恵方巻き


子供の頃、福岡で育ったんだけど、はっきり言って『恵方巻き』なんて食べませんでした。 大人になっても聞いたことなくて、この言葉をはじめて耳にしたのって、ここ数年って感じかしら。去年か一昨年?

去年はあっけなく過ぎ去ってしまった。今年はちょっと心揺すられ、恵方巻きに沸き返る日本の知人たちのつぶやきをツイッターで見ながらちょっとリサーチをかけてみた。

恵方巻きの巻き寿司はどうやら太巻きを用いるみたい。
う〜ん。太巻きが嫌いな私。 特にタマゴとかんぴょうとピンクの甘いのがキライなので、それを除けるとほうれん草くらいしか残ってない悲しいお寿司になってしまうのです...。トホホ


すると利守酒蔵の利守さんより『恵方飲み』も忘れないようにとのメッセージ。 そうなんです。恵方飲みなんです。縁起の良い方角を向いてお酒をイッキさせていただく事だと解釈いたしております。日本酒だと太巻きよりもぐっとやる気が沸いて来るわたし♬


そうすると別の友だちより、太い巻き寿司だったらなんでもいいんだよぉ〜、子供の頃は自分たちで手巻き太巻きして食べてたよぉ〜との言葉。

そうなると恵方巻きもにわかに魅力的になってきました。実はその前の日に、みここ嬢とSushi Zero Oneさんへ行って、おいしいお寿司をたらふく食べる予定にしていたのです。わたしはその事を相当楽しみにしていて、メニューをうっとりと眺めてなにをいくつオーダーするか計画を練っていました。だってお腹にはリミットがあるからお腹がはち切れない程度にいっぱい食べたかったのです。ww

ところが、みここ嬢が急に体調を崩したため、その予定は流れてしまいました。

これはもしかしたら神様のサシガネ?? 二日連続で巻き寿司をたべないで良いようにみここの体調は崩れちゃったのでしょうか? 頭の中には大口をあけて、Sushi Zero Oneさん の創作巻き寿司の色々を満喫する私が見える〜。www ついでに細巻きも数本オーダーして、切らないでそのままいただいちゃおうかしらん♬ こういう事を考えている時ってホント楽しいねぇ〜。

すると東京の友だちから『恵方ロールケーキ』ってのもアリらしいよとの情報。ロールケーキ1本??? マジっすか?ちょっとデカくない??

っということで節分の日は色々な思惑を胸に過ごさせていただきました。

結果的には仕事を終えて帰宅する頃には力つきてしまい、ご近所の韓国系のスーパーで韓国版のり巻き、なんて呼ぶんだっけ?キンパブ!を買い、それでお茶を濁してしまった。w 

美味しい巻き寿司食べたかったけど、ダウンタウンまで出かけるのはエネルギーがいるのでつ。ww

そして利守さんとこのお酒を求めてリカーストア(政府公認酒店)に行ったけれども、これまた近所の小さなリカーストアで妥協してしまったから、酒一筋がなかったので日本酒はパス。故に恵方飲みは無し...。

ともあれキンパブを握りしめ韓国スーパーを出ると近くには中華系のベイカリーがあります。

大家さんはここのエッグタルトが好きなのです。日頃、坊ちゃんの相手をしてもらったり、ほぼ毎日午後のお散歩に連れて行っていただいたり、玄関にきれいなお花を飾っていただいているので、大家さんへお土産にタルトを買う事にしました。

家に帰ると私の帰宅を察知して喜こぶ坊ちゃんに促され、タイミング良く大家さんが表玄関のドアを開けて下さいました。ww 

タルトを渡すと大家さんはとても喜んで下さり嬉しい限りです。

そして私は、上の写真のキンパブと、ごぼうを炒めたのと、手羽先を塩と粗挽き胡椒とガーリックにつけ込んでおいたのを焼いたのいただき....、

そしてなぜかデザートにロールケーキどーーん!ww


いえ、恵方喰いはしませんでした。でも2センチ幅のを2つも食べちゃった。しばらくロールケーキ食べたくありません。ww