(と言ってもほんの2週間半ですが。ww)心の赴くままに人生を楽しむ!というもの。なんつーー抱負なんじゃ!と言われればそれまでですが、あはっ! でも今年は久しぶりに自分の望みや願望が全面に出て来たから、自分的にはすごく尊重してあげたいのですぅ。

あと言い忘れちゃったけど、今年も昨年に引き続き私もS社長同様『断捨離』続行中〜♬

断捨離とはこの言葉の登録商標を持っていらっしゃるやましたひでこさんによると、『だんしゃり 断・捨・離とは、自分とモノとの関係を問い直し、 暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。 不要・不適・不快なモノとの関係を、 文字通り、断ち・捨て・離れ 引き算の解決方法によって停滞を取り除き 住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、 新陳代謝を促す・・・ 住まいが、片づかないという悩みはもとより 身体の不調、煩わしい人間関係、忙しすぎる状況をも 解決していく方法』と言うことらしい。

で、マイ断捨離の一部として本箱を整理した際にもう必要ないと判断した通訳時代の勉強に使った建築関係の本をゴソっと本日の花金にいらっしゃるエコハウジング関連の会社のY社長へ「もしよろしかったら」ということでプレゼントした。 荷物になるから必要なかったらそれはそれでそのままBookoff さんへ持って行くつもりだったけど、買ったら結構高価だった本だから、どうせなら使って下さる知っている人にまわしてあげたいなぁ〜っと思ってお持ちしたのですが、喜んでいただけてとても嬉しかったです〜。

テーブルではそういった話しや、フライトのブッキング関連の話し、その他諸々楽しい時間を過ごさせていただきました。

帰り際、大好きなK氏に呼び止められ、素敵な贈り物をいただいちゃった。(気になる方は『とあるよるの晩酌』をお読みくださいませ。 くぼっち、ありがと〜〜♬

その後は弁護士H先生と数名でコーヒーを飲みに出かけた。先生、ごちそうさまでした〜。毎月楽しい会話の場をありがとうございます。来月も楽しみ〜♬ 




All Indian Sweets & Restaurant


1月5日、本日は仲の良い女子数名で、いつものAll You Can Eat(食べ放題)のベジタリアンインドカレーのお店へ出かけて来ました。
場所はバンクーバーのリトルインディア!インドの民族衣装サリーやガネイシャの置物とかヘナの染め粉を売っている雑貨店が並ぶ49thとメインストリートの辺りです。

さんざん通って、毎回写真を撮っているので、てっきりブログにもUpしていると思っていたんだけど、どうやらUpしたことがなかったもよう...。

バイキング式で5〜6種類のカレーがあって、この日の私のお皿はこういう感じ〜。


このナンはお店の奥でおばちゃんによる手焼きです。奥の仕切りがある部分のお皿の右端は私のお気に入りのカリフラワーとジャガイモのカレー♬

入れ替わり立ち代わり、おかわりに行きます。他にもサラダとか有るんだけど、その写真もてっきり以前お見せしたことがあると思って今回は省いちゃった。きっとツイッターでつぶやきまくって満足してたのでしょう、あたし。Orz...

今年はもうちょっとブログを書こうと思っていますの。なんだか毎年そんなこと言っている気がするんだけど、ホントホント! 頑張りたいとおもいます〜。


ちなみにここでお食事をする時の私の飲み物はチャイティーです。カルダモンがきいててすごく美味しいの。別料金ですが、こちらも飲み放題です〜。

写真の中の二つの小さなカップはデザートで、黄色い方がカスタードクリームのようなもので、手前がごはんのつぶつぶ(と言ってもでんぷん質が高い日本のごはんとは違う種類)が入った練乳のような味で、どちらもとろっとした液状です。

チップ等を入れてお値段は15ドル程度となります。 また、お肉系のカレーやその他のお料理が欲しい方は、アラカルトメニューも準備されています。いつもサービスもいいし、手軽にインド料理を楽しむにはお薦めのお店です。

All India Sweets & Restaurant
6507 Main Street (49th & Main)
Vancouver, B.C
Phone: 604-327-0891

明けましておめでとうございます♬


新年明けましておめでとうございます。
\(^•^)/

みなさん、楽しいホリデーをすごされましたか? 私の方はと言いますと、すでにご存知の方も大勢いらっしゃいますが、12月の中旬にやんごとなき理由で日本へ緊急旅行をやってしまい、その上、もともとクリスマスもお正月も仕事のスケジュールを組んでいたので、日本から帰って来てから忙しかったこと! まさに仕事の鬼でした。ww
 唯一、大切な忘年会に参加するために空けていた12月の30日以外、12日連続出勤! その上、大家さんがクリスマスのホリデーに行ってしまっていたので、坊ちゃんと厳し〜い母一人犬一匹な年末でした。

でも、日本楽しかったぁ〜。すごくスペシャルな旅行だったのです。このこともいずれ書きたいと思っているので、時々チラ見してねぇ〜。気がついたら何かアップロードされているかもぉ〜。ww なんだ、正月早々このゆるさは!

ともあれ、昨年は色々ありました。皆さんも色々と考えることの多い一年だったのではないでしょうか?

2011年を語るにおいて、3月11日という日を外すことは不可能なのですが、敢えて、その部分や、そこから派生した色々な私の経験やそれにまつわる私が思ったことはここでは書かずにおこうと思います。

怒濤のような日々にある程度の終止符が打たれて、自分の生活に立ち返った時、ダメージは大きくって、今もそこから元気になるためのリハビリの最中みたいな部分が大きいんだけど、少し成長した自分を見つけれたこと、嬉しく思ったり、感謝したりしています。

気になって去年のお正月に自分がどういった挨拶をしていたのか読み返してみたら....

今年はもうちょっと『慌てん坊&おっちょこちょいを払拭した自分を目指す』のが目標! 素敵なレディーになるのです。 

と、宣っておりました。(ほぉ、この漢字で「のたまって」って読むのね!)

2012年は! 
『魂が求めるままに楽しみたい!』

と思います。ってどんな新年の抱負なんだって突っ込みが入りそうですが、今年は小難しいことを考える気力がありません。スミマセン もう、自分の魂の声にのみお伺いを立てて、 

『楽しい夢をいっぱい叶える!』


っと言うことで、すでに色々な計画を実現するように行動を開始しました〜。今年は久しぶりにあっちこっちに旅行する一年になりそう。

あと、日々の生活も、毎日を大切に丁寧にすごしたいですねぇ〜! おいしい生活は私の毎日にちりばめられている〜。 そんなことを胸に、2012年のご挨拶とさせていただこうかな。

みなさんにとっても幸せいっぱいの一年となりますように!