夏休みの研究♬


これもちょっと古い話しなんだけれども、先日パッタイを作った時、もやしを買いに近所の韓国系のスーパーへ行きました。

普通のもやしは異常に量が多く、1袋に日本のもやしの袋10個分くらい入っていそうな重量級のもやししかなく、絶対に腐らせてしまいそうだったので、横にあった小さな袋の豆もやしを買ってみました。

半分を袋から出して洗いパッタイに使いましたが、残りの半分は忘れて袋に入ったままキッチンのカウンターに出しっぱなしにしていたのです。

パッタイを食べ、ニラとじを食べ、お皿洗いをして後片付けをしていて出しっ放しの豆もやしに気がつきました。

で、冷蔵庫に入れようと袋をみて『?』気のせいかもしれないけれど、豆が緑色になっているように見えたのです。袋の反対側の豆はそうでもなく、そうやって見比べると、上に面していて光が当っていた方の豆はうっすらと緑色なのです!!!

っということで気になったので、そのままキッチンのカウンターに放置しておくことにしました。

次の日、仕事から帰って来て豆もやし見てびっくりしたぁ〜!

豆がホント立派な緑になっていた。これはこのまま上手に地面に植えたら、え?もしかしたら大豆??えっ?ってことは枝豆♥なーんてことが2秒ほどの間に頭に浮かびましたが、すみません。私の夏休みの研究はここまで。

とてもそこまで探求する気力が沸いてこなかったので(笑)茹でてナムルにしてしまいました。


豆もやしの豆は緑になるとちょっぴり苦みが出るようです。でも色合いがきれいだったので、特に夏場はいい食材かもねっとおもいました。

お時間と場所と気力がある方、是非、私が挫折した夏休みの研究の続き、『豆もやしから作る枝豆の研究』やってみて下さいませ〜。