冷やし中華チャレンジ


これはこの6月東京で食べた冷やし中華の写真です。普通のおしゃれでもなんでもないラーメン屋さんで食べた冷やし中華なんだけど、からしの味と相成って本当に美味しかった。ということで、6月中旬バンクーバーへ戻ってきてからも私は随分と長い間冷やし中華を夢みていました。

 実は私は冷やし中華を食べた経験がほとんどナイ。

我が家は冷やしそうめんやざるそば、あと時々焼き肉屋さんへ行った折り韓国の冷麺を食べることはあっても家で冷やし中華を作ってもらって食べた記憶がほとんどないのです。

っということで、以来クックパッドを眺める日々が続いておりました。

クックパッドが大好きで、iPhoneにもアプリを入れております。そしてなんにもすることがないと、人々がお気に入りのゲームを始めるように、私はクックパッドを眺めるのです。w

バンクーバーで冷やし中華をつくるにあたっての一番の難関は『麺』でしょう。ふさわしい麺に巡り会わなかったので、長いこと二の足を踏んでおりました。

それでもついに、もう食べたくて食べたくてしょうがなくなり、ツイッターでつぶやいてみました。ツイッターの素晴らしい所は私のなにげないつぶやきに、とても有益な情報を教えて下さる人が時々現れることがある!ということがあり、これまでに私はツイッターを通して色々な方に助けていただいたでしょう。

っということで、今回も有益な情報が二つ!

ひとつは韓国製のインスタントラーメンの太麺バージョンがなんとなくそれ風になる!という情報と、もうひとつは調味料なんかと一緒に三玉くらい一緒に袋に入って売ってある焼きそば麺がなんとなくそれ風になるという情報でした。

もう、ガマン出来ないんです。でも、日本のスーパーまで買い出しに行きたくない...ということで、ご近所の韓国系スーパーへ出かけてきました。インスタントの太麺韓国ラーメンを一袋にぎりしめ、冷蔵庫セクションをみてみると、焼きそばの麺が売ってましたが、その横にこんなモンも見つけてしまいました。


ふむ...。悩むわたくし。でも写真もなんとなく冷やし中華風だし、冷やしラーメンと冷やし中華の違いが今ひとつ分かりませんが、焼きそば麺よりも良いような気がしてこれをゲット、さっそく今までのクックパッドで培った英知を振り絞り、なんちゃって冷やし中華作ってみました。


そして出来上がったのがこれがMy First 力の限り冷やし中華。チキンは蒸したのは嫌なのでガーリックと塩こしょうでロースト。アスパラガスはもともと今日食べる予定だったからのせたった。錦糸卵難しいですね。もっと細く切らないといけないんだろうけど、今回はこれで良いことにしちゃった。

タレはゴマだれだけどもっとコクが欲しくて、ピーナッツバターもちょっと入れた。お味はかなりおいしかった。でもこれが冷やし中華かというと、かなり違った...。Orz..

まず、麺がやっぱり違うし柔らかすぎた。あと嬉しくなっちゃって具をのせ過ぎたから、はい、ちょっと(かなり)冷やし中華じゃない別モンになっちゃった。

で、冷やし中華チャレンジは終ったつもりだったんだけど、翌日のランチタイム、今夜は何を食べようかしら〜?っと思っていると、またメラメラと冷やし中華チャレンジ精神がよみがえってきました。だってのこった材料が家に待っているんですもの。

っということで再チャレンジ。


で、今回はピリ辛肉みそとキムチの冷やし中華。今回気をつけたのはまず麺を茹で過ぎない!!! ということで、インストラクション通りきっちり三分茹でて、あとは前日のなんちゃって冷やし中華とは異なった味とするため、お酢の量をかなり押さえて、ちがったおもむきのタレとし、オクラとキュウリの間にあるのは、失敗してこわしちゃったけど温泉玉子など。

麺はね、あれほど気をつけたのに、やっぱり柔過ぎな気がします...。それゆえ、麺はあんまり美味しい気がしません。なので、いっそ麺は無しで、茹でたキャベツあたりで冷やし中華風サラダにしてしまうのもアリかなぁ〜っと思いました。

上の具といい、タレといい、色々のバリエーションを楽しめそうなので、代用の麺に目を光らせつつ、さらに極めてみたいレシピだなぁ〜っとおもいました。