バンクーバーへクリスマスモレスキンがやって来た!

実はクリスマスモレスキンがバンクーバーへやって来たのは、私が世界旅行に出る前だから、すでに一ヶ月以上前の話しです。もう何人かの方にメッセージをかきこんでもらっていますが、とても特別な話しなので、随分と遅れちゃったけど、私の話しを聞いて?読んでみてくださいませ〜。


みなさんモレスキンMOLESKINEってご存知ですか? オフィシャルサイト内のモレスキンの歴史をひもといてみますと...

『伝説的ノートブックMoleskine®は2世紀の間、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイ及びブルース・チャトウィンなどの芸術家や思想家に愛されてきた伝説的ノートブックの相続人であり継承者』っとあります。

『丸い角を持つ黒のシンプルな長方形、ノートを束ねるゴムバンド、そして内側のマチ付きポケット: 無名だけれどもそれだけで完成された品は、小さなフランスの製本業者によって一世紀以上もの間作られ、世界中の革命的芸術家や作家が訪れて購入した、パリの文房具店に納品されていました。旅のお供にぴったりな大きさの頼れる存在。このノートブックは、有名な絵画や人気小説が世に出る前の貴重なスケッチ、走り書き、ストーリーやアイデアを記録してきたのです。』

ところが一大事が起きます!

ブルース・チャトウィン は著書「ソングライン」の中にこう書いています。

『1986年、フランスのトゥールにある、家族経営の小さな製造業者が倒産してしまった。"Le vrai moleskine n'est plus,"(本物のモレスキンはもう存在しない) 』 これは彼がいつもノートブックを購入していた、ランシエンヌ・コメディ通り , の文房具店の店主に残した言葉です。チャトウィンは、オーストラリア旅行に備え、手に入る全てのノートブックを購入しましたが、それでも十分ではありませんでした。

1997年、ミラノの小さな出版社が伝説のノートブックを甦らせました。
特別な伝統を継承するためにこの名前を選び、再販売をはじめ今に至っています。

ーオフィシャルサイトからのモレスキンの歴史からの内容引用ここまでー

ノートに文字を書き記したりスケッチしたりする行為はアナログですが、モレスキンというかモレスキンを愛する人たちのおもしろいところはそれらをインターネット等といったデジタルな世界で活動の場を拡大しているところでしょう。

詳細を書くと長〜くなってしまうので省かせていただくけれど、私とモレスキンの出会いもまさしく現代のモレスキンを象徴するような出会いだったと言えます。

デジタル/ネットを通してモレスキンの存在を知り、モレスキンファン『モレスキナリー』と呼びます(ルイヴィトンのファンをヴィトナーと呼んだり。シャネルファンをシャネラーと呼ぶのと同じノリね。笑)と仲良くしていただき、ネットを通して彼らとリアルに交流を持たせていただきつつ、ノートを通してアナログにデジタルに私は私の心の旅をしている...そんな感じです。w

私がとてもラッキーだったのは、私に最初にモレスキンの「おいしさ」を教えて下さったのがハードコアなモレスキナリーの方々だったこと。

モレスキン 人生を入れる61の使い方っていう本があるのですが、わたしにモレスキンの美味しさみたいな部分を教えてくださったのは、まさしくこの本を書いたりまとめたり、登場した人たちだったということです。

時は奇しくも、その本が出たばかりくらいの頃。

振り返ってみておもしろいなぁ〜っと思うのですが、そんな事があったら、その事を自慢げにワーワー言いたくなりそうだけど、その事を私が知ったのはまだまだ後の事。でも、彼らのノート文具好きなゆるくも熱いキャラはネットを通して、じんわりと私に伝わっていました。

その時、話題に出たことのひとつが『クリスマスモレスキン』です。

クリスマスモレスキンについての詳細は、私に最初にモレスキンのことを紹介してくださり、かつクリスマスモレスキンの言い出しっぺであり、世界で一番モレスキンを熱く語る男、モレスキンカウボーイのブログをご覧下さいまし〜。

一言で言うと〜、札幌発でモレスキンが、クリスマスシーズンの間各地に出かる、「旅をするモレスキン」に「クリスマスのこと」を書き留める。というアイディアでした。

当初ノートにはちょっとした秘密があって、多くの方がこのノートにクリスマスのことを書きつけていきました。実は最初のクリスマスはすでに訪れたのですがその勢いは衰える事を知らず、旅が始まったのが2年くらい前だというのに、未だに世界をグルグルまわり、3冊目に入り、そして今、ふふふ、バンクーバーに来ているのです。


じゃーん。
これがそう! 

