日本2013春/世界一のパン屋さんボンジュール



世の中たくさんのパン屋さんがあって、
おいしいパンもいっぱいあるけれど私の中で
世界1のパン屋さん
ここ福岡市大名にあるボンジュールです。

実は10年近く前に仕事で福岡へ行った時も探したような記憶があるんだけど、見つけきれず、再開発が進むこの福岡でてっきり閉店してしまったものと思っていました。

ところが昨夜Sちゃんと飲んだのがたまたまこの近くで、この近くに小さいけれども美味しいパン屋さんが有ったよねって話しになり、『え、ボンジュールのこと』っと久しぶりにお店の名前を聞いて、そうそうそんな名前だったとお店の名前を思い出しました。

Sちゃんによるとボンジュールはオーナーさんが体調を崩してお店を閉めていたけれど、また最近オープンしたとのこと。

それはおめでたいです。あのパンを食べたいです!っと、母校を後にした私はパン屋さんを目指しました。

通りを1本間違えて遠回りをしてしまいましたが開いてました♬


感動で胸が打ち震えます。
お店の方から許可をいただいて写真を撮らせていただきました。



奥の小さなキッチンでは数人の方が作業をしていて、焼きたてのパンが次から次へと並べられている最中です。



こちらが世界1のメロンパン。5個で400円!今からカナダへ帰ることとか置いておいて、5個いただきました。


そしてこちらミニカスタード。これも10個お買い上げ。 ここの山型の食パンで作ったサンドイッチが好きでした。あとチーズが入った堅いパンとか、マヨネーズ的なものが入った堅いパンも好きだったなぁ〜。涙 

私がレジへ行く時、ちょうどお店には他のお客様がいらっしゃいませんでした。レジの女性の方に、子供の頃よく食べていたこと、大好きなこと、今は遠くに住んでいるので随分久しぶりにいただく事などを話していて、レジの横に達筆な筆書きで書かれた手紙のようなものを見つけました。

オーナーの方、大病をなさって、しばらく閉めて、そして再び開けたけれど、体力的に限界ということで、2013年の5月31日をもって閉店なさるそうです。

びっくりして、『えっ、閉店なさるの?』っとレジの方に訊くと『はい、そうなんですよぉ』とのこと。色々な思いが湧き起こって言葉にするのが難しかったんだけれども、『オーナーの方に大好きでした。お疲れさまでしたとお伝え下さい』と彼女に託けました。

ホテルに帰って、懐かしい味のメロンパンとミニカスタードをいただいた。

甘く、懐かしく、昔のままの味でした。

この味をまた味わえて良かったと思いながら、オーナーの方の健康が理由でもう食べられないのかと思うとかなり切ない気持になりました。

お疲れさまでした。ありがとう。 
お体を大切に。
ご健康の回復を祈っています。