今年最初のカムジャタン





今夜はN美ちゃんと近所のおしゃれなキャンティーナへ行く予定で楽しみにしていました。

実はこのキャンティーナ、以前もN美ちゃんと行こうとしたことがあります。ところがその日は営業日だったにも関わらず、何かの撮影が行われてて実現しませんでした。

そして今回、うきうきとした気分で出かけ、公園の夕焼けを楽しみ...お店の前までいったんだけど、ナゼか閉まっていた。ガーン

N美ちゃんと私の解釈はこうです。

あのお店には座敷童(ざしきわらし)が居て、私たちに来て欲しくないんだ!
... 座敷童じゃないかもしれないけれども、お店に行っちゃいけないのです。たとえば、ジブリの世界のように、近くに在って、こんもりお山が見えるのに、そこの神社にたどり着けない...ような、ここに来ちゃダメだよ♬的なメッセージなのです。

ということで、私たちはちっともおしゃれじゃないけれど最高に美味しい近所の韓国料理のお店へ行って、カムジャタンをいただいてきました。

おしゃれにワインでうふ〜んじゃないけれど、コラーゲンいっぱいの熱々のお鍋をハフハフいって食べるの、カラダが必要としていたみたいで、身も心も満たされました〜♬