一人でも多くの方に見ていただきたいなぁ〜。そして良かったら、皆さんのクリスマスの想い出を書いて/描いてみませんか? 興味がある方、連絡下さい。

玄関の花

最近、バタバタしておりましたが、たとえ私が写真を撮り忘れても、撮ったもののタイミングを逃してブログにアップしそこなったも、大家さんは絶妙なタイミングで私の玄関の花を変えて下さっております。 ということで、久しぶりに玄関の花。 大家さん、ありがとう〜♬

豚汁♬


とてもラッキーだなぁっと思うんだけど、私の体は実に正直で、勝手にバランスを取ってくれます。

2日連続でハンバーガーを食べたからだと思う。体ががっつり繊維質の多い野菜を所望しており、豚汁を作ろう作ろうと、言っておりました。

と言う事で、ごぼう多め、こんにゃくたっぷり、大根も人参も里芋もいっぱいの豚汁を作りました〜。

やげん堀さんの七味唐辛子をふりかけ、ほ〜んと美味しかった!

3杯も食べた事は内緒ね。w

YVR空港へお見送り♬


仕事の関係で友人がバンクーバーへ来ていました。

彼は以前バンクーバーに住んでおり、数年前惜しまれて惜しまれて、私たちが涙にくれる中、更なるステップアップ大切な仕事のため日本へ呼び戻されて行ってしまいました。

1週間ほど前、その彼から『今からバンクーバーへ行きます』の連絡に私たちぶっ飛びました。仕事、しかも想像を絶するスーパーハードプロジェクトと言うのは誰にでもすぐに想像出来ましたのでなかなか時間を取れませんでしたが、一晩だけ、みんなで集まって飲んだ。

そして今日はとうとう日本へ帰っちゃう日。

ランチタイムに空港へ行ってみる事にしました。約束もしていなかったし、会えるかどうかはわかりませんでしたが、職場が空港のすぐ横なのと、ちょうど搭乗手続きをするくらいの時間なので、会えるんじゃないかなぁ〜くらいの軽いノリで。テクテク

見られてはいないと思ったけど、ツイッターでつぶやいてみようとiPhoneを触っていると〜、目の前にYくんが居た!

その上、フライトが1時間半ほどの遅れ..とのこと。\(^•^)/

私の職場に電話をいれると昼休み延長可能!とのこと。無給だけど

ラッキー♬っということで、一緒にA&Wしました。



『さよならじゃないよね、また会えるから』クスクス

んでは、新宿であいましょ〜。

ポルトガルキャフェ



イーストバンの住宅街に在るポルトガルキャフェ。小さいキャフェで、スーパー的な役割も果たしている。 素朴な焼き菓子とポルトガルの軽食的なブツが美味しくのーんびりしてて、最近のわたしのお気に入りスポットです。

一番のお気に入りはCod Cakeタラの身が入った巨大親指くらいのコロッケみたいな感じの揚げ物です。

今度はお天気が良い日に坊ちゃんと一緒に本を持って出かけましょう。

ご近所の私設図書館



先日ご近所を歩いていてこんな光景を目にしました。何か分かりますか? 私設のご近所図書館(?)でした。手持ちの本と図書館の本を交換したり、借りたり。良心的なお値段で買うこともできるみたい。なんでも有りの図書館でした。


この図書館作った人、相当楽しかったと思う。この黒板のサインといい、棚のおもちゃといい、ゆるいです。w 言うまでもなく、私、かなり嬉しくなっちゃいました。w


散らかり具合もいいねぇ〜。 笑

CDがあったり、ちょっとした文房具が散らかってたり。
今度、本を寄付してみようかな♬

はじめての魚サン♬




嵐ファンだとわかると思うけど、普通の人で『魚サン(ギョサン)』と聞いてピンとくるヒトは凄いと思う。 注:さかなさんではナイ。

魚サン=漁業用サンダルです。 おほほほほ 

先日、嵐妹のなっちゃんからいただきました。もちろん私の魚サンは松潤仕様で、紫でございますの。

もったいなくて、まだ外では履けなくて、家の中ではいています。

なっちゃん、ありがとーございました。 \(^o^)/

BOSS会@Minam


6月12日、BOSS会の6月定例会がオープンして間もない、炙り寿司MIKU RESTAURANTの2号店、MINAMIで開かれました〜。

BOSS会でMIKUへ行った時のことはここを読んでね。オーナーの中村氏はBOSS会のメンバーでもあります。

私たちが通されたのは、Blue Ocean Room と名付けられた、圧巻、巨大な伊勢エビの絵がドラマチックな部屋で、ここを貸し切りにして使わせていただけるとの事。そしてこの部屋を使うのは私たちが最初のお客様と言う事、21日のグランドオープニングに向けて、まだまだ完全ではありませんがと言われて案内していただきましたが、生き生きとした伊勢エビにテンションが上がります。w

