2012年日本ツアー/清澄庭園ライトアップ


この時季の日本はクリスマスのイルミネーションがいっぱい! 友だちが東京のイルミネーションリストを送ってくれました。

こんな感じのリスト
http://matome.naver.jp/odai/2132145629884138801?page=2

銀座/有楽町方面でのお買い物のあと、『清澄庭園ライトアップ ~深川あかりつむぎ~』に行ってみました。

清澄庭園は一説には江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられ、その後1716年〜1736年、下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となり庭園のもとが作られたらしいです。

明治11(1878)年に岩崎彌太郎が買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所とし て造園を計画。明治13(1880)年に「深川親睦園」として開園しました。

彌太郎亡き後は弟の彌之助、息子の久彌により造園工事が進められ、隅田川の水を引いた大 泉水や築山を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成したそうです〜。

関東大震災や1945年3月の大空襲の時には避難所として多くの命を救ったとか。

今回のライトアップでは大泉水(中央の池ネ)の周りの園路に配した行灯の小さなあかりにそって庭園をまわるという仕掛け。柔らかな光景となって庭園内を包み込んでいきます。


園内、カップル多かったです。w で、光が柔らかすぎて(笑)写真はあまりとれませんでした。でも、カナダから到着してすぐの私にはとっても日本チックでよございました。w

寒い中、お付き合い下さいましたAちゃん、どうもありがとう♬