とある夜の晩酌

 最近のバンクーバーは肌寒く、最近は冷えた白ワインよりも、焼酎のお湯割りがお気に入りのわたくし。 FacebookにUpしたところ、某イケメン公邸料理人さんからもイイネをいただいたとある日のおつまみセット。ww

一番左は東京へ行くたびに可能であれば買って来る『築地吉岡さん』の田舎風梅干し。最近はまろやか〜とか、料亭の味〜な梅干しが人気と聞くけれど、私は田舎のおばあちゃんが漬けたような酸っぱく塩っぱい梅干しが大好き!吉岡さんの田舎風梅干しが私のノスタルジーに一番近い気がする。

そして真ん中は大好きなK氏が漬けて下さった白菜のお漬け物! どうでもい飲会の忘年会で一緒に飲んだK氏は月一でランチを食べる花金ランチでもご一緒するお友達。「ジュディーさぁ、白菜のお漬け物好き?」っということでお話しを伺うと、なんとご自分で漬けられるとのこと! 白菜にも色々な種類があることウンヌン。自分用に漬けるんだけど、多くなるから半分を家族や友だちに分けてあげるんだよぉ〜っということで、話しを聞けば私が知っている方の中にもファンがチラホラいらっしゃるらしい。「今度ジュディーにも分けてあげるよ」と心優しいオファー♬ そして一月の花金ランチの時に持って来て下さったのが、こちらのお漬け物。鷹の爪と昆布が入っていて正真正銘の手作りで、味が絶妙!最高においしいです。K氏がおっしゃったように、1週間ほどすると酸味も加わり、それがまた美味しい! 感激でした。ありがとうございました〜♬

そして右端は私が作った牛肉とショウガとごぼうの佃煮。冷蔵庫で1週間くらい持ちます。それ以上残っていることがないので、そこはさだかではないけれど、素朴においしいです。 通常のレシピには生姜は風味付け程度にしか入っていませんが、私は生姜大好きだし、冬は特に毛細血管を開いて血行をよくして、体を温めてくれるので、大量に入っています。これに牛肉と醤油と諸々の味が絡んで素敵な箸休めとなります。

ちなみにこの日のお皿は日本へ帰ってしまった優子姐に分けていただいたブツ。この色と黒っぽいのと2皿あって、どちらもお料理が映えるので愛用させていただいています〜。