今回は私たちのためにすでにコースメニューが用意されていました。


まずは前菜。小鉢のセットです。
どの小鉢も工夫がされていて、
目でも楽しめ、これからのディナーの気分を盛り上げてくれます。


お刺身はかなり巨大な大鉢にドラマチックな盛りつけで登場しました。写真を撮るのに光がどーのこーのと言っていたのは私です。ごめんなさい で、こちらはひとりひとり用に取り分けて下さったお刺身です。 たかがお刺身、されどお刺身、このお刺身は絶品に美味しかったです。感動級でした。


こちらはステーキ。

 ここで、あれ?Minamiって、日本食レストランじゃないの?っと思った方。どーも、そうではないようです。キーワードは『グローバル』っということで、和食とかイタリアンとかフレンチっと言う風に国籍別で割られることなく、バンクーバーで暮らす私たちが美味しいと納得出来るものを食べさせて下さるお店..っというコンセプトのようです。

バンクーバーという街はとてもグローバル!そうよね、本格的ステーキの横で炙り寿司をつまんでいる人がいても、すごく自然! ポイントは中途半端はイケナイってことなんだけど、このステーキ、最高に美味しかった!


一緒に参加していたM子は(先に言っておいてあげなよぉ〜っと突っ込みを入れておきましたが)ドタンバになって、『スミマセンお肉食べれません』っとサーバーの方に頼んでステーキをサーモンステーキに変えてもらってました。これも大層美味しかったそうです。


そして、こちらがデザート。 

この日は近い日付で誕生日を迎えられるかたが2人いらっしゃるということでH氏がレストランへ頼んで特別にバースデーケーキを用意して下さってました。


そしてこのおいしいケーキを作って下さった実力はパティシエさんがこの方です〜。デザートの力を抜かないのもMikuと一緒。ケーキだけでも食べに来たいね!との声が出てたほどのお味でした。

あとひとつ、Minamiさんで特筆したいこと!それは壁画ではないでしょうか?私たちが使わせていただいたBlue Ocean Room の伊勢エビも素晴らしかったですが、お店の奥の方には鯉の絵が描かれていました。

これらの壁画は木村英輝さんという方の手によるものだそうです。中村氏がその作風&生き方に魅せられてわざわざバンクーバーまでお呼びして描いていただいたそうです。

たかが絵なれど、そのエネルギー、生き生きとした感じ、素晴らしいオーラがほとばしってます。木村英輝さんのホームページからは他にもたくさんの作品を見る事が出来ました。お時間が有る時にでも興味がある方はココをクリック。ご覧下さいませ〜。

ということで、素晴らしいレストランです。これからグランドオープニングを迎え、お客様との交流の中でどのようなお店に発展して行くのか!とても楽しみです。

Minami Restaurant
1118 Mainland Street
Vancouver, B.C. V6B 2T9
Telephone: 604.685.8080

東京2012春/みつ豆


6月9日(土曜日)

うふふ、小学校の同級生とそれこそ、小学校の卒業式以来はじめて会って、銀座で二人であんみつ食べました。

小学生の頃は相当なお転婆でしたが、その当時から手芸とかお料理が好きで、ソフトボールのお誘いも、バスケットボールのお誘いも断って、私が楽しんでいたのは『手芸部』(笑)彼女とは同じ手芸部でした〜。

チョコレートやケーキもおいしいし大好きだけれども日本のスイーツは最高ね。大変おいしゅうございました。

東京2012春/冷やし中華


日本に居る間に食べたいもの、色々とあるんだけれどもその中のひとつが『冷やし中華』でした。

これは東京の友だちの家の近くのごくごく普通の冷やし中華。和からしを入れていただきました。とっても美味しかった。

東京2012春/さくさくぱんだ


日本のお菓子は本当に秀逸だと思うのです。その中でも最近の一番のお気に入りはさくさくぱんだだと言っても過言ではないかもぉ〜。

東京で買ったこのファミリーパック。職場の同僚のカナダ人にもあげたんだけど、大層感動してはりました。ホントかわゆす〜。