2012年日本ツアー/メロンパン

知ってる人は知っている。実は私、メロンパンが大好きです。

バンクーバーでもメロンパン、探せば売っているらしいのですが、私の行動半径ではなかなかお目にかからないので、普段は私が勝手に名前をつけている『韓国メロンパン』をいただいております。

でも日本ではどこにでもメロンパンがあります♡っということで、今回も滞在中に色々なメロンパンをいただきました。



これは北海道で食べたコンビニの普通のメロンパン。だけど買ったのは博多駅。28日の夜夜更かしをして同級生たちと遊び、翌29日は8時くらいの飛行機で嵐さんのコンサート参戦のため札幌入りというスケジュールでした。
荷物をまとめて博多駅から地下鉄に乗る時、コンビニに立ち寄ってこのメロンパンを買いました。リョーユーパンかな?
でも、機内では爆睡してしまい、札幌のホテルで食べたのです〜。普通においしかったです。



こちらは友だちの推薦で変わりメロンパンとして食べてみた『ホテル西洋銀座』のメロンパン。外側は...内側もだけど、ふわっとしていて優しい感じ。1番強く気付かされるのはメロンの香り。なんでもおフランス産のメロンピューレを入れた生地なので、自然なメロンの香りを楽しむ事が出来るとか。生地が柔らかいので作るのに技術がいるそうです。お上品なメロンパンでした。



日本に上陸して最初に食べたメロンパン。銀座のどこそこで買ったんだけどぉ、どこのメロンパンだったっけ?? 

そうだそうだ、これは軽井沢の浅野屋さんのメロンパン。
浅野屋の歴史は、まだパンの需要がそれほど多くなかった昭和8年(1933年)に、現在の千代田区麹町で洋酒、食料品、パンを販売する「浅野商店」として誕生したところから始まるってホームページにあるから老舗だよね。

メロンパンは中のパンがしっとりとしていておいしかったけど、外のクッキー生地も柔らかく薄め。まぁ、普通のメロンパン的に美味しゅうございました。

見た目がかわいいよね。



これは私がカナダに帰る朝にAちゃんが買って来てくれたJOHAN(ジョアン)のメロンパン。彼女の優しさが嬉しくっておいしかったなぁ〜。横の平べったいのはカリカリメロンパンですって! ザラメのザクザク感が好きでかなり気に入りました。

Aちゃんありがと。


で、これが私が東京に滞在している間に一番食べる回数が多いメロンパン。Aちゃんの家の近所のスーパーで売っているのです。
これを食べてると、日本に滞在している〜♬って気分になります。w


そして今回の日本滞在での一等賞のメロンパンがこちら。ぱちぱちぱち

えっと、私のメロンパンの定義として中にクリームとかが入っているのはイヤで、メロンパンはメロンパンらしくしていて欲しい派です。

このメロンパンとは合羽橋の道具街に行った時、たまたまお店の前を通りかかり出会いました。w


お店の前には鬱蒼と植木鉢が並べられ、店内では白髪まじりポニーテールのご年配の女性が電話でわたしが思うに明日のオーダーをとってワーワーやってりました。いかにも下町のパン屋って感じ。

このメロンパンは中に白餡入りって書いてあったので私的には邪道なメロンパンなんだけど、なんだか下町パン屋のお店の雰囲気にやられて挑戦してみる事に。

そしてこれがホントおいしかったの。もしかしたら白餡にやられたのかなぁ〜?今度日本へ行く時にもまた挑戦したいと思いました。

以上、2012年秋のメロンパンレポートでした。

2012年日本ツアー/日本で買ったもの②


去年の12月日本へ行った時、モレスキナリーなお友達に会った。そのなかの2人から生まれて初めてのマステ(マスキンテープ)をいただきました。

そしてこの夏会った別のモレスキナリーさん、彼女はデザイナーさんだけあって、モレスキン、とってもおっしゃれ〜でした。中でも注目はさりげないマスキンテープの使い方!これなら私も真似出来そう!ってことで、初めて自分でマスキンテープを買いました。札幌での事です。

そして、わたしのモレスキンもなんだかとっても私らしく楽しくなってきた。

ツイッターなんかで日頃やりとりしているモレスキナリーのお友達。週末に衝動買いしちゃったマステのことなどつぶやいていて裏山CC度が上昇〜。

普通のじゃない、ちょっと珍しい目のはどちらでゲット出来るかたずねたら、有楽町のLOFTを薦めてくれました〜。

と、いうわけでAちゃんと出かけてきました。

そしてお小遣いと相談の結果(笑)こんなの買ってみました〜。あちこちにぺたぺた貼るのが楽しくてしょうがない。ww 全くもってお子様メンタリティーです。

2012日本ツアー/日本で買ったもの①

これ、日本で買いました。ものすごーーーく欲しかったんです。

はめたままiPhoneが使える女子力の高い手袋

カナダだと、はめたままiPhoneを使える手袋が存在することを知っている人が少ない!それでもまぁ軍手みたいなのは有るんです。

でも女子力の高い可愛い手袋はまずiPhoneを使える使えないの話しの前にその数がものスゴーく少ないので、わたしが求めるはめたままiPhoneが使える女子力の高い手袋はカナダではほぼ無いのです。w

で、この手袋は日本に着いた翌日にAちゃんと銀座に出て速攻で買って、もう嬉しくて嬉しくて...木枯らしが吹く中でも手袋をはめたままiPhoneを触れて、さらに嬉しくて嬉しくて。東京でも大阪でも久留米でも福岡でも北海道でも大活躍だったのに...。

過去形ですよ、すでに。w

どうやら北海道で無くしたか忘れたか。
一応捜索願は出したので、見つかって欲しいなぁ〜っと思います。

2012年日本ツアー/銀座のクリスマス


12月6日、小学校時代の同級生たちと会うために新橋へ行く途中、夜の銀座をちょっとぶらぶらしました。
iPhoneからだと..なのか、私の腕なのか、なかなかライブの美しさをとらえることができなかったんだけど、シュールに美しかったです。

一番上のはMIKIMOTOの巨大クリスマスツリーの下に飾ってあったお人形。MIKIMOTOを入れたかったから良く見えないけれど、磨き上げられた土台となっている黒い石にツリーと人形が反射してとても美しかったです。


こちらはブルガリ。
建物に巻き付いた来年の干支のヘビ...を宝石っぽく再現したイルミネーションがホントにきれいでした。
細部のひとつひとつのライトの繊細さと全体の大胆な構図!何枚も写真を撮ったけど、難しいねぇ。w

で最後はカルチェ。
クリスマスらしい華やかな美しさでした。

それにしても...である。

日本...スゴいね。

カナダに帰ってくる前に空港でファッション雑誌を何冊か買ったんだけれども、どの雑誌も楽しみにしていた日本の女の子たちの可愛いファッションはちょっとしか載っていなくて...、って言うかぁ、そういう記事もあるんだけど、それを喰うくらいの勢いで、宝石/貴金属/高級ブランドの宣伝を兼ねた記事が多く、その横に『彼におねだり♥』とか『ピンクサファイアは”玉の輿石”といわれています』とか『クロスのピアスで毎日神聖な気持に』とか『幸せを呼ぶ乙女ジュエリー』とか書いてあり...。そりゃ日本女子の女子力高いはずよね、頑張ってるなぁ〜っとしみじみ思いました。