2012年日本ツアー/合羽橋道具街



今日は兼ねてからの望みだった合羽橋の道具街に行ってきました。

第1の目的は数年前...う〜ん、実際には5−7年くらい前につば屋さんで買った包丁を研ぎなおしていただく事。私の虐待に耐えかねて刃こぼれも起こして...なんとも可哀想な姿になっていたのでした。

余りの姿にお店の人からお咎めの言葉を浴びせられることを覚悟し、修理不可能と宣言される事に恐れおののいてお店に出向きましたが、大丈夫とのこと!流石、合羽橋で包丁専門店を謳っているだけあります。たのもしいわ〜

っと言う事で、ちょっと一安心したところで、道具街のお店を見ながらぶらぶらとお散歩しました。

器屋さんは楽しいですね。欲しいものがいっぱいです。


南部鉄の鉄瓶とかを売っているお店でこんなものも見つけました。これはきっと出店とかで使う、イカ煎餅を焼くための型だとお見受けしました。下の段にはたこ焼きを焼くための型も写っているの見えます? この写真のは小さそうだけれどもプロ仕様の大きいのまで色々な大きさのたこ焼き焼き機とか、回転焼きとかの型...あと、ワッフルとかホットサンド、鯛焼き〜っと、鉄の型を使って焼く食べ物の道具がいっぱい売っていました。



こちらは色々なサイズのクッキーカッターのようであり、きっと日本だから、小さいのでニンジンとか野菜も型抜いたりするのでしょうか?これだけの豊富なサイズ、なかなか見つかりませんよね。スゴいコレクションです。


そしてこちら!今回わたしが合羽橋で見た中で一番欲しいもの♡

タミさんのパン焼き器です!気になって帰宅してから調べてみた所、このパン焼き器は岩手県の及源鋳造株式会社という会社が作っているそうです。

江戸時代末期に創業の南部鉄の会社。伝統的な商品から、このタミさんのパン焼き器を始めとするコンテンポラリーな商品。そのどれもが魅力的でやられました。w

会社の歴史はここをクリック♬

今回は従業員スタンバイのエコノミークラスの旅なので、思いとどまりましたが、いつの日かひとつ欲しいです♬ ほしい〜〜